『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ』詳しく紹介!スポーツからピアノテクニックを学ぶ!

テクニック教本

全曲スポーツがテーマになっているピアノテクニックテキスト『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ』を紹介します。

ピアノとスポーツをミックスさせるって、なんて斬新!面白いですよね。

様々な音の動きをスポーツからイメージするというこのテキスト。

ピアノのほかに何かスポーツをしているような子(人)には、とってもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ』とは?

『ピアノ・スポーツ』は、アメリカの教育作曲家キャロリン・ミラーによるピアノテクニックの教本です。

全部で4巻あり、すべてスポーツがモチーフになっています。

今回は、1を詳しく紹介します。

なぜピアノとスポーツ?

ピアノとスポーツって、結構かけ離れた存在のように思います。

なぜか?について本にきっちり書かれていますので抜粋します。

アメリカでは子どもたちはほとんど何かのスポーツをします。

(中略)

教育作曲家であるキャロリン・ミラーは、そんな生活の興味の大半を占めるスポーツなら、ピアノ学習者にとって動きを理解しやすく、アーティキュレーションのイメージを浮かべやすいだろうと考えました。

(中略)

それぞれの動きとピアノの練習とをむすびつけ音楽のイメージと指と身体のトレーニングを目指しています。

引用元:『ピアノ・スポーツ』前書き なぜ「ピアノとスポーツ」?より

この教本はもともとアメリカのもの。アメリカの子どもたちは、みんな何かしらスポーツをするんですね。

日本の子はどうだろう・・私が子どものころと比べると、地域のスポーツチームが増え活動も活発なように思うけれど、みんな、というほどではないような・・。

そのあたりが日本の子どもに合うかな・・と思いますが、体を動かすことが好きだったり、実際にスポーツをしている子にとっては、分かりやすくイメージしやすいのではないかと思います。

どんなスポーツ?

スポーツといってもいろいろありますが、取り上げられているのは次の5つです。

  1. バスケットボール・・12曲
  2. 野球・・13曲
  3. 陸上競技・・8曲
  4. 超冒険的なスポーツ・・12曲
  5. サッカー・・11曲

全56曲。

これらのスポーツの動きがテーマになっていて、それぞれ8~13の練習曲が入っています。

たとえば、1の「バスケットボール」では、「ドリブル」「フリー・スロー」「ジャンプでシュート」といった題名が。

3の「陸上競技」では、「ハードル」「三段跳び」「幅跳び」「なわとび」など。

4の「超冒険的なスポーツ」って何かというと、「バンジージャンプ」「山登り」「急流下り」「サーフィン」などが題名になっています。

そして、そのスポーツの特徴的な動きが音になっています。

スポンサーリンク

『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ1』の特徴

表現のためのピアノテクニック キャロリンミラー ピアノスポーツ(1) 改訂版

『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ』の最大の特徴は、スポーツがモチーフになっていることですが、他には以下のような特徴があります。

