子ども向け

テクニック教本

『こどものハノン』上巻の紹介 シンプルな内容でハノン導入にピッタリ!

『こどものハノン』上巻を詳しく紹介します。いろいろある子ども用ハノンですが、必要最低限のシンプルな作りになっています。ハノンの1番~20番と一部のスケールの2部構成。そして、全曲にリズム変奏が4つ載っているのが特長です。ハノン導入として最適。
テクニック教本

『新こどものハノン』元祖ハノンの第1部と全調スケールを1冊に 練習法も具体的

子ども向けハノン『新こどものハノン』の紹介です。元祖『ハノン』の第1部の全部と全調スケールが1冊にまとめられています。「5分間練習」という具体的な練習法が示されているのが大きな特長です。リズム練習よりもフォームを整えることも大事にされています。
ピアノ導入教材

子ども向けピアノ教材『バスティン・オール イン ワン』レベル1Aを詳しく紹介 整理されて使いやすくなったよ!

『バスティン・オールインワン』のレベル1Aの紹介です。曲を弾くことと同時にセオリーワークを進めていける、ということが大きな特徴です。基となっている「ベーシックス」と比べて紙面が整理されて見やすくなった、というのが印象です。
ピアノ導入教材

ピアノ初心者用テキスト『トンプソン現代ピアノ教本①』から14曲選んで弾いてみました

ピアノ導入教本『トンプソン現代ピアノ教本』1巻の全50曲の中から、14曲を選んで弾いてみました。実際にどんな曲で練習をするのか、難易度はどのくらいか、1巻でどのくらいのレベルまで進むのか、などの参考になればと思います。
おすすめ楽典ワーク

『ジュニアクラスの楽典問題集』&『ピアノひけるよ!楽典ワーク』比較!内容は?見やすさ分かりやすさは?

楽典の総合ワーク2冊を比べてみました。どちらも基礎的な内容が網羅されていいますが、少し詳しくなっているのは『ジュニアクラスの楽典問題集』、見やすくまとめられコード・ネームについても書かれている『ピアノひけるよ!楽典ワーク』、という印象です。
おすすめ楽典ワーク

おすすめ楽典ワーク『ピアノひけるよ!楽典ワーク』整理されて見やすい小学生向け楽典総合ワーク

音符の種類といった基礎から調性、コードネームまでを網羅した総合的な楽典ワークです。とても整理されて見やすくふりがな付き。小学生くらいの子にピッタリ!もちろん大人もOKです。基礎から調性まで含んだワークは数少ない印象の中、コードネームまで。なかなか無いワークです。
おすすめ楽典ワーク

『オルガン・ピアノの本ワークブック』メインテキストに完全対応で使いやすい!

『オルガン・ピアノの本』のワークブックのご紹介です。最大の特長はメインテキストに完全対応しているところです。余分なことは一切省かれ、分かりやすく学びやすく使いやすい。『オルガン・ピアノの本』を使っていてワークに取り組むのならこれしかない!ですね。
2019.09.09
テクニック教本

テクニック教本『ピアノ・スポーツ』がいいね!お気に入りポイントとバーナム ピアノ テクニックとの比較も

ピアノテクニック教本『ピアノ・スポーツ』をレッスンでよく使います。以前は『バーナムピアノテクニック』でしたが、その違いとお気に入りポイントをまとめました。『ピアノ・スポーツ』の方が音楽的に弾くことが求められているような印象です。これからはこちら中心になりそうです。
2019.06.20
曲集

おすすめピアノ楽譜『ピアノでクラシック名曲を』有名クラシック曲のアレンジ ちょっと弾けるクラシック好きな大人の方へ

ブルグミュラーくらいの難易度のクラシック曲ピアノアレンジ楽譜です。バロックから近・現代までの有名クラシック曲満載の全57曲。全くの初心者の方は難しいですが、少し弾けるというクラシック好きの方にはピッタリの曲集ではないでしょうか。
2019.06.20
ピアノ導入教材

ピアノ教材はじめの1冊はこれ!あるピアノ講師の独断と偏見によるベスト3【子ども向け編】

実際に使ってみて良いなと感じているピアノ導入教材『ピアノひけるよ!ジュニア』『オルガン・ピアノの本』『ピアノランド』の3冊を紹介。いまいちなところもまとめました。個人的な意見だということを踏まえて参考になれば。きっと他にも良いものはある。
2019.06.20
ピアノ導入教材

ピアノ教材『ぴあの どりーむ1』美しいイラストと明確な指導ポイントでゆっくり着実に

永田萌さんのやさしい雰囲気のイラストが印象的な『ぴあの どりーむ』。進み方はゆっくりですが著者による指導ポイントが細かく書かれていて、着実に進歩できるように作られています。楽譜の見た目もすっきりと見やすく集中してピアノへ向かえるのではないでしょうか。
2019.06.18
曲集

初級者向けおすすめ楽譜『ピアノ小曲集1』出版60年のロングセラー!ブルグミュラーと共に

60年以上前からあり長く使い続けられている『ピアノ小品集』1をご紹介します。バイエル後半からブルグミュラーくらいの難易度で定番曲も多く全20曲と使いやすいサイズだと思います。シューマンの曲が6曲とシューマン好きには特におすすめ。ぜひ参考に。
2019.06.18
タイトルとURLをコピーしました