ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

文章を読むように楽譜を読む ”まとまり”を意識して音を読むことの大切さ

ピアノの練習について
スポンサーリンク

始めたばかりの曲は、なかなかスラスラとは弾けません。

その曲自体をまだよくわかっていないので、音符を順に追いながら弾く、ということになりがちです。

でも、これって効率が悪いように思います。

アルペジオの続く曲が大変・・とにかくまずは読む!

クリスマス曲に取り組んでいる、「音楽室ゆう」の子どもたち。新しい曲に入って3週間くらい経ちました。

その中で、アルペジオが延々と続く曲に取り組んでいる子がいます。しかも少しずつ音が変わる・・

これに、なかなか苦労をしています。

こんな順序で練習をしています。

  • 声に出して音を読む→弾く

まずは、サラサラ~っと音を読んでいけること。それから弾いてもらうようにしています。

音を読むときには、声に出してもらいます。

声に出すことで、頭で認識した後再び耳に入ってくるので、しっかりと意識することにつながりますよね。

そして、弾くときもその音を声に出しながら弾くとなお良いと思います。

でも、これだけではホントはいけない、と思っています。

音の連なりをまとまりで捉える

音楽は一つ一つの音の連なりでできています。でも、一つ一つがバラバラなのではなく、まとまりがあります。

そのまとまりが感じられるから、メロディーとして聴こえるんですよね。

そのまとまりを意識して音を読んでいくことが、とても重要だと考えています。

上に挙げたアルペジオは伴奏部分ですが、これも同じ。やっぱり”まとまり”があります。

そのまとまりをとらえて、音を読んでいかなくてはいけません。

その方が、音の連なりを把握しやすいはず。

上の例は4音のアルペジオが長々と続くのですが、4つの音をひとまとまりにして同時に読むような感覚、かな。

それには、やっぱり音をスラスラ読んで行けることが必要になるのですが。

「文章を読むように楽譜を読む」が理想

小学校の低学年くらいだと、学校の宿題で「音読」というのがありますよね。国語の教科書を声を出して読むというものです。

文章は一つ一つの文字の連なりです。でも、まとまりがありますよね。それが単語。

音読をするとき、文字を一つ一つ声に出すのではなく、一瞬のうちにまとまりをとらえて、意味のある単語として読んでいくことになるはずです。

だから、文章全体の意味も聞いているだけで分かります。

楽譜を読むときも、そうであるべきだと思います。

ひたすら一つ一つの音符を読んで音にしていくのではなく、まとまり(つまりフレーズ)を意識して読む。

初めて弾く段階から、そうすることが大切です。

その方が、音の流れをつかみやすく、スムーズに読譜をすることにつながると思います。

だって文章を読むとき、最初から意味のあるものとして読んでいきますよね。

それと同じでは、と思います。

指使いも同じ

この事は、指使いについてもいえることではないかと思います。

「指使い」。これも、新しい曲を弾くとき悩ましいことの一つですよね。

初めて弾くとき、指使いを全く無視して弾いていく子は多い・・。そして、一つ一つチェックしていくことになります。

これも、まとまりを意識して音符を読んでいけば、音の動きを把握することにつながり、おのずと指の動きを考えながら弾くことになるのではないかと。

また、逆に音の流れを把握していれば、指使いが多少違ってしまっても弾き通すことはできる。

もちろん、ムリ!という場合もありますが。

私も、指使いを正そうとひたすらその部分を弾く、という練習をさせてしまうことがあります。

これも、音のまとまりの中での指の動き、という視点が必要だなと感じます。

初めから「音楽的な演奏」をするために

その曲の楽譜を初めて見たときから、音のまとまりをとらえて読譜をしていくことは、初めて弾くという段階から音楽的に演奏することに結びつきますよね。

初めからメロディーとしてとらえられるので、これをどう弾こうか、という意識につながりやすいのではないかと思います。

この文章の意味(つまりメロディー)が分かっているのに、単調に弾くなんてことができるでしょうか?

私もまだまだ、音符を一つ一つ必死に読ませる、ということしがち。

今回上に登場してもらった子のレッスンを通じて、改めて読譜について考えました。

初めての曲をスムーズに弾くということに留まらず、音楽を音楽として演奏するために、大切なことですね。

 

コメント