生徒の様子

その他

ピアノ導入教材『ピアノひけるよ!ジュニア1』を終えるまでの期間って?

『ピアノひけるよ!ジュニア1』を終えるまでの期間についてまとめました。毎週レッスンなら約3か月、月2回レッスンなら約6か月といったところ。テキストを終える期間は様々な状況によって変わるので、あくまでも一つの例として参考になればと思います。
2019.09.11
その他

ピアノ導入教材『ピアノランド①』を終えるまでの期間って?

『ピアノランド①』を終えるまでの期間をまとめました。自分の教室の事例では毎週レッスンで6か月、隔週レッスンで1年というところです。テキストを終えるまでの期間はいろいろな状況に左右されます。あくまで目安として参考にしていただければと思います。
2019.09.11
その他

ピアノレッスンで合唱⁉合唱大好きな生徒たちへ合唱曲を使いたい

レッスンに来ている子どもたちに合唱好きな子が多いので『合唱曲集』を買ってしまいました。ピアノのレッスンの中でどう使おうかまだ悩み中ですが、うまく取り入れていきたいと思っています。
2019.09.12
発達障害のある子

発達障害のある子のピアノレッスン 子どもたちの実際の様子と指導者の心構え

発達障害を持つ子の実際のレッスンでの様子と関わり方として大切にしていることをまとめました。「障害児」と一括りにせずそれぞれの子の様子とじっくり向き合い長い視点を持ってレッスンを進めることが大切だと考えています。
2018.06.19
その他

ピアノ教室で熱中症⁉猛暑の中徒歩や自転車で通う生徒に教室でできること

真夏の炎天下を徒歩や自転車でレッスンに来る子は熱中症になる可能性があります。教室で対応できることは限られますが、知識を頭に入れておく必要があるなと思いました。
2019.09.12
その他

ピアノのレッスン楽しい?生徒の本音が知りたい!レッスン内容アンケートを取ってみた

ピアノのレッスンに通う子どもたちの思いを知りたくて、アンケートを取りました。そこから分かったこと、考えたことをまとめました。アンケートに記入をしてもらうことで、生徒たち自身が積極的な気持ちでレッスンに臨めるようになることを願っています。
2019.09.11
その他

ピアノ演奏「楽譜通り弾ければ終わり」じゃない!でも「表現」をするのは難しい?

小学生くらいの子は物事を「できた」「できない」で判断しがち。ピアノ演奏も間違えないように「弾けた」「弾けない」で判断しがち。その辺りを発達心理学の視点も入れて考えてみました。そうじゃないんだよということをどう伝えるか、悩みながらレッスンをしています。
2019.09.12
発達障害のある子

発達障害のある子のピアノレッスン過度な集中に注意!適度な息抜きで程よい集中を

発達障害の特性として集中しづらいということがありますが、逆に集中しすぎてしまうということもあります。ピアノのレッスンでのそうした様子についてまとめました。見極めるのは難しいですが、注意して関わり、適度な息抜きを入れることが大切だと思います。
2019.08.06
その他

ピアノでの部分練習ができない⁉「間違えたら始めから弾きなおす」なぜ起きる?どうすればいい?

曲のレッスンで、途中で間違えるとその部分を練習するのではなく、必ず最初から弾き始める子がいます。小さな子に起きがちなため、曲をちゃんと知らないのに途中から弾けない!ということではないかと思います。意識的に曲を知ってもらうことが大事だと考えています。
2019.09.12
発達障害のある子

発達障害のある子のピアノレッスン 学校行事がレッスンに影響!?特に2学期が要注意

発達障害のある子は日常生活の変化に敏感で、気持ちが不安定になることがあります。ピアノのレッスンに大きく影響することもあります。そんな時レッスンをどう行うかをまとめました。他の学期より長い2学期は、特に注意が必要だと考えています。
2019.08.07
中学生のレッスン

中学生になったらピアノのレッスンどうしたい?ピアノの先生に要望をしよう!

ピアノを辞める時期で1番多いのは、中学入学だといわれます。もし、レッスンを受けている本人がピアノを続けたいと言っているのなら、指導者にレッスン内容の要望を出し、続けられる方法を模索してほしいと思っています。
2019.09.12
中学生のレッスン

ピアノ教室やめたくない!忙しい中学生活でも両立のために大切にしていること

中学校は生活リズムなどが小学校時代と大きく変わります。レッスン内容を大幅に見直して「練習しなくてよい」とした例を紹介しつつピアノを辞めるのではなく両立をさせるために行っていることをまとめました。でも結局は本人の「ピアノを続けたい」という強い意志が1番大切です。
2019.09.12
タイトルとURLをコピーしました