大人向けピアノテキスト『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』から7曲選んで弾いてみました

ピアノ導入教材

大人向けピアノテキスト『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』の中から7曲を選んで弾いてみました。

全18曲から、最初と最後の曲+偏りのないように5曲選びました。

初級編ってどのくらいの難しさ?という方の参考になればと思います。

関連記事『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』の楽譜をこちらで詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

「リパブリック讃歌」

まず、1番最初に掲載されている曲「リパブリック讃歌」です。

付点8分+16分のタッカタッカというリズムが特徴ですね。

左手は5指固定で弾けます。

リパブリック讃歌(『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』より

上にも書いたタッカのリズムを弾んだ感じで弾くこと、4分音符で動く左手を4拍子を感じながら弾くこと、の2点が「point」としてまとめられています。

「トルコ行進曲」

4曲目の「トルコ行進曲」。モーツァルト作曲の方です。

転調する部分まで含まれていて、簡単アレンジとしては長めではないでしょうか。

トルコ行進曲(『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』より)

速度表示は「Allegretto「(2分音符=108)」となっています。私の演奏、速すぎです。

「point」になっているのは、はじめの部分指くぐりに注意して転ばないこと、途中のトリルの弾き方、そして、イ長調に転調している、という3点です。

4曲目にして、けっこう難しいですね。

「星に願いを」

次は、7曲目「星に願いを」です。

左手が、和音→和音→和音・・と動いているのが特徴でしょうか。

星に願いを(『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』)より

ペダルを使うようになっていますが、『初級編』でのペダル初登場は2曲前の「ジムノペディNo.1」です。

「point」は、ペダルの効果を出してなめらかに歌うように弾くこと、アルペジオ記号(和音の左にある波線)の弾き方についてです。

楽譜に()書きになっている音符があり、「できれば弾いてみましょう」となっています。動画では弾いていません。

 

スポンサーリンク

 

「She」

10曲目に掲載の「She」です。

連続16分音符が初登場です。

She(『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』より)

「point」となっているのは、左の分散和音の音を確認しましょう、ということです。

1音ずつ弾くのではなく、すべて押さえたままにすると響きが充実する、と書かれていますが、動画ではそのように弾いていません。

なお、1番最後の部分は、動画ではペダルを使っていますが、楽譜には書かれていません。ペダルを使わないと最後の和音までのスラー(楽譜についている)はできません。

「ロコモーション」

「ロコモーション」。14曲目になります。

左右の動きがバラバラで、けっこう難しいかも。

ロコモーション(『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』より)

左手の動きは「タータッタッ タータッタッ」となるように、と「point」にあります。

これを維持しながら右手を弾くのはけっこう難しい。

また、左手部分に、4拍の中に「付点4分音符+付点4分音符+4分音符」を入れるシンコペーションのリズムがあり、拍をカウントしながら弾くことも「point」になっています。

「ヘッドライト・テールライト」

NHK「プロジェクトX」のエンディングテーマ、中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」です。16曲目になります。

朴訥とした感じから流れるような感じ、と途中で少し趣が変わるのが特徴ですね。

ヘッドライト・テールライト(『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』より)

「point」になっているのは、1つは、4分音符の和音で動く伴奏部分は音がつながるように弾く、ということです。1音1音ペダルを使ってもよい、とあります。

もう1つは、8分音符で動く伴奏部分はゆったりと幅広い感じで弾く、ということです。

 

スポンサーリンク

 

「別れの曲」

1番最後の曲、ショパン作曲の通称「別れの曲」です。

左手が、ずっと保持音になっているのが特徴ですね。

別れの曲(『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』より)

「photo」として挙げられているのは、左手のベースの保持音はしっかりと4拍のばすこと、がまずあります。

他に、左手の空いている指で1音だけ右が担うフレーズを弾く部分があること(その弾き方)、そして、最後はppからさらにディミニエンドして消えるように弾くこと、が書かれています。

1曲が長くなり、難易度高め

『入門編』『基礎編』と比べると、さすがにこの『初級編』は難易度高めですね。

1曲の長さも長くなりました。

『初級編』の「はじめに」には、以下のようにあります。

初級編では、ここでの限られたテクニックの中で、レパートリーをできるだけ本物に近づけるアレンジを考えました。フレージングや強弱、より音楽的にするためのニュアンスをつけること等にも気を使い、進めてください。ここでの「音楽的とは」、より幅の広い表現力をいいます。

この初級編を修了された方は、一般に市販されている曲集の中からご自分に合ったレパートリーを探して弾ける力がついていることでしょう。

ピアノ音楽の大海に漕ぎ出でる準備ができたのです。夢を大きく広げていただきたいと思いす。

引用:『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』はじめに より

ここまで演奏することができれば、弾ける曲の幅はとても広がっていますよね。

同じくらいの難易度の曲集もたくさん出ていると思います。いろいろな曲を楽しんでいただければと思います。

 

 

こちらもチェック

『大人のためのピアノ悠々塾』シリーズの「入門編」を紹介しています。

おすすめ初心者ピアノ教材『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』指が動く人向け?
『大人のためのピアノ悠々塾』入門編のご紹介。初心者向けだけれど初めから両手5指を使うので指を動かすことに慣れた人向けかなと思います。音符やリズム、楽譜などについて図や表できっちりまとめられていて分かりやすいですね。

「入門編」の演奏動画はこちら。

大人向けピアノテキスト『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』から7曲選んで弾いてみました
大人向けピアノ導入教材『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』の掲載曲を弾いてみました。最初と最後の曲、その間をほぼ均等に5曲の合わせて7曲を弾いています。どのくらいの難易度なのか実際に聴いてもらうとわかりやすいのではないかと思います。参考にどうぞ。

『大人のためのピアノ悠々塾』シリーズの「基礎編」を紹介しています。

おすすめ初心者ピアノ教材『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』ちょっと弾ける人向け
『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』のご紹介です。『入門編』との違いもまとめました。全く初めてでは難しいですが、ちょっとでも弾けるのならこちらからスタートしてよいのではないかと思います。

「基礎編」の演奏動画はこちら。

大人向けピアノテキスト『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』から7(+1)曲選んで弾いてみました
大人向けピアノ導入教材『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』に掲載されている曲を実際に演奏してみました。雰囲気のよいアレンジになっていて楽しめるのではないでしょうか。入門編、基礎編、初級編のどれがよいか悩んでいる方の参考になればと思います。

 

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました