おすすめ楽典ワーク『ピアノひけるよ!楽典ワーク』整理されて見やすい小学生向け楽典総合ワーク

おすすめワーク
スポンサーリンク

ここ「音楽室ゆう」では、楽典の総合的なワークとして、これまで主に『ジュニアクラスの楽典問題集』を使っていました。

関連記事『ジュニアクラスの楽典問題集』をこちらの記事で詳しく紹介しています。

音符の書き方といった基礎の基礎から、音階や調性まで含まれているようなワークはなかなか無いという印象の中、いいね!と思い使ってきましたが・・

別の楽譜を探す中、偶然見つけたこの『ピアノひけるよ!楽典ワーク』。基礎から調性、コードネームまで含む内容で、これはいい!と購入。

ていねいに整理されていて、分かりやすいなという印象です。

このワーク、あの有名なピアノ導入教材『ピアノひけるよ!』シリーズの1冊です。なぜ今まで気づかなかった??

詳しく中身をまとめてみます。

『ピアノひけるよ!楽典ワーク』って?

ピアノひけるよ! 楽典ワーク 音楽の知識をしっかりつけよう

まずは、『ピアノひけるよ!楽典ワーク』とは、ということから。

こちらのワーク、「ピアノひけるよ!」というタイトルからも明らかなように、ピアノ導入教材『ピアノひけるよ!』シリーズの中の1冊です。

本書に掲載されている「ピアノひけるよ!シリーズ グレード対照表」を見ると・・

バイエル後半程度の難易度とされている『ピアノひけるよ!シニア』1,2,3巻の併用ワークという位置づけになっています。

『ピアノひけるよ!シニア』の楽典ワークは、1,2,3巻それぞれに対応した『シニアワークブック』1,2,3巻があります。

本書は、メインテキストに沿った内容ではなく、楽典の全体的な総合的なワーク、ということですね。

出版元であるドレミ楽譜出版社の本書紹介ページには、「小学校高学年を対象としており・・」と書かれています。

 

スポンサーリンク

 

『ピアノひけるよ!楽典ワーク』中身紹介

それでは、具体的な内容をまとめていきます。

具体的な内容(目次)

とにかく目次をそのまま載せちゃいます。それが一番わかりやすいと思うので。長いです・・

  • パート1 基礎知識
    1. 五線と加線
    2. ト音記号とヘ音記号
      • 問題1
    3. 譜表
        1. 高音部譜表
        2. 低音部譜表
        3. 大譜表
        4. オクターブ記号
      • 問題2
    4. いろいろな音名
      • 問題3
    5. 音符と休符
        1. 音符の種類と長さ
        2. 休符の種類と長さ
      • 問題4
    6. 付点音符と付点休符
      • 問題5
    7. 縦線(小節線)と小節
    8. 拍子記号
      • 問題6
    9. リズムとリズム譜
        1. リズム
        2. タイ
        3. リズム譜
      • 問題7
    10. シンコペーション
      • 問題8
    11. 連符
      • 問題9
    12. 臨時記号
        1. 臨時記号の種類
        2. 臨時記号のついた音名
        3. 臨時記号の効力
      • 問題10
  • パート2 用語・記号
    1. テンポについての用語・記号
        1. 数字によるもの
        2. ことばによるもの
      • 問題11
    2. 強弱についての記号
      • 問題12
    3. テンポと強弱の変化についての用語・記号
        1. テンポの変化をあらわすもの
        2. 強弱の変化をあらわすもの
        3. テンポと強弱の変化を同時にあらわすもの
      • 問題13
    4. 曲想についての用語
      • 問題14
    5. 奏法についての用語・記号
      • 問題15
    6. 反復記号
      • 問題16
  • パート3 音程
    1. 音程のあらわし方
      • 問題17
    2. 全音と半音
    3. 長・短・完全音程
        1. 長音程と短音程
        2. 完全音程
    4. 増音程・減音程
      • 問題18
    5. 白鍵上の音程
      • 問題19
    6. 臨時記号のついた音程
      • 問題20
    7. 単音程と複音程
      • 問題21
    8. 音程の転回
        1. 度数
        2. 長・短・完全など
      • 問題22
  • パート4 音階
    1. 長音階と短音階
    2. 3つの短音階
        1. 自然的短音階
        2. 和声的短音階
        3. 旋律的短音階
      • 問題23
    3. 調性と調号
        1. 長音階の調号
      • 問題24
        1. 短音階の調号
      • 問題25
    4. 近親調
        1. 同主調
        2. 並行調
        3. 属調
        4. 下属調
      • 問題26
    5. 移調と転調
        1. 移調
      • 問題27
        1. 転調
  • パート5 コード・ネーム
    1. コード・ネームとは?
    2. トライアド(3和音)
        1. メジャー・コード
        2. マイナー・コード
    3. 白鍵上のトライアド
      • 問題28
    4. セブンス・コード(7の和音)
        1. メジャー・セブンス・コード
        2. マイナー・セブンス・コード
        3. ドミナント・セブンス・コード
    5. 白鍵上のセブンス・コード
      • 問題29
    6. 転回形
        1. 基本形と転回形
        2. ベース音の指示
      • 問題30
    7. コード・ネーム一覧表
      • 問題31

