私の考え

童謡を知らない子どもたちにビックリ!もっと知ってほしい

ピアノのレッスンに来ている子どもたちを見ていて、童謡や唱歌を知らない子が増えているように感じ、知ってほしいという気持ちを書きました。最近は保育園や学校でも歌わないんでしょうか。まずはお家でいっぱい歌ってもらうことかなと思います。
2019.09.24
教室運営

子育て中のピアノ教室運営 決めておくべき緊急時対応

子育てをしながら個人で仕事をする場合に考えておくべきことを、ピアノ教室運営の立場からまとめてみました。子育てと仕事の両立はどんな仕事であれ大変です!社会的なサポートがもう少し充実するといいなと思っています。
2019.09.14
私の考え

その「自己肯定感」間違ってない?本来の意味と音楽でできること

その自己肯定感の意味間違ってない?と思うことが時々あり、自分なりの考えをまとめてみました。そして、音楽やピアノレッスンでできることを考えました。音楽のもつ特性が自己肯定感を育むことにつながるのではないかと思います。
2019.09.20
私の考え

ピアノを辞める・・その理由は?習い事を辞める決断をする前に考えてほしいこと

ピアノなどの習い事を辞めるときの理由は様々です。実際の辞めた理由を紹介しながら「辞める」ということを考えてみました。ピアノ(習い事)に興味がなくなったということ以外に理由があるのなら続けられる方法を相談してみてほしいと思っています。
2019.09.18
私の考え

子育てにもっと歌を!「歌いかけ」の効果を考えてみた「読み聞かせ」と同じだよ 

子育てに音楽を取り入れたいと考えるのなら、普段から歌をたくさん歌ってあげることだと思います。読み聞かせと歌いかけは、同じような効果のあることだと考えています。赤ちゃんの頃からぜひたくさん歌を!
2019.09.25
私の考え

習い事の場所は重要!長く続けるためにはできるだけ近所で  

子どもの習い事を決める時の条件として、場所はとても重要だと思います。子どもの足で通うことのできる場所。つまり自宅の近所が最も良いと思います。継続してこそ成果が表れる習い事。長く続けていくためには、通いやすい場所を選ぶことが大切です。
2019.09.20
私の考え

ピアノを始めるのに最適な年齢は?小学生になっていても遅くない!

子どもの習い事の王道ともいわれるピアノ。でも、習い始めるにふさわしい年齢は何歳?という疑問を持つ人は多いでしょう。私は、小学校入学の頃と考えています。つまり、小学生になっていてもぜんぜん遅くない!ということです。
2019.09.20
その他

ピアノを習う意味って?上達が目的じゃない⁉レッスンに来る子どもたちの本音とは

ピアノ教室に通う子どもたちの中に、「ピアノが上手になる」こととは違う目的で来ている子がいます。何を求めてレッスンに来るのか、それをピアノの先生としてどう受け止めるのか、を考えてみました。音楽は好きな子ばかりなので、柔軟に関わっていきたいと思っています。
2019.09.11
私の考え

子どものピアノの練習、親の役割とは・・ピアノの先生としてお願いしたいこと

ピアノの練習、する子はしますがしない子はしない‥というのが現状です。ピアノ講師として、親御さんにどうかかわってほしいのか、私の考えをまとめてみました。練習につきっきりになる必要はありませんが、何をしているのかは耳を傾けてほしいですね。
2019.09.19
発達障害のある子

発達障害の我が子をピアノ教室へ通わせる良さ 親御さんの言葉より

音楽療法とピアノ教室を行っていますが発達障害を持つ子が複数ピアノ教室の方に来ています。なぜピアノをと考えたのか。親御さんが語った「ピアノを習うことの良さ」についてまとめました。ピアノへの思いは障碍を持っていても持っていなくても同じですね。
2018.07.27
タイトルとURLをコピーしました