ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

ピアノの練習にメトロノームは必需品!でも使い方に注意

ピアノの練習について
スポンサーリンク

日々のレッスンの中でメトロノームはよく使います。

お家での練習でも「メトロノームに合わせて弾いてね」ということもあります。

メトロノームは練習に欠かせないものです。

でも、使うにふさわしい場合と使わない方がいい場合があります。

それをまとめました。

メトロノームは何のため?

ピアノに限らないと思いますが、楽器の練習でメトロノームを使うことは多くありますね。

必需品と言っていいのでは、と思います。

だから、電子ピアノに付属機能としてついているのでしょう。

私もレッスンの中でよく使います。

なぜ、メトロノームを使うのかというと、それは、一定のテンポを保って弾けるようにするため、です。

子どもたちは特にそれが難しいように感じます。

だんだん早くなってしまったり、途中で不自然にゆっくりになったり、ノッて弾いていればいるほど一曲の中でゆれるゆれる。

難しい部分になるとゆっくりになってしまう、という場合もありますね。

そして、そのことに本人は気づいていない。

そうしたことにならないようにするのが、第一の目的です。

メトロノームはテクニックの練習の時に

メトロノームは、曲の練習の際に使うことはほとんどありません。テクニックのテキストをしているときのみです。

このときは、ほぼずっと使いっぱなし。しっかり合わせて弾いてもらいます。

一定のテンポの中にきちんとリズムを入れていく。

そうすることで、リズムを理解し、正確に指に反映させていけるようにするのが目的です。

子どもたちを見ていると、曲の演奏の中で、二分音符など長めの音が微妙に短かったりすることが多くあります。

一定のテンポに曲を乗せていくのではなく、長い音は「長い」という感覚でしか弾いてない、という感じです。だいたいこのくらい、みたいな。

そういうことの修正のためにメトロノームを使います。

曲の練習では使わない でも使う時も

曲の練習の時にメトロノームを使うことはほとんどありません。

音楽は機械的なチョー正確なテンポの上に成り立っているものではないので。

感覚的に一定のテンポが保てていればいいと思います。曲を心地よく聴かせようとすれば、微妙にテンポは揺れるはずなので。

でも、どんどんどんどん速くなってしまうとか、1曲の中で不自然に揺れすぎるとか、リズムが乱れているとか。

そして、それを本人が気づいていないときなどは、メトロノームを使います。

あくまでも応急処置としてです。気づいてもらうためです。

本来は、曲の練習に使うべきではないと思っています。

音楽は、一定のテンポに保たれた状態で流れていくから、心地よく聴けるのだと思います。

テンポを揺らす場合でも、根底に流れる一定のテンポの上にあるからこそ、不自然にならない。

でもそれは、「一定のテンポ」に聴こえればいいのだと思います。

機械的なテンポの上に乗っている音楽は、聴いていて心地よいものではないでしょう。

メトロノームをかけながら曲を弾くのは、そうなってしまう危険性があると思います。

なので、極力使わないようにしています。

メトロノームは必要です。なので、ちゃんと持っておいてほしいし、使えるようにしておいてほしい。

でも、使ってばかりはよくない。音楽的な演奏ができなくなってしまうと思います。

⇩こちらの記事もどうぞ。

ピアノの弾き方、練習法のまとめ
ピアノの弾き方や練習に関する記事の一覧です。大まかではありますが内容別に分けました。お好きな記事を選んでお読みください。

コメント