ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

大事にしている教室だより こんな考えで書いています

教室だよりについて
スポンサーリンク

音楽室ゆうでは、開室当初から毎月おたよりを発行しています。

ちゃんと読んでいただいているのか分からないけれど(レッスンバッグの中からクチャクチャと出てきたことも・・・)開室して丸6年、一度も欠かさず続けてきました。

 

おたよりの内容は・・

おたよりは、A4一枚で毎月第3週目に発行しています。

内容は・・・

  • 向こう2か月の教室の予定
  • お知らせやコラムなど

上部に必ず載せているのが、この先2か月間の予定です。

レッスンがお休みになる日や発表会などの行事の日をしっかりお伝えするためです。

年間予定表を年度のはじめにお渡ししていますが、変更になる場合もあるので、最新情報として掲載しています。

下半分は、その時々によって変わります。

お知らせがあるときは、まずそのことを。

特にないときは、今取り組んでいることや大事にしていることなど、知っておいていただきたいことを中心に書いています。

今年度は初めて臨時号を出した!

そんな中、今年度は「臨時号」を出しました。初めてのことです。

7月末に行った発表会へ向けて、子どもたちの様子、レッスン上大事にしていること、演奏曲の発表、などを随時お知らせしていきました。

日程が変更になったりもしたので、そのせいで出さざるを得なかった、という号もありますが・・。

発表会終了直後も、ご理解ご協力いただいたことへのお礼と私の感想、そして、「ご意見をお聞かせください」ということで発行しました。

4月からの4か月間で4号。我ながらがんばったかも。

これまでは、行事があってもその内容に関しては次のおたよりで載せていました。

でも、リアルタイムでお知らせした方がより深くお伝えできるだろうと考えて、発行することにしました。

 

これからはもっともっとおたよりを出していきたい

おたよりの内容や書き方については、もう少し整理したいという思いを持っています。

A4の大きさ1枚では書ききれない、ということもままあり、ぎゅうぎゅう詰めで読みにくいかも・・ということも。そんなことから、最近は2枚にわたることも。

個人レッスンが基本なので、全員に渡すおたよりに個人的な様子を載せるのは控えたいという考えです。

でも、教室として今何に取り組んでいてどこへ向かっているか、は随時伝えたい。

そうすることで、個人だけど個人じゃない、というような安心感が感じられ、教室への愛着を持っていただけるのではないかな。

日々何をやっているか、ちゃんと知ってもらいたい。結局はそこですね。

今年度は臨時号いっぱい!にしたい。これからもがんばっておたより続けるぞ!

コメント