ピアノの先生は忙しい!?~ピアノ講師のある日の一日~

先生の仕事

ピアノの先生は、レッスンをしているときだけが仕事だと思っていませんか?

自分が生徒だったころは私もそんなイメージを持っていましたし、あまり先生の仕事内容を深く考えたこともありませんでした。

でも、自分が先生になってみると・・!結構忙しいということを実感しています。

レッスンの入っていなかった、ある日の一日を書いてみます。

スポンサーリンク

4月初旬のある日 ピアノの先生の一日

レッスンの入っていなかった、4月初旬のある1日を書いてみます。

個人で教室運営をしている私は、午前9時~午後6時を仕事時間と決めています。

ピアノ教室で「午後6時まで」って閉まるの早いと思いますが、我が子が小さい今、これが限度です。

お昼休憩1時間として、実働8時間、ということですね。

レッスンの入っていなかったある日の一日。以下の通りでした。

 午前9時~12時買い物

園芸店・・・9時半ごろ~10時過ぎ

楽器店・・・10時半過ぎ~11半ごろ

12時過ぎに帰宅

  午後帰宅後~1時過ぎ昼食・休憩
 1時過ぎ~3時半頃 おたより臨時号の作成
 3時半頃~4時半頃 教室行事個別のまとめ
 4時半頃~6時前 1年間の予定表作成

午前は買い物

まず、午前中。

子どもを保育園へ送ったその足で、園芸店と楽器店へ行きました。

もちろん車です。

だいぶ暖かくなってきたので、玄関まわりに花など植えて少し明るくしたいと考え、まず園芸店へ苗などを買いに。

それから、楽譜購入のため楽器店へ。

楽譜は普段ネットで購入してしまいますが、どうしても中身を確かめたい、ということもままあり、今回もそのために出かけました。

参考こちらの楽譜販売サイトのヘビーユーザーです!

楽譜ネット|楽譜・楽器販売サイト - 人気商品

園芸店は9時から開いています。でも楽器店は10時から。

無駄な時間をつくることなく、時間配分はうまくいきました。

午後は事務作業

午後は事務作業に追われました。

まずは、年度末に行った教室行事「グループレッスン」、その当日の様子をまとめたおたよりを、「臨時号」として作成しました。

A4サイズ2枚になりました。(普段のおたよりはA4サイズ1枚)

そして、グループレッスンではひとりひとりに演奏してもらっているので、その感想を個別にまとめたものも作成。

おたよりにくっつけて渡します。

最後は、年間予定表の作成。

子どもの通う保育園から1年間の行事等の予定表が。教室所在地の町からも、町内にある各学校の主な予定が書かれたカレンダーが出されました。

それを見ながら、教室の予定を立てていきます。

この日は子どもの用事が入っている。学校行事があるからお休みする子が出そう。

といったことを考慮に入れ、規約で定めた年間レッスン回数をきちんとクリアーできるように組んでいきます。

 

スポンサーリンク

 

年度替わりの時期だからの忙しさも でもそれだけじゃない

この「ある日」というのは、4月の初めです。ちょうど年度替わり。

特に、午後に行った事務作業は、まさにこの時期ならではです。

早く作って、早くみなさんに配らなくちゃ!ということです。

なので、余計に忙しかった、というのはありますね。

場所柄や個人の能力も

忙しさは、時期の問題だけではないですね。

例えば午前中の買い物。

ここは田舎なので、園芸店へ行くのも楽器店へ行くのも時間がかかる!車でそれぞれ30分はみておかないと。

これだけで、半日使っちゃうんですよね。

なので、出かける必要があるときは、無駄な時間ができないよう、行動経路をけっこうあれこれ考えます。

また、私はどうも文章を書くのに時間がかかるようです。

おたよりの作成など、もっと早くできてしまう人はたくさんいるでしょう。

そういう人は、効率よく仕事を終わらせることができ、「そんなに忙しくない」となるかもしれません。

忙しいかどうかは、場所柄や個人的な能力の違いもあるでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

ピアノの先生の仕事 すべて自分でやらなければいけないから

個人で教室を運営しているピアノ指導者は、当然、すべてのことを自分一人で行わなければなりません。

上に挙げた「玄関まわりにお花を」というのは、「環境整備」に当たると考えています。

また、年間予定表も、生徒たちの学校行事や自分の家庭の状況等をふまえ、きちんとレッスンをしていけるよう、自分でしっかりと立て、管理していかなければなりません。

その他、重要なこととしては「金銭管理」がありますね。

それほど複雑なお金の動きはありませんが、落とすことなく帳面に付けて、確定申告をしなければいけません。

一方で、今回作成したおたよりは、必ずしも必要なことではないかもしれません。

私も、以前は月のレッスン予定のお知らせを主な内容として、毎月1回ずつの発行しかしていませんでした。

でも、もっと教室でやっていることの中身を知っていただきたい。レッスンへの思いもお伝えしたい、と考えるようになり、最近は、行事のあるときに臨時号を出すようになりました。

こうした教室からの「おたより」は、各ご家庭とのコミュニケーションの手段として、とても重要だと考えています。

関連記事教室の「おたより」についてこちらの記事にまとめています。

コミュニケーションということでは、おたより以外にも、個人面談や保護者会などを行っている個人教室の先生もいらっしゃいますよね。

おたよりだって、もっともっと中身の濃いものを作成している先生、たくさんおられます。

他に、ひとりひとりのレッスン計画作成、教材研究、研修参加、自分の練習・・・。

自分一人ですべてをやらなければならず、やろうと思えばいくらでも仕事はある。

個人の能力の差はあれど、いくらでも忙しくなるんです。

本気で、情熱をもってやろうと思ったら、ピアノの先生ってすご~~く忙しいんです。

「レッスンだけが仕事」だなんてとんでもない!

なかなか見えないかもしれませんが。

 

このカテゴリーの人気記事

ピアノ教室の生徒への年賀状 どんな内容?そもそも出す?出さない⁇
ピアノ教室生徒の「ピアノ辞めます」ピアノの先生としての送り出し方、伝えたいこと
ピアノの先生は忙しい!?~ピアノ講師のある日の一日~
ピアノ講師自身のためのレッスンノート「レッスン記録」 その内容と書く理由
ピアノの発表会で講師演奏をしました 先生が弾く目的は?

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました