ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

スケールの仕組みを学ぶ総合的テキスト『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』

おすすめ楽譜
スポンサーリンク

 

以前から気になっていたこの『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』。ついに購入し、中身を見てみたら・・これぞ私の欲しかったもの!と感動。

音階(スケール)を弾くだけではなく、仕組みをしっかり理解するのに最適だと感じました。

今回は、内容を詳しくご紹介します。

スケールは音楽の根幹をなすもの。きちんと知っておきたいですよね。

『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』について

中身を詳しく見る前に、この本そのものについて紹介します。

初版は2016年8月。音楽之友社から出されています。価格は税抜き1400円。

著者は樹原涼子さん。あの大人気ピアノ導入教本『ピアノランド』の人です。

 

「『ピアノランド』シリーズがスタートして25周年を記念して」と、著者によるまえがきに書かれています。

まえがきには以下のようにあります。

テクニックは音楽を自由自在に表現するために必要なもので、日々磨いていくべきものですが、意味もわからず指を動かす習慣は「何も考えないで弾く人」を生み出してしまいます。私は、弾くたびに音楽的知識と感性が豊かになるようなテキストを作り、楽譜を見てよく考えて弾く人、自分の音をよく聴く人、真に美しい音を求める人を育てたいと願い、音楽的教養とテクニックの両立をと考えました。

引用元:『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』より

「意味もわからず指を動かし、何も考えないで弾く人」という言葉は痛いところを突かれたなぁと感じました。

著者の思いが伝わる文章ですね。

こちら⇩にも本書の内容や著者の考えが書かれています。

参考樹原涼子ホームページ『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』

 

スポンサーリンク

 

「スケール」について

こちらの本は、次の3つの章に分かれています。

  1. スケール
  2. モード
  3. コード&アルペジオ

 

題名の通りですね。

まずは「スケール」についてのページから詳しく書いていきます。

並行調でセットに

長調短調合わせて24ある調ですが、並行調でセットになって並んでいます。

つまり、調号が同じ長調と短調で組まれているということですね。

はじめのハ長調とイ短調はそれぞれ2ページずつ使われていますが、次からは左ページ長調、右ページ短調という見開きの形になっています。

長調で5つの課題、短調で4つの課題に分けられています。

長調の課題の内容は・・

まずは、長調の課題についてです。

その前に・・・

長調のページの1番上には、音階を第1テトラコード、第2テトラコードに分けた楽譜の図が書かれています。

「主音から始まる「全音+全音+半音」、属音から始まる「全音+全音+半音」を全音でつなげる」という図ですね。

⇩こういうもの

すべての長調のページに載せられています。

次からが課題。5つに分けられています。

  • 「1」・・2分音符で書かれた音階(上行下行)を、以下の2点を意識してていねいに弾く
    • 指づかい
    • 調の名前や音程
  • 「2」・・8分音符で書かれた音階+カデンツの楽譜に対して次の3点を行う。
    • 指づかいを書き入れる
    • ユニゾンで弾く
    • カデンツではドミナントモーション(Ⅴ7⇒Ⅰの終止)を感じる
  • 「3」・・大譜表8分音符の音階+オクターブユニゾンの楽譜。音階は途中から反行形(両側へ離れていく形)
    • 離れたり近づいたりするエネルギーを感じて弾く
  • 「4」・・大譜表8分音符+オクターブユニゾンの楽譜(「3」と同じ)で「離れた状態⇒ユニゾン⇒離れていく」という流れ。
    • 離れたり近づいたりするエネルギーを感じて弾く
  • 「5」・・8分音符の音階楽譜だがオクターブユニゾンではなく、3度、6度、5度、4度の音程。
    • それぞれを二声(両手)、重音(片手)で弾く
    • 音程を感じながら弾く

 

