ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

【ピアノ楽譜紹介】4期のピアノ曲を1冊にまとめた曲集6冊のご紹介

おすすめ楽譜
スポンサーリンク

今のピアノのレッスンは、早いうちから4期それぞれの時代の曲を学ぶ、という形が多くなってきているようですね。

私も、それって大事!と思っていて、レッスンで使おうと4期の曲が1冊にまとめられている曲集をいろいろと探したことがあります。

今回は、その曲集たちをご紹介します。

参考にしていただければと思います。

「4期」って何?

ヨーロッパを中心に発展してきた音楽を主にクラシック音楽と言いますが、これには当然長~い長~い歴史があります。

ピアノ曲では、その歴史を大きく「4期」で時代区分をするのが一般的ですね。

何をもって4期とするのか、とか、明確な年代などはいろいろな考え方があり、はっきり決められているわけではありませんが、おおむね以下の様に分けられます。(参考文献:『はじめての音楽史』音楽之友社)

  • バロック・・・16世紀末~18世紀中ごろ
  • 古典派・・・18世紀中ごろ~19世紀初め
  • ロマン派・・・19世紀初め~20世紀初め
  • 近・現代・・・20世紀以降

 

1500年代~現代までの500年以上の幅があるわけで、時代によってずいぶん曲調に違いがあります。

ピアノのレッスンでも、ただ楽譜をなぞって弾くだけではなく、それぞれの時代の特徴を理解して演奏することが大切だ、という考え方になってきているということですね。

 

スポンサーリンク

 

難易度ごとのシリーズ曲集

それでは、「4期」が1冊にまとめられている曲集をご紹介します。

まずは、難易度順にシリーズ化されているものから。

『4期のピアノ名曲集』①~④

こちらはGakken(株式会社学研プラス)から出版されているシリーズで、全部で4冊に分かれています。

難易度は以下の通り(数字は収録曲数です)。

  • ①・・・バイエル程度(54曲)
  • ②・・・ブルグミュラー前半程度(42曲)
  • ③・・・ブルグミュラー後半程度(27曲)
  • ④・・・ソナチネ程度(20曲)

 

この曲集の特徴は?

この曲集の特徴は、

  • 全曲収録のCD付き
  • 音楽の歴史についての解説ページ付き
  • 日本人の作品も

 

の3つでしょうか。

4冊ともにCDがついています。その分お値段がちょっと高め?の税込み2052円ですね。

CDは、この曲集のために録音したものとのことです。

それから、1曲目に入る前に解説ページがあります。

内容は・・

  • 時代を知ろう!・・・4つの時代の特徴についてそれぞれ1ページずつに記載
  • 様々な鍵盤楽器・・・現代のピアノに至るまでの楽器の紹介
  • バロック作品について・・・バロック時代の曲についての演奏法の解説やバロック・ダンス(メヌエットやガヴォットなど)の紹介
  • 作曲家年表・・・ヨーロッパ地図も

 

これらにはすべてフリガナがつけられています。

そして、4巻ともに日本人による曲が収められています。③と④は1曲、①と②は3曲、と曲数はそれほど多くはないですが。

こちら⇩の出版社のページで全収録曲が確認でき、一部試聴もできます。

参考学研おんがく.net『4期のピアノ名曲集(全4巻)』紹介ページ

 

掲載曲の作曲家は?

私が持っている2巻のみ、まとめてみます。

  • バロック(9人)
    • コレルリ(1曲)
    • テレマン(2曲)
    • 伝J.S.バッハ(4曲)
    • J.S.バッハ(1曲)
    • ペッツォールト(2曲)
    • ヘンデル(3曲)
    • W.F.バッハ(1曲)
    • C.P.E.バッハ(2曲)
    • キルンベルガー(1曲)
  • 古典(5人)
    • ハイドン(2曲)
    • W.A.モーツァルト(2曲)
    • ベートーベン(2曲)
    • フンメル(1曲)
    • ディアベリ(2曲)
  • ロマン(7人)
    • シューマン(1曲)
    • エステン(1曲)
    • エルメンライヒ(1曲)
    • ケーラー(2曲)
    • グルリット(1曲)
    • ニュルンベルク(1曲)
    • ストリーボック(1曲)
  • 近・現代(8人)
    • グリーグ(1曲)
    • バルトーク(1曲)
    • アブシル(1曲)
    • ハチャトゥリアン(1曲)
    • ショスタコーヴィチ(1曲)
    • ギロック(1曲)
    • 平吉毅州(2曲)
    • 岩間稔(1曲)

