ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

上達だけが目的じゃない!ピアノを習う子どもたちの本音は?

生徒の様子
スポンサーリンク

家でさほど練習するわけじゃない、なかなか上手にならない、でも、「ピアノはやめたくない」と言う。

このようなとき、本人は「上手に弾けるようになる」ことだけを求めていないように思います。

 

子どもの本音はどこにある?親の気持ちとはズレている?

我が子をピアノのレッスンに通わせようと考えるきっかけはそれぞれだと思います。

多いのは、音楽が好きそうだから、ピアノに興味がありそうだから、といったことでしょうか。

きっかけはそういうことでも、心の奥には、またはだんだんと、「〇〇が弾けるようになってほしい」「人前でかっこよく」といったことがあるのではないでしょうか。
 
それは当然だと思います。私の側も、弾けるようになることを目指してレッスンをするわけですし。
 
でも、当の子どもの気持ちはそうではないとしたら・・?
 
あんまり練習するわけではない、でもピアノをやめるのは嫌だと言う。
こういう場合、レッスンを受ける本人は、上手になることだけを求めてない、ということがあるのではないかと思います。
 

弾けるようになりたい でも・・・

上手になりたくないの?なんて聞かれれば、「上手になりたい」と答えるでしょうし、実際そうなんだと思います。
でも・・・という部分があるのでしょうが、それをうまく説明できないのではないかな。
なかなか難しい感情だと思いますし。
 
現場で子どもたちを見ていると、大きく二つのパターンに分かれます。
練習もしてくるしレッスンの時もよく弾いて、あぁこの子は弾けるようになりたいんだなぁ、と感じられる子。
その一方、ちょっと違うかな、と思われる子もいます。
「音楽そのものが好き!ここへ来るとピアノに触ることを通じて音楽に触れられる。それが楽しい。」という様子の子。
また、「好きな曲を自分のペースでホントにのんびりのんびりと。なかなか上達には結びついていかない。」という子も。
 
こういう場合、親の気持ちとしてはレッスン料をもったいなく感じてしまうかもしれません。
それも当然のことと思います。
 

上達だけが目的じゃない という見方

ピアノ教室はピアノを弾けるようにするところ、です。
もちろん「音楽室ゆう」もそれが基本です。
でも、実際にレッスンを受ける子どもたち自身は、それだけじゃないものを求めている場合があります。
 
1週間に一度、音楽に触れることのできる時間。
良い気分転換になったり、ストレス発散になったり。
「ピアノが弾けるように」ということだけを目的にしてしまうと、当てはまらなくなってしまいます。
 
でも、こうしたことを受け止めていくことも、役割ではないかな、と思います。
ピアノを弾けるようにするレッスンをしつつ、子どもたちの気持ちを受け止め受け入れていく。
ピアノを弾けるようになることだけを目的としない、本当に求めていることに応えていく。
そんな柔軟なレッスン内容もとても大切だと感じています。
 
練習はしないし全然上手にならないし。この子はピアノに向かない。通う意味はない。
こうした見方では狭い、と思っています。
 
 

コメント