曲集

曲集

初心者向けピアノ楽譜『おとなのための初級ピアノ曲集』連弾から独奏へ少しずつステップアップ!

先生や弾ける人に伴奏を担当してもらうことから始まる初心者向けの曲集です。連弾→独奏と一歩ずつ進んでいく感じです。最終的にはバイエル後半程度の難易度になります。連弾が多いので独学より先生に就いている人向け。独奏曲も18曲掲載されています。
2019.06.20
曲集

おすすめピアノ楽譜『ピアノでクラシック名曲を』有名クラシック曲のアレンジ ちょっと弾けるクラシック好きな大人の方へ

ブルグミュラーくらいの難易度のクラシック曲ピアノアレンジ楽譜です。バロックから近・現代までの有名クラシック曲満載の全57曲。全くの初心者の方は難しいですが、少し弾けるというクラシック好きの方にはピッタリの曲集ではないでしょうか。
2019.06.20
曲集

ピアノ初心者おすすめ楽譜『おとなのためのピアノ曲集〈クラシック編1〉』クラシック曲好きならこの1冊!

『おとなのためのピアノ曲集〈クラシック編1〉』を詳しくご紹介します。初心者からブルグミュラー程度までの難易度で、すべてクラシック曲の簡単アレンジです。特に後半は弾き応え聴き応えとも十分なアレンジです。クラシック好きな方にぜひおすすめします。
2019.06.20
曲集

初級者向けおすすめ楽譜『ピアノ小曲集1』出版60年のロングセラー!ブルグミュラーと共に

60年以上前からあり長く使い続けられている『ピアノ小品集』1をご紹介します。バイエル後半からブルグミュラーくらいの難易度で定番曲も多く全20曲と使いやすいサイズだと思います。シューマンの曲が6曲とシューマン好きには特におすすめ。ぜひ参考に。
2019.06.18
曲集

初心者向けおすすめピアノ楽譜『音楽表現練習へのピアノ小曲集1』ロングセラーの定番曲集

40年以上前から(もしかすると60年?)長く長く使い続けられてきた曲集です。「バイエル併用」という位置づけで導入期からブルグミュラーへ入るころまで使えます。安心して使えそうな定番曲ばかり。発表会の選曲にもよさそうです。私自身も子どものころ使っていました。
2019.06.18
曲集

おすすめピアノ楽譜『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』バイエルの次はレッスンも発表会もこれ1冊でOK

バイエル終了程度からブルグミュラー終了程度までの曲集です。全57曲で4期の曲がほぼまんべんなく掲載されていています。定番曲も多く、長く使えるのではないかと思います。バイエル終了後はレッスンも発表会もこれ1冊でも大丈夫と思っています。
2019.06.07
曲集

【ピアノ楽譜比較】バイエル終了程度の併用曲集3冊を比べてみた 曲目は?見やすいのはどれ?

バイエル終了程度の難易度のピアノ併用曲集3冊を比較しました。収録曲や曲の傾向、楽譜の見やすさなどを比べました。曲目が重なっているものもありますがそれぞれ違った特長があります。参考にしていただければと思います。
2019.06.14
曲集

初級者向けおすすめピアノ楽譜『野うさぎのラグタイム』全曲ジャズスタイル!ノリノリの1冊

ブルグミュラー以降くらいの初級者むけで全曲ジャズスタイルの曲集です。ブギ、ブルース、ビッグバンド、ラグタイムなど様々な曲が入っています。『黒猫のおしゃべり』と同じアメリカの作曲家エリック・バウムガートナーの作品集です。ジャズっぽい曲を弾いてみたい人にぜひおすすめ。
2019.06.18
曲集

初心者向けピアノ楽譜『ギロック ベスト レベル1』ギロックと”仲間たち”のベスト作品集

数あるギロック作品から人気曲を集めたベスト版の楽譜です。”仲間たち”の作品も収められています。ベスト版だけあっていい曲ばかり。お得感のある全23曲です。
2019.06.12
曲集

4期を1冊にまとめたピアノ楽譜6冊の紹介 作曲者や難易度、曲数なども詳しく

ピアノレッスンでは「4期」それぞれの時代の曲を弾くことが主流になってきているようです。そこで「4期」を意識した曲集6冊を紹介します。難易度を明確にしてシリーズ化したものとそうでないものに分けています。
2019.06.07
曲集

ピアノ初心者おすすめ楽譜『おとなのためのピアノ曲集ポピュラー編1』アレンジがステキ!でもちょっと難しい

『おとなのためのピアノ教本』の併用曲集です。民謡、映画音楽、往年のヒット曲などいろいろな有名曲が入っていてアレンジもいい感じ。でもちょっと難しめですね。少し弾ける人は1冊あると楽しめるのではないかと思います。
2019.06.07
曲集

ピアノ初心者向けおすすめ楽譜『バイエル併用 ポピュラー・ピアノ曲集』家族みんなで楽しめる曲集

ピアノ初心者向けの曲集をご紹介します。映画音楽などの有名曲満載でジブリやディズニーの曲もあり。ピアノ好き家族がみんなで楽しめる1冊になっているのではと思います。レッスンでも、発表会でも、いろいろな場面で使えますね。
2019.07.24
タイトルとURLをコピーしました