全部で29人ですね

 

こちら⇩は、私が持っている②です。

『バスティン ピアノ名曲集』第1巻~第5巻

こちらは、アメリカ発のピアノメソード「バスティン」の併用曲集です。英語版には第6巻もあるようです。

副題に「バロック・クラシック・ロマン・近現代が学べる」とあり、4期それぞれの曲が収録されています。(古典がクラシックとなっています)

アメリカ発のものだからか、明確な難易度表示(バイエル前半とか、ブルグミュラー程度など)はありませんが、収録曲からみて、第1巻でバイエル後半くらいかと思います。

出版社の紹介ページには、

「ベーシックス・ピアノ3,ピアノ4、中級レパートリーを修了してから・・」

とあります。

なお、第3巻、4巻は「中級以上」、第5巻は「上級以上」、と書かれています。

参考バスティン『ピアノ名曲集第1巻』紹介ページ

また、ピティナ楽譜紹介コーナーにもこの曲集が取り上げられていますが、そちらには

「ツェルニー100番練習曲、ブルグミュラー25の練習曲と同程度、バッハインベンションに入る前あたりが目安」

とあります。

参考PTNA楽譜紹介コーナー『バスティンピアノ名曲集第1巻』紹介ページ

なお、出版社のページから収録曲の確認や試聴ができます。

また、ピティナの「楽譜紹介コーナー」でも一部試聴ができます。(リンク先は第1巻ですが楽譜紹介コーナーの別ページに5巻まであります)

この曲集の特徴は?

こちらの曲集の特徴は、次の3点でしょうか。

  • 曲数は少なめ、その分?安い
  • 作曲家も少なめ
  • バイエル後半程度から上級曲まで

 

1冊の曲数はそれほど多くないと思います。その分お値段安めかな‥

  • 第1巻・・・18曲(756円)
  • 第2巻・・・17曲(756円)
  • 第3巻・・・29曲(1080円)
  • 第4巻・・・36曲(1836円)
  • 第5巻・・・14曲(1728円)

掲載曲の作曲家は?

曲数が少ないことと関係するのか、載っている作曲家が少なめのように思います。

詳しくは、出版社のページで確認をしていただければと思いますが、私が持っている第1巻は以下のようになっています。

  • バロック
    • J.S.バッハ(伝)・・・4曲
  • 古典
    • モーツァルト・・・1曲
    • ベートーベン・・・2曲
  • ロマン
    • シューマン・・・3曲
    • スピンドラー・・・1曲
  • 近現代
    • バルトーク・・・2曲
    • カバレフスキー・・・4曲
    • ショスタコーヴィチ・・・1曲

 

作曲家としては8人のみ。バロックはバッハ(伝)の曲しかありません。

曲順も年代順にはなっていません。作曲家ごとに集められていて、難易度順でもなさそうです。

上級者向けまでがシリーズ化されている、というのは他にはあまりないのではないかと思います。

曲数少なめお値段安めですし、今現在の状況に合わせて購入するという使い方はできますね。

 

⇩私が持っている第1巻です。

 

スポンサーリンク

 

『ピティナ・ピアノステップ曲集』1~15

こちらは、タイトル通り、ピティナが行っている公開型ステージ発表会「ピティナ・ピアノステップ」に準じた曲集です。全音楽譜出版社からの出版です。

難易度によって分けられた「23ステップ」に対応していて、曲集としては「1」から「15」まであります。

例えば、私の持っている「7」は、23ステップのうちの「基礎④→応用①」に対応しているということになりますね。

「ステップ」は課題曲と自由曲を演奏することになっていますが、この曲集は自由曲集という位置づけであると「はじめに」に書かれています。

ピティナは「4期」の考えでこの「ステップ」もピティナ主催のコンクール「コンペティション」も運営されています。

なので、曲集のタイトルにはどこにも「4期」と書かれていませんが、当然4期の曲が含まれています。

初版が2000年。このタイプの曲集としては古くからあるものだと思います。

曲目などの詳しいことは、出版社の楽譜紹介ページ⇩からどうぞ。

参考全音オンラインショップ『ピティナ・ピアノステップ曲集』紹介ページ

この曲集の特徴は?

