ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

ピアノで和音スタッカートを弾くのは大変!まずはきちんと音を出すことから

ピアノの練習について
スポンサーリンク

今、数人の子が、テクニックのテキストで和音のスタッカートに取り組んでいます。

子どもの小さな手では、和音を弾くことがまずは大変。さらにスタッカートとは!

なかなか苦労をしています。

 

スタッカートの意味 「跳ねる」ではない

子どもたちにまず確認することは、スタッカートの意味です。

スタッカートは、「音を明瞭に分離して弾く(音楽之友社 新音楽辞典 楽語編より)」という意味です。

決して「跳ねる」という意味ではありません。けっこう間違えて覚えている子が多いです。

というか、私自身が「スタッカートが付いてるから跳ねて」と言ってしまっている可能性が高く・・私の責任も大きいてすね。

まずは、子どもたちに正しい意味を覚えてもらうことから始める必要があります。

スタッカートにもいろいろ

スタッカートというと、音符の上に小さな黒丸がついているのを思い浮かべますが、他にもありますね。

sutaka-to

この図のaは「メッゾ・スタッカート」、cは「スタッカティシモ」と言います。

bが「スタッカート」。

スタッカートより、aは長め、cは短めに弾くことになりますね。

音楽辞典にも書かれていますが、図の「奏法」はあくまでもイメージ。

厳密にこの通りに弾くというものではありません。

 

この辺りは、さほど詳しくは説明しません。曲の中に出てくれば、もちろん話をします。

テクニックのテキストに出てくるのは、スタッカート。

「和音」のスタッカートです。

「和音」それを弾くだけで大変

子どもたちの小さな手では、まず、和音を弾くことがなかなか大変だったりします。

鍵盤の上で、和音のその音の所に指を置いた形を、保たなければいけないので。

きちんと手を開き、その形を保つための力が必要です。

なので、スタッカートを弾く前に、まずは、きちんと和音の音を出すことをしなければいけません。

スタッカートを意識してしまうと、音を短くすることばかりに集中してしまって、貧弱な音になってしまったり、音が出ていなかったりします。

手の形を保ったまま下へ下げる

子どもたちにただ「和音を弾いてごらん」と言うと、手首をまげて下へ下げたり、指だけで弾くような形になりがちです。

それは、さらに力が必要になってしまう余分な動きですよね。

鍵盤の上に置いた和音を弾くための手の形を保ったまま、腕から手全体を鍵盤に沈みこませるようにすることが大切です。

それ自体がまた難しかったりするんですが・・

そして、スタッカートに、つまり音を短くするために、手首からスッと上へ上げる。

その時点では、手のひらや指の力は必要ありませんね。ただ、音を切るために手を上に上げる力だけ。

「①弾く②上げる③(次の音を弾く)準備する」という3つの動きを意識してもらうために、「1と2と・・」に合わせて弾いてもらったりします。

すご~くゆっくり。

1の「い」で弾き、「ち」で上げ、「と」で次の音の鍵盤の上に指を乗せます。

「つかむようなイメージ」は和音が弾けるようになってから

和音のスタッカートを弾くとき、「クッと鍵盤を軽くつかむようなイメージで弾く」といわれることがあります。

私もこれを子どもたちに伝えてきましたが、これはやっぱり、和音がしっかり弾けるようになってからだな、と思っています。

これを話すと、音を短くする、つまり、手を上に上げることだけに注意が行ってしまって、結局は音が貧弱になってしまいがち。

それなりの速さで、連続スタッカートを弾かなければいけないときは、いちいち脱力している場合ではないので、このイメージで弾くとよいな、と思っています。

なので、しっかり和音を弾けるようになって、連続スタッカートを弾く段階になったら伝えるようにしています。

和音スタッカートの練習は指の強化につながる

和音のスタッカートは、かなり高度な演奏技術ですね。なのに、頻繁に出てくる。

でも、これをマスターするための練習は、しっかりした指を作ることそのものに直結することだな、と感じています。

正しい手の形で適度な力を使わないと、きちんと弾くことができない。

和音のスタッカートをきちんと弾けるようになると、手や指そのものの力も付いてきて、その他の技術の向上にもつながる。

なかなか大変なことだけれど、子どもたちには踏ん張ってやってもらいたいなぁ、と思います。

 

コメント