  • 曲の長さは4小節~20小節
  • 使用音符は8分音符まで
  • 中央ドから左右に広がる

詳しく見ていきます。

曲の長さは4小節~20小節

曲の長さは、1番短くて4小節1番長くて20小節(1ページ分)です。

8小節のものが1番多いですね(全56曲中41曲)。

各スポーツの最後の曲は、これまでのまとめという位置づけになっていて、これが長い曲なんです。

題名は「延長戦」「決勝戦」「試合の日」などで、これまで学んだ弾き方を元に物語的なイメージをひろげることが目的になっています。

使用音符は8分音符まで

出てくる音符は、全音符、4分音符、2分音符、付点2分音符、8分音符です。

ほとんどが4分音符の曲ですね。

最も短いのが8分音符。5の「サッカー」に入って初めて出てきます。5曲あります。

音の並びは、同音か隣り合った音のみです。

中央ドから左右に広がる

音域は中央ドから左右に広がる形で広くなっています。

つまりこういうこと⇩。

音符を読みやすく、鍵盤の位置も把握しやすい形ですね。

3の「陸上競技」からクロスハンドが出てきますが、それまではすべて5指固定で弾くことができます。

『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ1』の難易状況

ここで、このテキストの難易状況をまとめたいと思います。

『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ1』は先へ進むにつ入れて少しずつ難しくなっています。

以下のような感じです。

  • バスケットボール
    • 片手ずつドレ、ドシの曲から始まって、右手ドレミファ、左手ドシラまで
    • 両手とも3度まで飛ぶ音あり
    • 1曲目からスタッカートあり
    • 両手とも2度3度の2和音あり(指は1,2と1,3)
    • 両手とも2音のスラーあり(3度飛ぶ音のスラーも)
    • 4分の3拍子あり
  •  野球
    • 音域は両手とも5度まで広がる
    • 両手とも5度まで飛ぶ音あり
    • 右のみ指3,5の2和音あり
    • 右のみ3和音あり(長3和音)
    • 両手同時が始まる(左右の指づかいが同じ形)
  • 陸上競技
    • クロスハンドあり
    • 右のみ指2,4の飛ぶ音あり
    • 左右ともオクターブ飛びあり
  • 超冒険的なスポーツ
    • 両手とも♯♭出てくる(長短調、半音階)
    • 両手とも指変えの同音連打あり
    • 両手とも保持音あり
    • 両手とも指くぐりあり
    • 右のみ黒鍵含む3和音(短3和音)あり
  • サッカー
    • 8分音符が出てくる
    • 左指2,4の飛ぶ音、1,4の飛ぶ音あり
    • 右指2,5の飛ぶ音あり
    • 右指2,5の2和音あり

基本的に、「右手をまず難しくしてそれから左手へ」という順序になっています。

音域もまず右から広がり、飛ぶ音や指くぐり、指変えなどもまず右からはじめます。

和音も3和音になったり黒鍵が出てきたりするのは右からですね。

また、和音の進め方がていねいだなと思います。

  1. 右指の1,2と1,3の指の2和音
  2. 3和音
  3. 黒鍵を含む3和音
  4. 2,4や2,5の指の2和音

と進みます。

左手で弾く3和音は出てきません。

『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ1』楽譜の見やすさは?

中身を少し見てみましょう。こんな感じです。

はじめのページの一部。⇩

最後のページの一部です。⇩

すっきりとして見やすい楽譜ではないでしょうか。

イラストは2色刷りで派手ではなく、動きのある絵なんだけれど邪魔にならない感じです。

いろんなスポーツをやっているところの絵ですが、触角らしきものがあるんだけど、これって虫⁇

『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ1』まとめ 『ミニブック』と『導入書』の中間くらい?

今回紹介した『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ』。『バーナム ピアノ テクニック』シリーズととてもよく似ています。

難しさでいえば、『ミニブック』よりはちょっと難しく『導入書』よりはちょっと簡単、といった感じでしょうか。

関連記事『バーナム ピアノ テクニック ミニブック』をこちらの記事で紹介しています。

関連記事『バーナム ピアノ テクニック 導入書』をこちらの記事で紹介しています。

全曲4小節の『ミニブック』と比べて『ピアノ・スポーツ』は長い曲もあり、1曲の中で様々な要素が混じっていたりします。

でも、中央ドから左右に広がり「音は違うが指は同じ」という両手奏までしか出てこないので、いきなりユニゾン(音は同じで指は違う)から始まる『導入書』よりは簡単だと思います。

また、いかにも「指の練習」というよりは少し”曲っぽい”ように感じます。

特に各章のまとめの曲。この曲が長いのは、そこを考えてのことのようです。

なので・・

  • スポーツに興味のある子
  • 長い曲を弾く集中力のある子(長い曲を早くから経験させたい場合も)
  • 指の練習曲でも”曲らしさ”を求める場合

などは、この『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ』はいいのではないかと思います。

実は、自分の運営する教室ではこれまでバーナム一辺倒でしたが、『キャロリン・ミラー ピアノ・スポーツ』を知ってからはこちらも使うようになりました。

「この音の流れをどう弾くか」といった、”表現”に踏み込んでいける内容がとても良いなと感じています。

関連記事

『ピアノ・スポーツ』と『バーナムピアノテクニック』を比べてみました。

テクニック教本『ピアノ・スポーツ』がいいね!お気に入りポイントとバーナム ピアノ テクニックとの比較も
ピアノテクニック教本『ピアノ・スポーツ』の紹介です。『バーナムピアノテクニック』との違いとお気に入りポイントをまとめました。『ピアノ・スポーツ』の方が音楽的に弾くことが重視されている印象です。これからはこちら中心に使うことになりそうです。

『バーナムピアノテクニック ミニブック』をこちらの記事で紹介しています。

超初心者からOK『バーナムピアノテクニック ミニブック』紹介
ピアノテクニック教本としては最も易しいのではないでしょうか。超初心者から使うことができます。楽譜が大きく見やすく、すべて4小節にまとめられています。でも和音、黒鍵、クロスハンドなども出てきます。少しずつ無理なく進めていける内容だと思います。

『バーナム ピアノ テクニック 導入書』をこちらの記事で紹介しています。

”超初心者”を過ぎたら『バーナム ピアノ テクニック 導入書』がおすすめ!1巻の前にこちらから
初心者向けのピアノテクニック教本『バーナムピアノテクニック導入書』の紹介です。『ミニブック』より少し難しい。両手がスムーズになってきたかなという人向けです。第1巻に入る前にこちらから始めるとよりスムーズかもしれません。

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました