ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

警報発令時はレッスンお休み 大雪の時はその後も・・ 

教室の約束事
スポンサーリンク

2017年が始まって2週間。早速寒波が襲い、雪、降りましたね~。

雪が降り積もると、「レッスンお休みします」の連絡が入ることがあります。今回もありました。

これを機に、気象状況によるレッスンの取り扱いについて、まとめてみます。

 

警報発令時はお休みに

「音楽室ゆう」では、気象庁発表による「警報」発令時には、基本的にレッスンをお休みにしています。

警報や注意報というのは、どういうものか。気象庁のホームページには、以下のように記されています。

気象警報、注意報とは

気象庁は、大雨や強風などによって災害が起こるおそれのある時は「注意報」を、重大な災害が起こるおそれのあるときは「警報」を、さらに、重大な災害が起こるおそれが著しく大きいときは「特別警報」を発表して注意や警戒を呼びかけます。

引用元:国土交通省気象庁 気象警報・注意報 より

「警報」は、「重大な災害が起こる恐れのあるとき」ということですね。

TVなどでも、「不要不急の外出は避けましょう」と呼びかけられます。

学校などは、休みになったり、授業を切り上げたりしますね。

そういう意味では、レッスンもお休みにすべきかと思います。

注意報・警報の発表には基準がある

でも、「重大な災害が起こる恐れのあるとき」は「警報」って、結構あいまいな表現・・

と思ったら、発表の基準は、地域によってとても細かく決められているということでした。

ここは、「長野県北安曇郡池田町」ですが、池田町に対する基準があるんですね。

例えば、以下のように。

  • 大雨警報・・・・雨量の基準「1時間雨量40㎜」
  • 大雪警報・・・・降雪の深さとして「12時間降雪の深さ25㎝」

これでは、外に出たくない。危険を感じますよね。

注意報についても、同様に細かく基準が定められています。

地域によって地形などがずいぶん違うわけで、それぞれに合った基準が設けられるって、考えてみれば当たり前。

でも、初めてしっかり認識しました。

引用元:警報・注意報発表基準一覧表

こちらから各地域の基準が調べられます。

「警報」が出てる!でも・・・

確かにすごい雨が降っていた。大雨警報も出ていた。でも今は・・

ということ、ありますよね。

逆に、警報出てるけど雨降ってない・・ということも。

そういうときでも、基本は「警報」が出ているのであれば、レッスンはお休みです。

はっきりさせた方がいいかな、と思うので。

警報や注意報はいつ出る?そして、いつ解除?

いつ警報や注意報を出すのか。そして、いつ解除するのか。

これについては、このように記されています。

まず、警報・注意報の発表時期について。

気象警報・注意報は、対象とする現象の発生が予想された場合に発表しており、予想される現象が発生する概ね3~6時間前に発表することとしています。

ただし、短時間の強い雨に関する大雨警報・注意報及び洪水警報・注意報については概ね2~3時間前に発表することとしています。

また、夜間・早朝に警報発表の可能性がある場合には、夕方に注意報を発表し、警報を発表する可能性のある時間帯をその注意報の発表文中に、例えば「明け方までに警報に切り替える可能性がある」など明示しています。

引用元:国土交通省気象庁 気象警報・注意報 より

そして、警報・注意報の解除について。

いつ解除されるか、については、「警戒期間」や「注意期間」として示されます。

気象庁のホームページの「気象警報・注意報」から、自分の住む地域をたどっていくと、現在出されている警報や注意報を確認することができます。

警報や注意報が出されている場合は、「警戒期間」「注意期間」が示されています。

その期間が、警報や注意報が出される目安になります。

例えば、「警戒期間」が「15日昼前まで」となっていた場合、15日の昼前には解除されるだろう、ということです。

いつごろ解除されそうかを知りたいときには、ここを見るといいということですね。

ちなみに、「昼前」は午前9~12時。これも、気象庁で定められています。

こちら(1日の時間細分図)で確認できます。

余談ですが・・・

昔、学童保育で仕事をしていた時は、「警報は出たか?出たか??」とやきもきしていました。

場所は名古屋。台風が来て「暴風雨警報」が出されると、学校は休みになったり授業切り上げになったりします。

そうなれば、朝から学童にくる子がいたり、予定よりすごく早く帰ってきたりします。

保護者が引き取りに来るまでは、学童で子どもたちを預かります。

私たち指導員は、対応に追われるわけです。

今では、懐かしい思い出・・・

大雪は降った後も大変

長野は雪の降るところです。

大雪警報が出ているときは、当然、レッスンはお休みです。

でも、警報が解除になっていても「お休みします」という連絡が入ります。

それはなぜか・・

ここ池田町は、それほど降り積もるところではないですが、今回の寒波ではさすがに積もりました。

2,3日降り続いたということもあって、トータル20㎝強くらいにはなったでしょうか。

そして、厄介なのは、これだけ積もっちゃうとなかなか融けない、ということ。

気温は日中でも0℃前後。ガリガリに凍っちゃうわけです。

そして、「音楽室ゆう」のある場所は、山の中腹。こんな⇩景色を望めます。

つまり、坂を上り下りしないといけない。

もちろん除雪車は通りますし、自分たちでも雪かきします。でも、すべてをどかせるわけではない。

滑る・・・運転怖い・・・たとえスタッドレスタイヤを履いていても。

ということで、「お休みします」という家庭もあります。

仕方ないな・・と思います。私も運転怖いです。でも、ちょっとさみしい・・・

こんなに雪が積もるのは、ひと冬2,3回でしょうか。

今年は、あと1,2回こうしたお休みが入るかな。

気象状況によるお休みは振り替えレッスン可

「音楽室ゆう」では、基本的にどんな理由でも振り替えレッスンを行います。

都合のいい日時を知らせていただき、レッスン可能な時間帯であれば行います。

警報発令によるものや、上記のように大雪で来ることができないといった、気象状況によるときも同様です。

扱いは、「指導者都合」ではなく「生徒側の都合」でのお休み、ということになりますが。

なので、「ムリはしないでください」と思います。

たとえ距離が近くても、起こるときは起こるのが事故です。

何か起こってからでは遅いので!


 

コメント