ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

ピアノを弾くときには爪を短くしなければいけない3つの理由

ピアノの練習について
スポンサーリンク

日々のレッスンで、爪が長い状態の子をちょくちょく見ます。

本人たちは何の不便も感じていないようですが、実は、爪が長いとピアノはきちんと弾けません。

それはなぜか、まとめてみました。

 

爪が長いとピアノは弾けない!

ピアノを弾くときは爪を短くしなければいけない、ということは、おそらく誰もが知っていることだと思います。

指先を使うのだから、爪は邪魔になる、ということはすぐに想像できるでしょう。

でも、ピアノを始めたばかりの子どもたちは、なかなか実感はできないようです。

実際、導入のころは爪が長くても、本人はさほど気にならないのだろうと思います。

でも、ピアノは爪が長い状態ではきちんと弾くことができません。爪を切ることは、ピアノを弾く上でとっても重要なことです。

爪を短くしなければいけない3つの理由

爪を短くしなければいけない理由。私が考えるに3つあります。

  • 爪が鍵盤に当たる音がする
  • 弾くときに滑る
  • 鍵盤の隙間に挟まる

1つは、弾いた時にカチカチと爪が鍵盤に当たる音がするということ。

ピアノ以外の音が聞こえてしまうということは、やはり音楽を聴いてもらう上ではマイナスですよね。

音楽をちゃんと聴こうと思ったら、このカチカチ音はかなり耳障りです。

というか、耳障りだと感じるような聴き方をしてほしいですね。子どもたちだと「それが?」と言われそうな気も・・

2つ目は、弾くときに滑るということです。

速く弾くときなど、鍵盤の上で滑ることがあります。それはとっても弾きにくい状態ですし、違う音を弾いてしまうことにもつながります。

黒鍵を弾くときなど、滑って白鍵の上に指が落ちてしまったり。そして、鳴るべきではない音が鳴ってしまう。

こんなミスタッチは、絶対に避けたいものです。

そして、3つ目は鍵盤と鍵盤の間の隙間に爪が挟まる、ということです。

これもミスタッチにつながることですが、なにより痛い!

爪が割れたりすることもあり、危険です。

 

この3つが、ピアノを弾くときには爪を短くしなければいけない理由です。

爪が長い、それだけのせいで、弾けるものも弾けなくなってしまう、ということです。

それは、ピアノを弾きたいと思うのならとても悲しいことですよね。

ピアノを弾く指の形にも悪影響

爪が長いことの弊害として、もう一つ。ピアノを弾く際の指の形が整わない、ということも挙げられます。

上に、カチカチと爪の当たる音がするから、という理由を挙げました。

それなら、爪の音がしない弾き方をすればいいんじゃないかと思うかもしれません。

ピアノは、音を出すときの腕、手、指の微妙な動きで、繊細に音色を弾き分けます。

でも、爪の音を出さないように弾こうとすると、指を伸ばして弾くことになります。

それは、指の関節がつぶれた状態になり、腕から指先にかけてのコントロールがしにくくなり、様々な音色を弾き分けるということができなくなります。

ピアノを弾くときは手を少し丸める、ということも誰もが知っていることでしょう。

この形で弾こうとすれば、爪が長いとどうしても当たってしまうのです。

なので、切らなければいけないんですよね。

 

始めたばかりの時期から対応が必要

爪が長いとピアノを弾く手の形が悪くなる。

そういう意味では、早いうちからきちんと対応することが必要ですね。

上にも書きましたが、初期のころは指を速く動かすようなこともないので、滑ったり挟まったりすることもほとんどありません。

でも、カチカチ音は多少しますし、爪を避けて弾くことで指の関節はつぶれます。

ついつい伝え忘れてしまうことがあるのですが、口酸っぱく言う、というつもりで臨まないといけないですね。

コメント