ピアノ導入教材の紹介

各記事でご紹介したピアノ導入教材を、ここでまとめて紹介します。

一昔前は『バイエル』一辺倒だった導入教材ですが、今は本当にたくさんありますね。

実際にレッスンで使っているもの、使ってはいないけれど、よさそうだな、機会があれば使いたいな、と思っているものばかりです。

内容をできるだけ詳しくまとめたつもりです。

テキスト選びの参考にしていただければとてもうれしいです。

子ども向け導入教材

⇩もっとも好んで使っている教材です。

超有名ピアノ教材『ピアノランド』ってどんな内容?
ピアノ導入期教材『ピアノランド』の①②③の内容を詳しくまとめてみました。レッスンでよく使っているこの教材。曲がとってもいいんです!

⇩子どもたちはこれが好き!

子どもに一番人気!『ピアノひけるよ!ジュニア』魅力は知ってる曲を弾けること
『ピアノひけるよ!ジュニア』①~③について掲載曲や出てくる音域、音符などについて各巻ごとに詳しくまとめました。子どもたちになじみの曲が多く入っていて人気のあるこの教本。知っている曲を弾ける喜びは大きいんだなと感じます。

⇩長く使い続けられている教材。こちらもよく使っています。

誕生から60年!『オルガン・ピアノの本』詳しく紹介 定番人気の老舗ピアノ教材 
『オルガン・ピアノの本』1巻の内容を詳しくまとめました。新版が出てさらに分かりやすく使いやすくなりました。音域広めで両手奏があるので、音符がスムーズに読め指の動きもよければ、調に早くから触れるので積極的に使いたいですね。

⇩調性を並行してい学んでいける教材です。

全調メソードの『バスティン ピアノ ベーシックス』全調が出てくる順番は?
全調メソードを謳う『バスティン ピアノ ベーシックス』で全調をどんな順序で学ぶようになっているのかをまとめました。長調を中心にして全調を学ぶという方法になっています。しっかりやればかなり力が付きますね。でも使いこなすのは難しそうです。

⇩イラストが美しいやさしい雰囲気の教材です。

ピアノ教材『ぴあの どりーむ1』明確な指導ポイントと美しいイラストでゆっくり着実に
永田萌さんのイラストが印象的な『ぴあの どりーむ』。著者による「使い方」(指導ポイント)が細かく書かれていて、着実に進歩できるように作られています。楽譜の見た目もすっきりと見やすく集中してピアノへ向かえるのではないでしょうか。

⇩新しく登場したバスティンの教材です。

ピアノ教材『バスティン・オール イン ワン』プリマーAを詳しく紹介 「弾く」も「ワーク」もこれ1冊!
バスティンの新しいピアノ導入テキスト『バスティンオールインワン』のプリマーAを詳しく紹介します。「ひく・よむ・かくを1冊に」という副題で、この1冊で効率よくレッスンが進められそうです。対象が4歳。かなりゆっくりていねいな印象です。

⇩上の続きの教材です。

バスティンの新教材『オール イン ワン』レベル1Aを詳しく紹介 整理されて使いやすくなったよ!
『バスティン・オールインワン』のレベル1Aの紹介です。曲を弾くことと同時にセオリーワークを進めていける、ということが大きな特徴です。基となっている「ベーシックス」と比べて紙面が整理されて見やすくなった、というのが印象です。

⇩世界的に使われている大人気教材。日本初登場です。

『ピアノ・アドヴェンチャー』詳しく紹介!世界的人気テキスト日本語版が順次出版
『はじめてのピアノ・アドヴェンチャー』レッスンブックAの紹介です。4歳~対象という丁寧で楽しいテキストで、小さな子にもイメージしやすい言葉が使われるなどこだわりがいっぱい。楽しみながら自然にピアノに親しめる内容になっています。

⇩大きな子、そして大人の方にもおすすめ。

『トンプソン 現代ピアノ教本①』大きな子や大人の初心者へおすすめ
『トンプソン 現代ピアノ教本』の1巻を紹介します。一つ一つ丁寧に積み上げていくような形で基礎がしっかり身につきピアノ導入教本としてとても良いものだと思います。ただ小さな子向けではないですね。大きな子や大人の方にお勧めします。

⇩上の教材の小さな子用です。

『トンプソンはじめてのピアノ教本』紹介 音符の読み書き重点!トンプソンの小さな子向け導入教材
『トンプソン現代ピアノ教本』の小さい子向け『はじめてのピアノ教本』を紹介します。ワークを同時に進められるのが大きな特長です。第1巻は特に音符を読んで書くことを繰り返しスムーズに読めるようになることを目指した教本です。

⇩子ども向け教材5冊を比較してみました。

ピアノ導入期教材5冊を比較【子ども向け編】
多くのピアノ導入教材から『ピアノランド』『ピアノひけるよ!ジュニア』『ぴあのどりーむ』『バスティン ヤングビギナー』『オルガン・ピアノの本』の5冊の「音域」「リズム」「曲の長さ」について比較しました。それぞれの特徴を見極めて使いたいですね。

大人向け導入教材

⇩進み方がゆっくりでわかりやすい。

大人の超初心者へおすすめ『シニア・ピアノ教本』 ホントに弾ける・・?と心配な人へ
ピアノを始めたいけれど本当に弾ける?と心配な大人の初心者の方へお勧めの教本です。大人初心者のことをよく考えて作られていると思います。他の教本と比べてもお値段安め!はじめの1冊として、まずこれからやってみてはいかがでしょう。

⇩少し経験のある方向けかな。調性の勉強もできます。

ブランクの長いピアノ経験者へおすすめ楽譜『おとなのためのピアノ教本』
「昔ピアノ経験をちょっとやっていた」などブランクのある経験者向けのピアノ導入教本の紹介です。初心者向けとしてはちょっと難易度高めです。調性やコードについてもしっかり学んでいける内容で技術だけではなく知識も身につけたい人におすすめです。

⇩上にの2冊を比較してみました。

何が違う?『おとなのためのピアノ教本』&『シニア・ピアノ教本』を比較
『おとなのためのピアノ教本』とそれの簡単版『シニア・ピアノ教本』のどこがどう違うのかをまとめました。到達点は同じですが、進み方はかなり違います。やっぱり難しめの『おとなのためのピアノ教本』という印象です。

⇩少し弾ける方向けかな。入門編ですが。

ピアノ初心者だけどわりと指が動く人向け?『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』
『大人のためのピアノ悠々塾』入門編のご紹介。ピアノ初心者向けだけれど初めから両手5指を使うので指を動かすことに慣れた人向けかなと思います。音符やリズム、楽譜などについて図や表できっちりまとめられていて分かりやすいですね。

⇩入門編より左手が複雑です。

ちょっと弾ける初心者向け『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』
『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』の紹介。『入門編』との違いもまとめました。全く初めてでは難しいですが、ちょっとでも弾けるのならこちらからスタートしてよいのではないかと思います。

⇩ピアノ経験は必須です。

ピアノ経験は必須です!『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』
『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』の紹介です。「少し経験のある」という副題で過去のピアノ経験は必須です。「戦場のメリークリスマス」など大人が弾きたい有名曲満載で、1曲が長くアレンジもよく、弾き応えある内容になっています。

今後も紹介したい教本があれば随時更新していきます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました