ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

直さなくちゃダメ?ピアノを弾く手の形

ピアノの練習について
スポンサーリンク

ピアノを習い始めたばかりのころに先生に言われることの一つが、「ピアノを弾くときの手の形を直しましょう」ではないでしょうか。

毎回のレッスンで細かく注意され、でもなかなかできなくて、だんだんとレッスンが辛くなり・・・

「これ、ホントにやらなくちゃいけないの?」と思うこともあるのではないでしょうか。

なぜ先生は口うるさく「手の形」のことを言うのか。そして、手の形は直さなくてはいけないのか。

ちょっと考えてみました。

私も言います!「手の形」

私も、片田舎の生徒数も少ない、小さな小さなピアノ教室の先生ですが、やっぱり言います「手の形」のこと。

それはなぜか。

それはやっぱり、ピアノを弾くにも基本のフォームがある、と考えているからです。

スポーツだと”フォーム”ということがとても重要視され、フォームを整えることは上達に欠かせないことですよね。

例えばバッティング。ただやみくもにバットを振り回すだけではなかなかボールを打つことができなかったのが、フォームを整えることで打てるようになる、とか。

そうなのではないですか?私、正直言ってスポーツはまるでしませんので、ちょっと自信がないのですが・・

ピアノはスポーツではないですが、やっぱり基本のフォームがあるのだと思うのです。

それを整えることで、上達は違ってくると考えています。

手の形を整えるのは何のため?

上に挙げた例「バッティング」の場合、フォームを整えるのは、まずは「ボールを打てるようになる」ため。

ボールを打てるようになったら、さらにいろいろと見なおして、遠くに飛ばすため、とか、思うところに打てるため、とかを追求していくのだと思います。

では、ピアノは何のためにフォームつまりは「手の形」を整えるのでしょう。

それは「楽に弾くため」、と私は思っています。

ピアノって指先を本当に細かく動かします。これは見れば明らかだと思います。

何も考えずただ弾いていると結構疲れるはず。というか、まず細かく動かすこと自体が難しかったりします。

「指がうまく動かないのは脳の老化のせい」なんて思うかもしれませんが、そうではありません。

確かに、脳からの指令で指は動いているわけで、脳が大きく関連しているのは事実ですが、そればっかりでは絶対にない!

手の形が整っていないと必要ないところに力が入って凝り固まり、そのせいで動かしづらくなるということは大いに考えられます。

楽に指を動かす。そのために手の形を整えることが大事になるんです。

そして、楽に動かせるようになれば「音色」を追求していくことももっと自由にできるようになります。

あんなやわらかい音を出すには・・あんな力強く深い音を出すには・・憧れの「音」に近づけるようになります。

「手の形」だけではなく

ここまで「手の形」とだけ言ってきましたが、本当は手だけの問題ではありませんよね。

直接的に音を出すのは「手」(指でもありますが)ですし、一番動かす部分でもありますので、「手の形」が焦点になりがちですが、本来はからだ全体を考えなければいけません。

椅子の高さ、座り方、頭の位置、肩、腕の位置、力の入れ具合・・などなどを総合的に見る必要があります。

身体全体との関係から手を見ていくということですね。(これってとっても難しいと考えていて、私もまだまだ勉強中です。)

つまりはやっぱり「フォーム」なんです。

フォーム;①動きの型。姿勢。(三省堂「大辞林」より)

「手の形」を直さないとどうなる?

先生からしつっこく言われる「手の形」。これをそのままにしておくとどうなるのでしょう。

私は2つの弊害があると思います。

  • 手や腕などがつかれる・痛くなる
  • 弾けない曲が出てくる

手や腕などがつかれる・痛くなる

1つは、手や腕などに疲れを感じたり痛みを感じたりすることです。

それは、そのまま放っておくと腱鞘炎などの故障につながり、下手をすると弾けなくなります。

腱鞘炎(けんしょうえん)は、腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)の炎症。症状として、患部の傷みと腫れがあり、患部の動かしづらさがみられる。腱自体の炎症である腱炎を合併することが多い。

原因

特定の原因は不明だが、指や手首など特定の関節を反復継続的に使うことによる前腕や手の腱鞘炎が多い。また、関節炎やけがなどから生じることもある。また、職業的にはコンピュータのキーボードを打つ弁理士などの職業や、ピアニスト、打楽器奏者などの演奏家、漫画家、作家などの筆記具を使う仕事などに従事する者の発症例が非常に多い病気である。

引用元:ウィキペディア「腱鞘炎」より

上の引用にもありますが、腱鞘炎がピアノを弾く人に多いというのはよく知られていることだと思います。

でも、ならない人もいるのは確かで、それはなぜかを考える必要がありますね。

手や腕が丈夫だから?そんな単純なことではないでしょう!

その1つは、手や腕を酷使しない「楽な弾き方」をしている人なのだと思います。

弾けない曲が出てくる

もう1つは「弾けない曲が出てくる」ということです。

ピアノを始めたばかりの頃はいいんです。メロディーやリズムはシンプルで、指くぐりなど複雑な動きもありません。

でも、だんだんと難しい曲を弾くようになってくると、手指が動かしにくくなってきます。楽譜に書いてあることに応えられなくなるんです。

無理をして弾こうとすると痛めることにつながり、結局は「弊害」の1つ目に挙げたことにつながります。

「手の形」を整えずにピアノを続けるということは、はじめから弾ける曲の上限を決めてしまっているということになります。

いろんな曲を弾きたいと思うのなら

「ピアノを弾きたい」と思う動機は人それぞれだと思います。

ある曲にすご~く感動して、自分でも弾いてみたい、と思う。ピアノ自体に興味があって弾けるようになったらステキだな、と思う。

本当に様々な思いがあってピアノを始めるのだと思います。

そんな中、ピアノを弾こうと思う人の気持ちは大きく分けると次の2つかな、と思います。

  • 大好きな曲1曲を弾けるようになれば満足
  • いろんな曲を弾いてみたい

もし自分の気持ちが2つ目に近いのなら、やっぱり頑張って手の形を整えていった方がいいと思います。

上にも書いたように、手の形に無頓着でピアノを続けることは、自分で弾ける曲の上限を決めてしまうこと、だと思うので。

簡単ではないし、地道な訓練が必要だし、おもしろくも何ともないことかもしれませんが、これが「基礎練」だと思って(事実そうですし)頑張って続けてほしいと思います。

実は「手の形のことをやるのが辛い・・」こんな告白を受けまして・・私なりになぜ必要かを考えて、このようにまとめてみました。

考え方の一助になれば、と思います。

こちら⇩の記事もどうぞ。

【ピアノの弾き方】指がスムーズに動かない?手の形と基本の動かし方を解説
ピアノを弾くときの手の形と基本的な指の動かし方についてまとめました。あくまでも基本。複雑に動かすときはまた別に注意する部分があります。でも基本は大事。忘れないでおきたいものです。

コメント