この曲集の特徴は次の様なことかと思います。

  • ピティナ・ピアノステップの難易度に準じている
  • 導入期から中級者向けまでの全15巻
  • ジャズやポピュラー、オーケストラ曲まで
  • 曲数は少なめ(お値段安め)

 

まずは、上にも書いたようにピティナ・ピアノステップの難易度に準じているということです。

「バイエル程度」とか「ブルグミュラー程度」といったことに関しては、出版社の楽譜紹介ページに一部書かれています。

それを見ると、私が持っている「7」は

「バイエル80番からブルグミュラー25番半ば程度」

とありますね。

全15冊になりますが、最後の「15」は「23ステップ」でいうと「応用7~発展2」とあり、23のうちの15~17の難易度ということになります。

難易度の基準は難しいですが、”上級に入ったくらい”と言えるのではないでしょうか。

ちなみに、出版社の楽譜紹介ページには「導入から中級までのピアノ曲集シリーズ」と説明されています。

収録曲の幅は広いです。いわゆるクラシック音楽と言われるものばかりではなく、ジャズっぽい曲やポピュラー曲も含まれます。オーケストラ曲のアレンジもあります。

例えば、私の持っている「7」には、次のような曲が入っています。

  • キャサリン・ロリン「ブルース列車」
  • 中山晋平「砂山」
  • ジョー・ギャルラン「イン・ザ・ムード」
  • J.シュトラウス(2世)「美しき青きドナウ」

 

など・・。バラエティーに富んでますよね。

曲数はどれも少なめです。ちなみに「7」は22曲(はじめのウォーミングアップを含まず)。

その分値段も安めかな。15冊どれも本体価格で1000円か1200円のどちらかです。

収録曲の作曲家は?

こちらの曲集ポピュラー曲なども含まれていますし、時代ごとに分けられていませんので難しいのですが、「7」に関してのみまとめてみます。

  • バロック(2人)
    • J.J.レム
    • J.S.バッハ(ペツォルト)
  • 古典(4人)
    • F.J.ハイドン
    • J.プレイエル
    • L.van ベートーヴェン
    • ミハウ・クレオファス・オギンスキ
  • ロマン(9人)
    • F.ショパン
    • C.L.H.ケーラー
    • F.シューベルト
    • T.エステン
    • P.I.チャイコフスキー
    • J.シュトラウス(2世)
    • F.リスト
    • メトカーフ
    • バイエル
  • 近・現代(5人)
    • キャサリン・ロリン
    • 中山晋平
    • ジョー・ギャルラン
    • バルトーク・べーラ
    • 保坂千里
  • 不明(1人)
    • リュバルスキー

全部で21人ですね。

曲数が22曲なので、シューベルトの曲が2曲ある以外はすべて1曲ずつです。

曲順は時代ごとにはなっていません。バラバラです。

 

⇩私が持っている「7」です。

4期を収録した曲集

次にご紹介するのは、上に挙げたような難易度ごとのシリーズになっていないものです。

『やさしい4期の名曲集』1,2

こちらは全音楽譜出版社から出版されている曲集です。全2巻ですね。

初版が2000年ということで、上に挙げた『ピティナ・ピアノステップ曲集』と並んで早くからあるものだということですね。

難易度についての明確な表示はありません。

ですが、曲集の「はじめに」のところに以下のようにあります。

理想的なピアノのレッスンとは、導入メソードの最初の段階が終わった時点で、(メソードによって異なりますが、’中央ハ音展開’メソードで読譜の範囲が中央ハ音を中心に上下とも1オクターヴ半ぐらいに広がったら)すぐにバロック、古典、ロマン、近・現代の曲をかわるがわる弾いていくレッスンです。

引用:『やさしい4期の名曲集』「はじめに」より

これを読むと大体の目安が分かりますね。

私が持っているのは①ですが、ざっと見たところバイエル後半以降かなと思います。

全収録曲など詳しいことは、出版社のページをどうぞ。

参考全音オンラインショップ『やさしい4期の名曲集』紹介ページ

この曲集の特徴は?

この曲集の特徴は以下の様なことかと思います。

  • 曲数が多い
  • いわゆる名曲ぞろい
  • 楽譜が見やすい

 

曲数はとても多いです。なので、1冊のボリュームが大きくお値段高めですね。

  • ①・・・67曲(作曲家33人)税込み2160円
  • ②・・・45曲(作曲家22人)税込み2484円

①についていうと、8小節程度の短い曲も多くあり、これが曲数の多い理由かもしれません。中には4ページにわたる曲もありますが。

曲順は年代順になっていて、作曲家ごとにまとめられています。

2つ目に「いわゆる名曲ぞろい」と書きましたが、子どもたちも知っているような有名曲(レッスンや発表会での定番曲のようなもの)は入っていないということです。

各時代の作曲家による作品のみ。クラシック曲をきっちりと学べそうですが、子ども好みではないかも‥というのが私の印象です。

クラシック曲の好きな大人の方にはぴったりかもしれません。

音符は大きくて楽譜が見やすいです。1ページの段数は一部5段がありますが、基本的には4段。曲の長さの関係で3段のものもあります。(②はどうなっているのか分かりません)

収録曲の作曲家は?