実際の楽譜はこんな感じ⇩です。

短調の課題の内容は・・

次に、短調についてです。

こちらも課題に入る前のページの上部に、長調と短調の関係を表した楽譜が載せられています。

「長調の第6音から始まるのがその並行調にあたる短調」ということが楽譜の図であらわされているということです。

こんなもの⇩です。

すべての短調のページに書かれていますね。

そして、課題に入ります。

短調には、「自然的短音階」「和声的短音階」「旋律的短音階」の3つがありますが、それぞれに課題があります。

  • 「1」・・2分音符で示された音階(上行下行)の楽譜
    • 響きを感じる
    • 指づかいを確認する
  • 「2」・・8分音符の楽譜
    • 指づかいを書き入れる
    • 響きを感じる
  • 「3」・・大譜表8分音符+カデンツの楽譜。オクターブユニゾン⇒反行形
    • 反行形を弾く
    • カデンツを弾く
  • 「4」・・「和声的短音階」のみにあり、3度、6度の音程を弾く
    • 二声(両手)と重音(片手)を弾く
    • 音程を感じて弾く

 

短調は、はじめに出てくるイ短調は2ページにわたって詳しく楽譜が書かれていますが、それ以降は1ページになり、3つの短調の音階、カデンツ、そして、自然的短音階の反行形の楽譜が示されているのみです。

なので、「3」の課題は、自然的短音階の楽譜を見ながら和声的、旋律的短音階を弾くことになります。

実際の楽譜はこんな⇩感じです。

 

スポンサーリンク

 

五度圏

24すべての調が上に挙げた形で示された後、「五度圏」のページが見開きであります。

見開きの左上から右下にかけて斜めに、各調の音階がテトラコードに分けて載せられています。

右ページ上部に五度圏表があり、左ページ下部に自分で音階を書き入れて五度圏表を完成させるようになっています。

半音階、全音音階

次のページには、半音階、全音音階について、それぞれ1ページずつ書かれています。

そして、それぞれ3つの課題があります。

  • 半音階の課題
    1. 1本指で音程を感じながら弾く
    2. 指づかいについて
    3. 指づかいを考えながらオクターブユニゾン⇒反行形を弾く
  • 全音音階の課題
    1. 黒鍵3つを含むパターン、黒鍵2つを含パターンそれぞれを雰囲気を感じながら弾く
    2. 2つのパターンそれぞれをクロスハンドで弾く
    3. 2つのパターンそれぞれの音を含む増三和音を弾く

 

ディミニッシュトスケール、その他のスケール

「スケール」の章の最後は、ディミニッシュトスケールとその他のスケールについてです。

それぞれ1ページずつにまとめられています。

ディミニッシュトスケール

本題に入る前に、まず、ディミニッシュトスケールって何なのか、簡単に説明します。

本書には以下のようにあります。

「全音と半音が交互に並ぶ音階です」

Cディミニッシュトスケールの構成音は以下の通りです。

C D E♭ F F# G# A B C

 

ということで・・ディミニッシュトスケールについては、3つの課題があります。

  • ディミニッシュトスケールの課題
    1. 3種類(C、C♯、D)のディミニッシュトスケールを弾く
    2. 音の構成を考えながらディミニッシュトコードを弾く
    3. それぞれ3つに分けられる全12のディミニッシュトスケールを弾く

 

3の、「3つに分けられる」というのは以下のことです。

  • C・・・E♭、F♯、A
  • C♯・・E、G、B♭
  • D・・・F、A♭、B

 

はじまりの音が変わるが構成音が同じということですね。

その他のスケール

「その他のスケール」では、五音音階が説明されています。

五音音階というのは、5つの音でできている音階です。日本の昔ながらの音階もそうですし、世界中にいろいろな5音音階がありますね。

紹介されているのは・・

日本の五音音階としてわらべ歌や沖縄音階

その他の五音音階として黒鍵の五音音階とヨナ抜き音階

マイナーペンタトニックとブルーススケールについても書かれています。

「モード」について

次は、モードについて書かれています。

まずは、「モードのしくみ」として、1ページを割いて説明されています。

そのあと、実際に弾いてみるという段階に入ります。

「モードのしくみ」について

1ページを使って、モードのしくみの説明があります。

まずは、現代一般的に使われる長調、短調が、アイオニアンモードエオリアンモードと同じ構成音だということが、楽譜を示して説明されています。

そして、中心音(調性音楽でいう主音)が変わることで変化する各モードについて書かれています。

現在も使われているモードを紹介するということで、以下のモードが書かれています。

  • 第2音が中心音・・・ドリアンモード
  • 第3音が中心音・・・フリジアンモード
  • 第4音が中心音・・・リディアンモード
  • 第5音が中心音・・・ミクソリディアンモード
  • 第7音が中心音・・・ロクリアンモード

