ソルフェージュ

テクニック教本

分かりやすく丁寧!『NEWこどものスケール・アルペジオ』詳しく紹介 

スケールに特化した子ども向けテキストです。分かりやすく丁寧にまとめられていて、練習法も書かれ、読み仮名もついています。一人でも練習ができるようにと考えられているようです。全調載せられていますし、長く使える1冊ではないでしょうか。
2020.06.18
その他の楽譜

『即興演奏12のとびら』自由に音楽と遊ぶための12の方法

副題「音楽をつくってみよう」の通り自由に音楽を作るための12の方法が書かれています。1から順番に進めていく形でまとめられていますが、どれか一つを選んでやってみるという使い方もできます。音楽家のインタビュー記事もあって大人も楽しめる1冊です。
2020.06.18
テクニック教本

バスティン『スケール・カデンツ&アルペジオ』シンプルな音階テキスト

バスティンの音階テキストの紹介です。必要最低限の内容でとってもシンプル。紙面もすっきりとしていて見やすいです。スケールは2オクターブまでで楽譜は8分音符。アルペジオは4分音符。初めての人には弾きやすいですね。シンプルが好きな人にはピッタリ!
2020.06.18
テクニック教本

『こどものおんかいれんしゅう』ピアノ導入期のスケールのテキスト

ピアノの練習に欠かせない音階練習ですが、このテキストは、ピアノを始めたばかりの小さな子から使うことができます。指づかいを覚えることから始めて片手ずつ進んでいきます。そして、集中して自分の出す音をよく聴くことが大事にされています。
2020.06.18
おすすめ楽典ワーク

『ジュニアクラスの楽典問題集』&『ピアノひけるよ!楽典ワーク』比較!内容は?見やすさ分かりやすさは?

楽典の総合ワーク2冊を比べてみました。どちらも基礎的な内容が網羅されていいますが、少し詳しくなっているのは『ジュニアクラスの楽典問題集』、見やすくまとめられコード・ネームについても書かれている『ピアノひけるよ!楽典ワーク』、という印象です。
おすすめ楽典ワーク

おすすめ楽典ワーク『ピアノひけるよ!楽典ワーク』整理されて見やすい小学生向け楽典総合ワーク

音符の種類といった基礎から調性、コードネームまでを網羅した総合的な楽典ワークです。とても整理されて見やすくふりがな付き。小学生くらいの子にピッタリ!もちろん大人もOKです。基礎から調性まで含んだワークは数少ない印象の中、コードネームまで。なかなか無いワークです。
2020.06.18
おすすめ楽典ワーク

『オルガン・ピアノの本ワークブック』メインテキストに完全対応で使いやすい!

『オルガン・ピアノの本』のワークブックのご紹介です。最大の特長はメインテキストに完全対応しているところです。余分なことは一切省かれ、分かりやすく学びやすく使いやすい。『オルガン・ピアノの本』を使っていてワークに取り組むのならこれしかない!ですね。
2020.06.18
おすすめ楽典ワーク

音符を読めるようになるためのおすすめドリル『譜読みチャレンジ』

音符を読むことに特化した内容のおすすめのドリルです。ランダムに並んだ音符を読むだけではなく、よく知られた曲の楽譜を読む課題もあり、それがおすすめポイントです。子どもっぽいイラスト等はなく、おとなの方にもぜひおすすめします。
2020.06.18
その他の楽譜

『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』分かりやすい調性の総合テキスト

ピアノのための調性の総合テキストです。とても分かりやすく学んでいけます。しかも練習法まで。モードやコードについても楽譜とともに説明されています。これから大いに使っていきたいテキストです。
2020.06.18
音楽関連本の紹介

おすすめ音楽本『音楽であそぼう!あたらしいリトミック』音楽遊びがいっぱいでピアノレッスンでも重宝!

リトミックの音楽活動を紹介した本です。全部で72の音楽遊びが紹介され体で音楽を感じることの楽しさが満載です。実践ポイントがまとめられ状況に応じてのアレンジもしやすいです。ピアノのレッスンでも使え、ピアノの先生にもおすすめです。
2020.06.18
私の考え

ピアノレッスンで聴音!期待する効果とは?音大志望じゃなくても取り組みたい理由

ピアノのレッスンで聴音を行っていますが、どんな効果を期待しているのかをまとめてみました。譜読みが早く、楽になり、楽譜を見ただけでメロディーが浮かぶようになってほしい。音大受験には必須。そうではなくてもソルフェージュ全般をもっとレッスンで行いたいと考えています。
2019.09.19
ピアノの弾き方・練習法

ピアノでの調の勉強はじめの一歩には「五度圏」表が便利!

調についてよく分からないけれど、とにかくこの曲が何調かを知りたい、というときには「五度圏」表が便利です。その曲の調を知って、音階を弾いてから曲を弾くことで曲を少し深く知ることができます。理屈はさておきまずは手元に表を持つことをお勧めします。
2019.09.04
タイトルとURLをコピーしました