私が持っている①の作曲家についてまとめます。

  • バロック(9人)
    • テレマン(3曲)
    • クリーガー(2曲)
    • クラーク(1曲)
    • パーセル(1曲)
    • ブロウ(1曲)
    • ハッセ(1曲)
    • ヒラー(1曲)
    • フィッシャー(1曲)
    • J.S.バッハ(1曲)
  • 古典(11人)
    • テュルク(6曲)
    • ヴィットハウアー(1曲)
    • W.A.モーツァルト(2曲)
    • へスラー(1曲)
    • J.Ch.バッハ(1曲)
    • ヴァンハル(1曲)
    • ウィルトン(1曲)
    • ベートーベン(2曲)
    • ディアベッリ(1曲)
    • クーラウ(2曲)
    • チマローザ(1曲)
  • ロマン(6人)
    • シューマン(5曲)
    • グルリット(1曲)
    • グリンカ(1曲)
    • ウェーバー(1曲)
    • シューベルト(1曲)
    • チャイコフスキー(7曲)
  • 近・現代(7人)
    • カバレフスキー(7曲)
    • サティ(2曲)
    • バルトーク(5曲)
    • ハチャトゥリャン(2曲)
    • デオ=ジョイオ(1曲)
    • プロコフィエフ(2曲)
    • ショスタコーヴィチ(1曲)

全部で33人ですね。

 

私が持っている①です。⇩

 

スポンサーリンク

 

『ちいさなリサイタル』1,2

こちらは、ヤマハミュージックメディアから出版されている曲集です。

副題が「ピアノのための4期のレパートリーによる」となっていて、4期それぞれの時代の曲が収められています。

難易度については、出版社の楽譜紹介ページを見ると、

1巻に「初中級」、2巻には「初級/中級」

とあります。

違いがよく分かりませんが、私が持っている1巻の楽譜を見る限り少なくともバイエル後半以降かと思います。

出版社の楽譜紹介ページから、各巻の全収録曲を見ることができます。

参考ヤマハミュージックメディア『ちいさなリサイタル』紹介ページ

この曲集の特徴は

この曲集の特徴は次の様なことです。

  • 4期でひとまとまり
  • 難易度広め

 

1つ目は、曲順が4期4曲でひとまとまりになっている、ということです。

つまり、バロック1曲、古典1曲、ロマン1曲、近・現代1曲の計4曲をひとまとまりとして、曲順はこのまとまりで並んでいるということです。

他にはない形ですね。

まえがきには以下のようにあります。

この楽譜はバロック、古典、ロマン、近・現代から1曲ずつまとめた構成になっています。時代の異なるこれらの曲ですが、連続して弾くと一連の流れを感じることができるような組み合わせで選びました。演奏者にとってもイメージを膨らまさせながら波に乗って弾き終えることができると思います。1曲ずつ練習曲を完結していくのとは全く違った感じが味わえると思うので、仕上げの段階ではぜひ4曲続けて弾いてみてください。

引用:『ちいさなリサイタル』「ピアノが好きな人のために」より

そうした形で、1巻44曲、2巻40曲収められています。

2つ目に「難易度広め」と書きました。

上にも記したように、どちらも難易度は「初級」「中級」という表示になっています。

私が持っているのは1巻ですが、楽譜を見る限り、バイエル後半くらいからソナチネ程度まで含まれるのではないかと思います。

2巻も、曲目を見るとそのくらいではないかと。

1冊の中の難易度としては広いですよね。

ある程度レッスンの進んだ人が、少し楽にいろいろな時代の曲を経験する、というような使い方になるでしょうか。

上の引用部分に書かれているように4曲続けて弾くことをしようと思うと、そうなりますね。

比較的早い段階から長く使い続ける、という方法もあるかもしれません。

掲載曲の作曲家は?