 

また、各モードの音の並び方の違いも表で示されています。(「全音+全音+半音・・」とか「全音+半音+全音・・」とか)

楽譜のページについて

「モードのしくみ」の説明ページの後から、各音を中心音とした各モードの楽譜が示され、実際に弾くようになっています。

C、D、E、F、G、A、B、D♭、E♭、F♯、A♭、B♭の各音を中心音とした、上に挙げた7つのモードの楽譜が示されています。

その左側には、調性音楽でいうところの長調の楽譜が載せられていて、関係性がわかるようになっています。

例えば・・

「Cドリアンモードは、変ロ長調の第2音Cから始まる」ということが、楽譜を示して説明されている、ということです。

各ページの下には・・・

「〇を中心音とするモード」ということで、1ページずつとられているわけですが、各ページの下にはモードを学習するコツ、ヒントの様な事柄が書かれています。

以下のようなこと。

  • モードの練習の進め方
  • モードを覚えるコツ
  • モードの曲を見分けるには
  • 各モードの使われた作品紹介(導入教材『ピアノランド』の曲や著者樹原さんご本人作曲によるものが多い)

 

「モード」についての実際の楽譜です⇩

 

スポンサーリンク

 

「コード&アルペジオ」について

最後の章が、「コード&アルペジオ」です。

ここには、次のようなことがまとめられています。

「コード&アルペジオの練習方法」について

まずは1ページを使って、「コード&アルペジオの練習方法」について書かれています。

次のページから楽譜が載せられていますが、これをどのように練習していけばよいか、ということが、6つに分けて書かれています。

楽譜のページは、「基本形」「ポジション移動」「アルペジオ」「転回形」「転回形のアルペジオ」「根音」の6つについて書かれていて、それぞれの弾き方ということですね。

主には、スムーズに弾いていくために、どのような指づかいをすればよいかということです。

子どもに弾かせること考慮してか書かれていて、「手が小さい場合は~~」ということが要所要所で出てきます。

楽譜のページについて

次のページから楽譜が載せられ、実際に弾いていくことになります。

載せられているのは、C、D♭、D、E♭、E、F、G♭、G、A♭、A、B♭、Bの各音を根音とした12のコードの楽譜です。

12のコードとは、Cを根音とした場合・・・

C、Csus4、C6、C7、Cmaj7、Cmaj7、Cm、Cm6、Cm7、Cm7♭5、Cdim7、Caug

の12個です。

楽譜のページは、基本的には1つの根音に1ページですが、一番最初の「C」の項目だけは見開きになっています。

そして、「基本形」「ポジション移動」「アルペジオ」「転回形」「転回形のアルペジオ」「根音」の6つが見開きで1列の楽譜になっています。

次から「ポジション移動」「転回形のアルペジオ」の楽譜はなくなり、1つの根音1ページになり、自分で考えて弾くことになっています。

「コード&アルペジオ」の実際の楽譜です⇩

1冊でスケールやコードについて総合的に学べる

スケールに特化した内容で、これだけ分かりやすくきっちりまとめられている本は他にあるんでしょうか?

私個人のことでいえば、モードについてしっかりと知ることができたのがうれしかったです。

これまでは名前だけしか知らないというレベルでした。

これは何らかのモードだなと思っても何なのかがわからない。音楽辞典などを引っ張り出して調べてもよくわからない・・・モヤモヤモヤ・・・

こんな状況だったのが、これを読んで、「お~~!そういうことか~~」となりました。

実際に弾いて学んでいくものなので、文章ではなく楽譜で説明されているのがいいなと思います。

そして、練習法まで書いてある!

子どもたちに使ってもらうことを想定した作りになっていて、練習法は細かいですね。

今後のレッスンで、調性について学ぶ段階に入る子にはぜひ使っていきたいと思っています。

 

出版元である音楽之友社もどうぞ。

 

参考記事同じ著者による大ヒットピアノ導入教材『ピアノランド』については、こちらの記事をどうぞ。

 

コメント