読んでいただいてお分かりの通り、「パート1」から「パート5」までの、大きく5つの内容に分かれています。

まずは、「基礎知識」として、楽譜に関する内容(パート1)。音符や休符、様々な記号についてですね。

次に、テンポ、強弱、曲想についての用語や記号(パート2)について。

そして、音程(パート3)⇒音階(パート4)⇒コード・ネーム(パート5)という順に調性に関する内容に入る、といった進み方になっていますね。

大きな特長としては、コード・ネームが含まれているということですね。ここまで学ぶ内容のものはなかなか無いのではないでしょうか。

進み方~説明部分と問題部分

本書は、問題だけが載せられている「問題集」ではありません。説明の部分を経て問題を解く、という進み方になっています。

「パート〇」の中の細かな単元ごとに「問題」があります。(二つほどまとめて「問題」となっているところもあります)

例えば・・

「パート2」の中の「1、テンポについての用語・記号」の問題として「問題11」がある。

「パート3」の中の「2、全音と半音」「3、長・短・完全音程」「4、増音程・減音程」の問題として「問題18」がある。

といった具合ですね。

単元の内容にもよりますが、ひとつの「問題」で、だいたい1ぺージから2ページが割かれています。中には、半ページと少ないものもあります。

 

スポンサーリンク

 

『ピアノひけるよ!楽典ワーク』見やすさは?

実際の中身がどのようになっているかも紹介します。

⇩解説の部分です。

⇩問題の部分です。

文字は大きく、読みやすい字体(丸ゴシック?)になっていて、とても見やすい、読みやすいという印象です。

余白も多すぎず少なすぎずで、書き込みもしやすいのではないでしょうか。

目次を見ても分かりますが、単元が数字で分けられていて、各タイトルと文章とで文字の大きさがかなり違い、分かりやすく整理されていると思います。

大きな特長は、漢字にはすべてふり仮名がつけられていることでしょうか。小学校高学年対象ということでの配慮ですね。

『ピアノひけるよ!楽典ワーク』まとめ 楽典の総合ワークとして完璧!

ここまで知っていれば十分、という楽典の基礎がまんべんなく含まれていて、それぞれが分かりやすく整理され、文字も大きく読みやすく、ふりがな付き・・

完ぺきではないでしょうか!

『ピアノひけるよ!』シリーズの1冊って、『ピアノひけるよ!』よく使っているのに知らなかった!

これまで使ってきた『ジュニアクラスの楽典問題集』ももちろんいいものだけれど、小学生の小さな子にはこちらの『ピアノひけるよ!楽典ワーク』の方がよさそうですね。

ふりがなが付いている、というのは、中学生以上になると子どもっぽさを感じてしまうかも。

小学生・・『ピアノひけるよ!楽典ワーク』

中学生~大人・・『ジュニアクラスの楽典問題集』

こんな使い分けが良いかもしれません。

 

このカテゴリーの人気記事・新着記事

 

 

コメント

関連コンテンツ