大人向けピアノテキスト『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』から7(+1)曲選んで弾いてみました

ピアノ導入教材

大人向けピアノ教材『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』。今回は、その中から7曲を選んで弾いてみました。

全部で18曲。全体からあまり偏らないように選びました。

『基礎編』の難易度を知りたい方の参考になれば。

関連記事『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』の楽譜をこちらで詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

「四季より『春』」

まずは、1番最初の曲、ヴィヴァルディ作曲の「四季」より「春」です。

右手メロディー左手伴奏の両手奏ですが、左手は全音符が多いです。

メロディー担当の右手も、動きはありますが、音域はドレミファソラの6音。5指固定では弾けませんが、それほど難しくはないですね。

四季より「春」(『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』より)

アウフタクトの曲であること、強弱をつけること、左に出てくる♯に注意することが「point」としてまとめられています。

「埴生の宿」

次は、4曲目に掲載の「埴生の宿」です。

左を和音(ドソ、シソの重音)で弾くことになるのが1つのポイントですね。でもほとんど全音符です。

埴生の宿(『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』より)

「point」として解説されているのは、「和音の弾き方」と「アウフタクトの曲」という2点です。

和音の弾き方については、「メロディーの音より大きくならないように」ということ。

もう1点は、「アウフタクトで始まる音からフレーズを意識して弾き、付点4分音符+8分音符のリズムで、8分音符を短く切らないように」ということです。

 

スポンサーリンク

 

「マイ・ボニー」

次は「マイ・ボニー」。7曲目です。

左の伴奏が、分散和音になっています。

そのため、左右どちらも結構動くことになります。少しずつ難易度上がっていますね。

マイ・ボニー(『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』より)

「point」は、やはり左の分散和音ですね。和音を弾いて確認してから分散和音で弾くようになっています。

「メロディーよりも音が大きくならないように」と「One Point Advice」として書かれています。

ちなみに、左伴奏部分は以下のように進みます。

  1. 上に挙げた「埴生の宿」・・ドソ、シソという5度と6度の和音
  2. 「アニー・ローリー」・・ドミやドファなど3度や4度の和音
  3. 「きよしこの夜」・・ドミソやドファラなどの3和音

 

そして、この「マイ・ボニー」で分散和音になります。

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン~タイタニック・愛のテーマ」

10曲目にある「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」です。映画「タイタニック」のエンディングテーマですね。

ペダルを使うことが、大きな特徴になりますね。

マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン~タイタニック愛のテーマ(『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編より)

「point」としてまとめられているのは、音が濁らないようにペダルを踏むこと、左手がオクターブにわたる分散和音になっていること、アルペジオ記号(和音左側の波線)についての3点です。

ペダルの初登場は、前曲の「ムーン・リバー」ですね。

「プレリュードop.28-7」

12曲目に掲載されている、ショパン作曲「プレリュードop.28-7」です。

楽譜4段。短くまとめられています。

プレリュードop.28-7(『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』より)

右のメロディー、タッカタンタン(付点8分+16分+4分+4分)の部分の指くぐりが「point」の1つになっています。

後は、メロディーに加線のある高い音が出てくることなどですね。

 

スポンサーリンク

 

「私のお気に入り」

14曲目、「私のお気に入り」です。映画「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入歌ですね。

『基礎編』の中で最も長く、楽譜は3ページ半にわたっています。

私のお気に入り(『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』より)

「point」となっているのは、3拍子をよく感じること、5小節にわたる長いクレッシェンドがあること、黒鍵を含む3和音の全音符での移動があること、の3つです。

「エリーゼのために」

『基礎編』最後の曲、「エリーゼのために」です。言わずと知れた、ベートーベン作曲の名曲ですね。

有名な冒頭部分のみになっています。

エリーゼのために(ベートーベン)『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』より

最後の曲というのもあって、他の曲よりだいぶ複雑ですね。

「point」となっているのは、左手の音域の広い分散和音に注意すること、「ミミミ」と1オクターブずつ移動する部分の弾き方、です。

*この動画は、こちら↓の記事の参考動画です。

参考記事「【ピアノ初心者向け】「エリーゼのために」簡単アレンジ楽譜の紹介」

おまけ

別の機会に録画した、こちらも紹介します。

11曲目、リスト作曲「愛の夢」です。

愛の夢(リスト)(大人のためのピアノ悠々塾 基礎編)より

こちら↓の記事の参考動画として撮ったものです。

参考記事「【ピアノ初心者向け】リスト「愛の夢」の簡単アレンジ楽譜の紹介」

まとめ 弾けると楽しい曲ばかり

『入門編』と比べると、だいぶアレンジも複雑で、弾けると楽しいうれしい曲になっているのではないでしょうか。

本書の「はじめに」の言葉を紹介しておこうと思います。

基礎編では、入門編に引き続き、音楽用語や音楽知識も取り入れながら進めていきます。指のトレーニングなども積極的に取り入れてください。レパートリーのメロディーも少し細かくなり、左手の動きも押さえる音も多くなってきます。音楽をより美しく表現するための音の動きや、よりよく響かせるための和音(コード)の導入など、より音楽的に発展させられる要素が多くなっています。

しかし、基本は音楽を心から楽しむことです。ゆっくり焦らずに挑戦していただきたいと思います。

引用:『大人のためのピアノ悠々塾 基礎編』「はじめに」より

楽譜選びの参考になればと思います。

CD付きもあります。こちら↓は付いていないものです。

 

 

参考記事

『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』の楽譜紹介記事はこちら。

おすすめ初心者ピアノ教材『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』指が動く人向け?
『大人のためのピアノ悠々塾』入門編のご紹介。初心者向けだけれど初めから両手5指を使うので指を動かすことに慣れた人向けかなと思います。音符やリズム、楽譜などについて図や表できっちりまとめられていて分かりやすいですね。

『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』の演奏動画はこちら。

大人向けピアノテキスト『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』から7曲選んで弾いてみました
大人向けピアノ導入教材『大人のためのピアノ悠々塾 入門編』の掲載曲を弾いてみました。最初と最後の曲、その間をほぼ均等に5曲の合わせて7曲を弾いています。どのくらいの難易度なのか実際に聴いてもらうとわかりやすいのではないかと思います。参考にどうぞ。

『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』の楽譜紹介記事はこちら。

おすすめピアノ教材『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』ピアノ経験は必須です!
『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』の紹介です。「入門」「基礎」に続く3段階目で最も難易度が高いですね。副題に「少し経験のある」とあるように過去のピアノ経験は必須かなと思います。でも1曲が長くアレンジもよく、弾き応えある内容になっています。

『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』の演奏動画はこちら。

大人向けピアノテキスト『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』から7曲選んで弾いてみました
『大人のためのピアノ悠々塾 初級編』掲載の曲を7曲演奏してみました。初級編の難易度を知りたい方の参考になればと思います。1曲が長くなり、やっぱり少し難しめですね。ここまで弾ければ演奏できる曲の幅はとても広がりますね。いろいろな曲を楽しめると思います。

 

 

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました