ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

【ピアノの弾き方】ミスタッチを減らすには?鍵盤感覚が大事!

ピアノの練習について
スポンサーリンク

ピアノを演奏する際のミスタッチ。結構恐怖を感じることです。

ミスタッチの全く無いのが良い演奏、というわけでは決してありませんが、無いに越したことはないですよね。

ミスタッチの原因はいろいろと考えられ、それぞれの原因に合った対策があると思います。

今回は、「鍵盤感覚」という視点から考えてみたいと思います。

「鍵盤感覚」って?

「鍵盤感覚」というのは何か、をまずはまとめたいと思います。

「鍵盤感覚」とは、基準とする場所に指を置いたら、あとは感覚で鍵盤の位置がわかるということです。

例えば・・ドの場所に指を置いたら、ソの場所は鍵盤を見なくても指の感覚だけで弾ける、ということですね。

ドを弾く指はなんでもいいです。1の指でも2の指でも・・。そして、ソを弾く指も何の指でも弾ける。

つまり、どのくらい指を伸ばせば、どのくらい手をひろげれば、あるいはすぼめれば次に弾くべき鍵盤を弾くことができるか、が、感覚で分かるということです。

「鍵盤感覚」ってとっても便利!

こうしてみると、鍵盤感覚ってとっても便利ですよね。

要するに、指をじ~っと見ていなくてもピアノを弾けるということですから。

別の言い方をすれば、「ブラインドタッチでピアノを弾く」ということです。

楽譜を見てブラインドタッチで弾いていく。

これができれば、初見演奏に強くなり、はじめから曲想を意識して弾くことができ、曲の仕上がりが早くなります。

ピアノのブラインドタッチについてはこちら⇩の記事に書いています。

ピアノの”ブラインドタッチ”できた方が絶対いい!
鍵盤を見ないでピアノを弾く、つまり「ピアノのブラインドタッチ」の練習法となぜできるようなるといいのかをまとめました。いろんな曲を弾いていきたいと考えているのならぜひ身につけたいことですね。

でも、「便利」という程度のものではなく、とっても重要なことだと考えています。

「鍵盤感覚」をきちんと身につけることで、スムーズにピアノを弾くことができるようになり、それは、ミスタッチを減らすことにもつながると考えるからです。

「鍵盤感覚」とミスタッチの関係

鍵盤感覚が身についていないとなぜミスタッチにつながるのか。

鍵盤感覚が身についていないということは、ある音を弾こうとしたとき、どの程度手や指を動かせばその音を弾けるのかが分かっていない、ということです。

すると、音は認識できているのに指は違う鍵盤を弾いてしまう、ということにつながります。

これは、弾くべき鍵盤をしっかり目でとらえていたとしても起こるものです。

弾くべき音は分かっているのに弾けない‥ということ、あるのではないでしょうか。私は経験あります。

飛んでいる音を弾くときに起きがちかな、とは思いますが、「ここだ」と分かっていて見ているのに外す。

これは、鍵盤感覚の問題が大きいように思います。

次はあの音(あの鍵盤)と狙っていても、実際に指をどう動かせばよいのかが分かっていないのでミスってしまうということです。

「鍵盤感覚」を身につけるには

それでは、鍵盤感覚を身につけるにはどうすればいいのでしょうか。

鍵盤感覚は、ピアノを始めた初期からしっかり意識して取り組んでいくことが大事だと考えています。

「鍵盤感覚」の基本は隣同士の音

上に書いた鍵盤感覚の説明でドとソを弾く場合を例に挙げましたが、離れた場所を正確に弾けることだけが鍵盤感覚ではありません。

隣同士に並んだ音をミスなく弾くことも重要な鍵盤感覚です。

というか、まずこれがきちんとできていないといけないですよね。基本です。

ミスタッチって、離れた音を弾くときに起こりがちではあるかとは思いますが、隣に並んだ音を弾くときにも起こります。

それは、指づかいの問題だったり指の動きの問題だったり、原因はいろいろあると思いますが、鍵盤感覚が身についていないこともその1つだと思います。

5指を隣同士の鍵盤1つ1つに置いていく。その時の手のひらき具合、指同士の離れ具合。

まずは、そうした感覚をきっちり身につけることが重要になってくると思います。

それができてからの、離れた音の鍵盤感覚ということになりますね。

何を弾くにも「意識」が大事

鍵盤感覚を身につけるには、意識的に行うことが重要だと思います。

5指固定で弾ける、言ってみれば簡単な曲でも鍵盤感覚を意識しながら弾くことが大事です。

自分はどのように動かしているのかを感じながら弾くということです。

鍵盤感覚は、弾くことで得た筋感覚からの情報を脳に蓄積させていくことで身についていきます。

意識的に行うことで、よりしっかりと脳に認知させることができると考えます。

筋感覚とは・・

筋肉の収縮や緊張の状況を知覚する感覚。筋紡錘(きんぼうすい)・腱紡錘(けんぼうすい)から刺激が反射的に中枢神経に伝えられて生じる、位置や運動の感覚、筋覚。

引用:コトバンク「筋肉感覚」より

見て弾くことも大事

鍵盤感覚は鍵盤を見なくてもピアノを弾けることを目指すものではありますが、練習の方法としては、「しっかりと見る」ことも大事だと考えています。

見ないで弾く練習ももちろん必要。でも、さらに見ることで目からも情報が入ります。

上に書いた筋肉の感覚から得る情報に加えて目からの情報も入ることで、より一層しっかりと認識できることにつながると思います。

ひとつの方法だけに頼るのではなく、様々なアプローチから行うことが重要だと考えています。

隣同士の「鍵盤感覚」が身についたら離れた音を

5指固定の短い曲などを、鍵盤感覚だけで(つまり手を見ずに)スムーズに弾けるようになったら、離れた音を弾くことに進みます。

順序としては・・

  1. 音階
  2. アルペジオ
  3. オクターブ

といった具合に、少しずつ音域をひろげていき、離れた音を弾いていくようにするとよいと思います。

まずは、指くぐりや指またぎが必要になる音階や半音階がよいのではないでしょうか。

これは隣同士の音ではありますが、5指固定で弾く指の動きとはかなり違いがあります。

どのように指を動かせばよいのか、鍵盤との関係がしっかりと分かるようになると思います。

そして、アルペジオ。いよいよ音が飛びますね。指くぐりなどにも大きな動作が必要になります。

スムーズに弾けるよう何度もやることはとても良い練習になると思います。

指の動きをしっかり意識しながら。

さらに、オクターブ飛び。

どの程度手をひろげれば届くのかをしっかりと感じながら弾きます。

指番号1と5だけではなく、他の指でもやってみるといいのではないでしょうか。

見る必要があるときは見ればいい

オクターブくらい離れた音を弾かなくてはいけないとなると、鍵盤感覚だけで弾くのはかなり難しくなりますね。

そういう時ば見ればいい、と思います。曲によっては見ていられない場合もあるので、あくまでも見ることができる状況なら、ということになりますが。

見て弾けばいいのなら鍵盤感覚は必要ないかと言えばそうではありません。

上にも書きましたが、鍵盤を見ているのにミスタッチするときもあるんです。

見ている場所に正確に指を届かせられる、というのも、鍵盤感覚です。

やはり、どこをどのくらい動かせば、今弾いているこの鍵盤からあの鍵盤を弾けるのか、ということが分かっている必要があります。

もちろん、目からの情報を利用できるので見ないで弾くよりはずっと弾きやすいとは思いますが。

感覚を確かめながら、意識的に、何度も何度も弾くことが大切だと思います。

常に「鍵盤感覚」を意識して

今回は、ミスタッチ対策として「鍵盤感覚」について考えてみました。

普段の何気ない練習から鍵盤感覚を意識して弾いてみてはいかがでしょうか。

日々のレッスンでは、バーナムなどのテクニック教本をするときに「この音を弾くときにどのくらい手を広げるのかをよ~く考えて~」と口酸っぱく言い・・

自分の練習でうまく弾けないときは、「この感じ、この感じ」とぶつぶつ言いながら何度も何度もその部分を弾いたりします。

日々の積み重ね、そして、意識的に行う。

これらを地道に続けることが結局は大事ですね。

 

 

コメント