私が持っている1巻のみまとめます。

  • バロック(4人)
    • グリーゲル(1曲)
    • J.S.バッハ(”伝”との区別がありません)(7曲)
    • スカルラッティ(1曲)
    • ヘンデル(2曲)
  • 古典(6人)
    • ハイドン(2曲)
    • ベートーベン(3曲)
    • モーツァルト(3曲)
    • ディアベリ(1曲)
    • ツェルニー(1曲)
    • クレメンティ(1曲)
  • ロマン(7人)
    • シューマン(3曲)
    • チャイコフスキー(3曲)
    • ショパン(1曲)
    • マクダウェル(1曲)
    • ルモアーヌ(1曲)
    • グリーグ(1曲)
    • リヒナー(1曲)
  • 近・現代(9人)
    • ショスタコーヴィチ(2曲)
    • カバレフスキー(2曲)
    • ギロック(1曲)
    • バルトーク(1曲)
    • ハチャトゥリアン(1曲)
    • シャミナード(1曲)
    • プロコフィエフ(1曲)
    • タンスマン(1曲)
    • グレチャニノフ(1曲)

全部で26人ですね。

 

⇩こちらはリニューアル版。私が持っているのは旧版ですが、曲目は同じです。

『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』

最後に紹介するのは『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』です。ドレミ楽譜出版社から出されています。

タイトル通り、ブルグミュラーくらいの難易度だということですね。

4期それぞれの時代の曲が収められていますが、近・現代(楽譜では近代となっています)は3曲しかない・・。

これはちょっとバランス悪いかも。

曲数は全部で57曲。多いですね。

『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』についての詳しい内容はこちらの記事をどうぞ。

出版社の楽譜紹介ページはこちら⇩です。

参考ドレミ楽譜出版社『ブルグミュラー併用ポピュラーピアノ曲集』紹介ページ

この曲集の特徴は

特徴はなんといっても「ブルグミュラー併用」だということです。

曲順もブルグミュラーの進度に合わせて5段階に分けて記されています。

  • ブルグミュラー1~5番程度(12曲)
  • ブルグミュラー6~11番程度(11曲)
  • ブルグミュラー12~18番程度(11曲)
  • ブルグミュラー19~25番程度(11曲)
  • ブルグミュラー終了程度(12曲)

 

すべての段階でバロック、古典、ロマンの3つの時代の曲は入っていますが、近・現代については最後の「ブルグミュラー終了程度」に3曲あるのみです。

もう1つの特徴としては、1曲につき5~7行程度の曲目解説があることでしょうか。その曲に出てくる音楽用語の説明もあります。

目次の次から6ページにわたって、全曲まとめて載っています。

そして、すべてフリガナ付き。この曲集、副題が「小・中学生のための」となっているのでそのためですね。

掲載曲の作曲家は?

作曲家は次の様になっています。

  • バロック(13人)
    • クリーガー(1曲)
    • テーレマン(1曲)
    • ペツォルト(2曲)
    • L.モーツァルト(1曲)
    • スカルラッティ(1曲)
    • ヘンデル(2曲)
    • コレッリ(1曲)
    • D.Ph.E.バッハ(1曲)
    • キルンベルガー(1曲)
    • W.F.バッハ(1曲)
    • J.S.バッハ(4曲)
    • ラモー(1曲)
    • 作曲者不明(1曲)
  • 古典(8人)
    • ハスリンガー(1曲)
    • W.A.モーツァルト(2曲)
    • ベートーベン(6曲)
    • ドゥシェク(2曲)
    • ハイドン(2曲)
    • ディアベリ(1曲)
    • ツェルニー(1曲)
    • クーラウ(1曲)
  • ロマン(11人)
    • ケーラー(1曲)
    • グルリット(1曲)
    • ストリーボック(1曲)
    • リヒナー(2曲)
    • チャイコフスキー(4曲)
    • エルメンライヒ(1曲)
    • ローデ(1曲)
    • シューマン(3曲)
    • クラック(1曲)
    • ゲール(1曲)
    • ショパン(3曲)
  • 近・現代(2人)
    • サティ(2曲)
    • ドビュッシー(1曲)

全部で33人ですね。

 

様々な曲を経験してほしい

クラシック音楽には長~い歴史があって、時代によってずいぶん雰囲気が違います。

私はロマン派から近・現代のころの曲が比較的好きですが、レッスンを受けてくる過程でバロックや古典の曲もやってきての今です。

長い歴史の上に今の音楽があるんだし、それぞれの時代の良さがあるし。

そうしたことを感じてほしいですよね。

これからも、今回紹介した曲集を使いつついろんな曲を経験できるようなレッスンをしていきたいですね。

 

 

関連記事『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』を詳しく紹介しています。

 

コメント