ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

運動会のある2学期 障碍を持つ子は不安定になる場合も

レッスン風景
スポンサーリンク

「音楽室ゆう」に通ってくれている子の多くが通う小学校では、8月の20日過ぎには2学期が始まります。

再び始まる学校生活にすんなり入っていける子もいれば、そうではない子も。

特に2学期は大きな学校行事「運動会」があります。

 

運動会が控えている2学期

2学期は、小学校最大の行事「運動会」があります。

開催時期は9月中旬。もう一月もありませんね。

来週あたりから、本格的に練習が始まるかな?

ここ「音楽室ゆう」は、練習の音がよ~く聞こえます。

「こんな音楽が聞こえてきたけど、何やるの?」「雨の中練習してたね~大変だぁ・・」などなど、レッスンでも話題に出したりします。

障碍を持つ子は少し不安定になったりも

大きな学校行事を控えていて、それに向けて全体が動いているとき、障碍を持つ子の中には少々不安定になる子もいます。

普段の授業リズムと変わったり全体での活動が増えたり、発達障害を持つ子が苦手としていることが増えるためだと思います。

うまくそこに乗っていけなくて学校へ行きたがらなくなったり、他の子との違いを如実に感じて必要以上に落ち込んでしまったり。

また、逆にうれしくて楽しみで気持ちがフワフワ落ち着かなくなったり。

こうした状況は、レッスンの際にも様々な様子が現れます。

レッスンに集中しづらかったり、ピアノを弾きたがらなくなったり、レッスンに来られなくなったり。

このような事になりやすいということを十分に踏まえて、柔軟に対応していかなければいけないと考えています。

学校行事になじめず不安を抱えている場合のレッスンは?

こんな時は、究極、いわゆる「レッスン」をしない、ということもあります。

例えば、音楽を聴きたがるとか、ピアノ以外の楽器(キーボードや小物楽器)を触りたがる、とか。

ピアノに向かえないようだな、と感じられるときは、無理に向かわせることはせず、本人のしたいことに寄り添うようにしています。

レッスンを休まずに来てくれたんだから、まずはそれでよし。音楽に触れたいという気持ちはあったのではないかな。

そこを大事にして、一緒に音楽で遊ぶような気持ちで過ごしています。

もちろん、弾こうという様子が見られたときはレッスンをしますが、それもあまり無理のないように心がけています。

いつもと変わらない子もいます

障碍を持っていても、普段の様子と変わらない子ももちろんいます。

うまくなじむことができたのか、お家や学校の先生のフォローがよいのか。

そうした場合は、こちらも普段通りに接します。

「障碍を持つ子は大きな学校行事を控えていると不安定になりやすい」

そのことは認識しつつ、やはりひとりひとりの状況を見極めての対応が大事になりますね。

必要以上に気を遣うことはかえって失礼。必要を感じたときに適度に対応する。

そのためには、ひとりひとりの子について普段からしっかり理解しておくことが必要だな、と感じます。

 

コメント