ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

楽譜を「読める」だけではなく「書ける」ようにするために

レッスンのこだわり
スポンサーリンク

日々のレッスンでは、基本的に、曲を弾くテキストとともに楽典のワークに取り組んでもらっています。

それはなぜか。

楽譜をかけるようになってほしいからです。

もちろん、楽譜書かれていることの意味などをきちんと理解するため、ということもあります。

でも、最終的に目指すのは、楽譜を書けるようになることです。

「弾ける」だけでは片手落

ピアノのレッスンの目的は、将来的に自分だけの力で楽譜を読んで弾けるようになることだと考えています。

なので、レッスンを始めた早い段階から、楽譜上の音符の読み方を学ぶことをしていくことになります。

そして、同時にリズムを読み取ることもしていきますね。

拍子の意味や音符一つ一つの意味などを覚えていきます。

楽譜に書かれたドレミ~が読めるようになり、リズムがとれるようになれば、一応は楽譜を見て自分で弾くことはできるようになります。

もちろん、楽譜に書かれている様々な記号の意味を覚えたり、フレーズを読み取ったり曲の構成を理解したり。

そうしたことも弾くためには必要で、それらも順次学んでいくことになります。

でも、それではまだ片手落ちだと考えています。

書くことでより深い理解を

「音楽室ゆう」では、多くの子に楽典のワークに取り組んでもらっています。

 

ワークを行う目的は、

  • 実際に書くことでより深く理解する
  • 実際に書くことで書けるようにする

この二つです。

取り組んでいる曲の中で、楽譜を見ながら理解をしていくことはできると思います。

でも、「書く」という動作を加えることで、より深く理解することにつながります。

その音符を「書く」そして、その音符の意味を「書く」。手を動かして「書く」ということは、そのことを認識していなければできません。

そのひと手間を加えることで、しっかりと意識の中に落とし込むことができます。

そして、ワークの中で様々な問題に何度も取り組むことで、音符や記号そのものを書けるようになっていきます。

この「書けるようになる」ということを、とても大切なことと捉えています。

スポンサーリンク

読めるけど書けない!

読めるけど書けないということ、普段の生活の中でもありますよね。

例えば漢字。複雑な字やあまり使わない字などは、読むことはできるけれど書けといわれると・・ということはよくあります。

それに、近頃はメールなど打ちこんでしまうことが多く、字を書く機会が減って書けなくなってきているともいわれます。

楽譜も同じ。読むことしかしていないと書けないんです。

楽譜はスラスラ読むことができる。じゃあ、それを書いてみよう、と思うとできないです。

ト音記号など簡単な記号でも、普段書いていなければ正確に書くことはできません。

ましてや、少々複雑なリズムなど、えっ!?とびっくりするくらいどう書いていいのかわからないものです。

ちゃんとリズムを読み取ることはできても、です。

私自身が書けなかった

私の子ども時代のレッスンは、もう30年以上昔です。

そのころに受けていたピアノレッスン、ワークなんてやった覚えはありません。楽譜を見て弾くことのみ。

私自身が「楽譜を書く」ということをしたのは、中学の部活動で出会った吹奏楽でのことです。

その中で、写譜を何度もすることになりました。

きちんとワークで理論的に学んだのは、大人になってからのレッスンです。

ト音記号を書くことから始まり、実際に楽譜上の記号などを書くことを一から学びました。

写譜の経験があったので、複雑なリズムでも、こう書くんだ、とわりとすんなり理解できました。

それがなかったら苦労したかも、と思います。

「読めるけど書けない」をなくしたい

ピアノをやってきたから楽譜はスラスラ読めるけど、書くことはできない・・

せっかく音楽をやってきたのに、これではちょっと悲しい気がします。

「日本人なのに、こんな漢字も書けないなんて・・」こんなことに遭遇すると結構ショックを感じますね。

それと同じでは、と思います。

「読めるし書ける」これでこそ本物ではないかと思うのです。

今、レッスンの中でワークに取り組んでもらうのは、

「楽譜に書かれていることの意味をしっかりと理解して、より深くその曲を感じてほしい」

ということとともに、

「楽譜を書く技術を身に付けてほしい」

と考えているからです。

楽譜を書くことができれば、頭に浮かんだメロディーを楽譜に起こす、ということができます。

また、既成の曲を弾きやすくアレンジする、ということもできますね。

(より複雑なアレンジをするためには、調性やコードなどの知識も必要になりますが)

書くことができると、楽譜を読んで演奏する、ということにとどまらない音楽を楽しむ幅が広がります。

せっかく音楽をやっているんだから、楽譜を読めるだけじゃなくて書けるようにしよう!

レッスンに来ている子どもたちには、ぜひこうなってほしいと考えています。

 

⇩こちらの記事もあわせてお読みください。

おすすめ楽典ワーク『わかーるワーク』楽典の基礎学習はこのシリーズで決まり!
楽典の基礎学習として教室で使用している『わかーるワーク』を紹介します。導入編、基礎編、発展編の3段階があり発展編を終えれば楽典の基礎はOKと考えています。とても見やすく分かりやすく使いやすい!重宝しています。
おすすめの楽典ワーク『ジュニアクラスの楽典問題集』楽典学習の集大成として
ピアノレッスンで実際に使用している楽典の問題集です。中学生くらいでここまでできれば十分ではないかと考えています。別のワーク等を続けてきた最後にこちらを使っています。

 

コメント