ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内
ピアノの練習について

ピアノを弾く音が小さい、弱々しい・・どうすればいい?鍛えなければダメ?

ピアノを弾くときどうしても小さく弱々しい音になってしまう。どうすればはっきりした音が出せるのかを考えてみました。それには腕をしっかり使うことが大事です。でも腕の筋肉を鍛える必要はありません。ピアノは指だけで弾くものじゃないということを改めて認識しました。
ピアノの練習について

ピアノの指くぐりはくぐらせてはダメ!?楽~に弾くために大事なこと

広い音域を弾くために必要な「指くぐり」についてまとめました。手に負担を書けない弾き方は「くぐらせない」こと。親指に意識が向きがちだけれど大事なのは小指側です。参考文献からも引用しながら書いています。参考になれば・・
ピアノの練習について

ピアノでオクターブが弾けない!手の形、開き方、動かし方を解説

ピアノでのオクターブの弾き方をまとめました。1音ずつの移動やオクターブ2音の和音の弾き方についてです。最も重要なのは手のひらき方だと思います。詳しく書いてみましたので参考になればと思います。
おすすめ楽譜

【ピアノ楽譜紹介】バイエルの次はこれ!『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』

バイエル終了程度からブルグミュラー終了程度までの曲集です。全57曲で4期の曲がほぼまんべんなく収録されていて、長く使えるのではないかと思います。レッスンも発表会もこれ1冊でいいのではと思っています。
おすすめ楽譜

【ピアノ楽譜比較】併用曲集3冊を比べてみた 曲目は?見やすいのはどれ?

バイエル終了程度の難易度のピアノ併用曲集3冊を比較しました。収録曲や曲の傾向、楽譜の見やすさなどを比べました。曲目が重なっているものもありますがそれぞれ違った特長があります。参考にしていただければと思います。
ピアノの練習について

ピアノを弾くときに小指が立つ!立たないようにする練習法

ピアノを弾くときに小指が立ってしまう場合があります。これは余分な力を使っていることになるので立たない方がいいですが、どのようにすればいいのか原因と対策を考えてみました。練習にはハノンなどを使うのがおすすめです。
2018.09.29
ピアノの練習について

「ピアノの練習嫌い!」はなぜ?理由をあれこれ考えてみた

「なぜピアノの練習をしないのか」ということを考えてみました。そこから効果的な自宅練習の方法が見えてくるかもしれません。練習も含めて「ピアノを弾くことが好き」になってほしい。でもそれはなかなか難しいことなのかもしれないと思いました。
おすすめワーク

音符を読めるようになるためのおすすめワーク『譜読みチャレンジ』

音符を読むことに特化した内容のおすすめのワークです。ランダムに並んだ音符を読むだけではなくよく知られた曲の楽譜を読む課題もあり、それがおすすめポイントです。子どもっぽいイラスト等はなくおとなの方にもぜひおすすめします。
2018.10.18
ピアノの練習について

楽譜をスラスラと読めるようになるための練習法まとめ

音符をスムーズに読めるようになるための練習法を簡潔にまとめました。ワークなどを使わず音域の狭い楽譜(導入期教材など)をいろいろな方法で繰り返し読むことだと思います。そして数えなくてもわかる音を増やすことですね。
おすすめ楽譜

『トンプソンはじめてのピアノ教本』トンプソンの小さな子向け導入教材

『トンプソン現代ピアノ教本』の小さい子向け『はじめてのピアノ教本』を紹介します。ワークを同時に進められるのが大きな特長です。第1巻は特に音符を読んで書くことを繰り返しスムーズに読めるようになることを目指した教本です。
レッスンのこだわり

ピアノ発表会の選曲 選択肢を増やして自分で決める

ピアノ発表会の選曲をどのようにしているかをまとめました。演奏する本人が決めることを大事にしていますが、本人希望の曲があっても私もお勧めの曲を紹介するようにしています。いろいろな選択肢の中から決められるようにしたいですね。
おすすめ楽譜

【ピアノ導入教材】世界的人気の『ピアノ・アドヴェンチャー』日本語版ついに登場!

アメリカ発の世界的なピアノ導入教材『ピアノアドヴェンチャー』がついに日本語版出版となりました。4歳~対象という丁寧で楽しいテキストです。小さな子にもイメージしやすい言葉が使われるなどこだわりがいっぱいです。楽しみながら自然にピアノに親しめる内容になっています。