ピアノで楽譜を見ながら弾けない・・弾ける人と弾けない人の違いって?

ピアノの弾き方・練習法

ピアノのレッスンを受けていると、「手元を見ないで楽譜を見ながら弾きましょう」と、先生に言われることがあるのではないでしょうか。

私も一応小さなピアノ教室の先生ですが、やっぱり言います。

でも、これ、できる人とできない人がいるんですよね。

レッスンで見ていても、わりと簡単にやっちゃう子もいれば、なかなかできない子も・・

この違いは何なんだろう・・と思い、考えてみました。

始めに言ってしまいますが・・

ピアノは楽譜を見ながら弾けた方が断然いいです!

ぜひできるようになってください。

スポンサーリンク

ピアノを楽譜を見ながら弾ける子、弾けない子

日々のレッスンで子どもたちを見ていると、ひたすら手元(鍵盤)を見て弾いている子、います。覚えて弾こうとしているんですよね。

でも、分からない部分もある。すると、探り弾きをして音を探す。

で、私は言います。

答えはここ(楽譜)に全部書いてあるんだよ。

そう!楽譜にすべて書いてあるんです!覚える必要はないんです!

暗譜は、何度も弾くうちだんだんできるようになればいい。始めからする必要はありません。

でも、覚えて弾こうとしている子たち、別に「暗譜しなきゃ」と思って弾いているわけではないですよね。

手元を見ないと弾けない。そういうことですよね。それも分かってる。

一方で、初めての曲を、楽譜を見ながら同時に弾いていく子もいます。

全く手元を見ないわけではないですが、視線は基本的に楽譜に向いています。もちろん、スラスラ弾いていくわけではないですが。

「楽譜を見て弾く」そのうちできる、というものではない

上に挙げた楽譜を見ながら弾ける子、レッスンを始めてそれほど長くなく、こちらから「楽譜を見て弾こうね」など言っていないですが、できます。

本人は、おそらく「先生が弾いてみてって言うから、弾いてみた」くらいの感じだと思います。

逆に、何年かピアノを続けてきて決して初心者じゃないけれど、手元を見ながら弾く子もいます。

う~ん・・私の指導の仕方もあったと思うけど・・

大人の、やはり初心者じゃない方で「楽譜を見ながら弾けないんです~」という人もいますね。

こうしてみていると、「楽譜を見ながら弾く」というのは、ピアノを弾けるようになるに連れて、そのうちできるようになる、というものではないようですね。

 

スポンサーリンク

 

楽譜を見ながら弾ける人はどういう風に弾いている?

私自身は、楽譜を見ながら弾くことはできます。(一応先生なんで、出来なきゃまずいだろう‥と思いますが)

自分はいったいどういう風に弾いているんだろう・・ということ、そして、レッスンでの様子や書籍を引用するなどしてまとめてみます。

楽譜を”音の流れで”スラスラと読んでいける

やっぱり、楽譜の音をスラスラと読んでいける必要はあると思います。

”音”を認識しないと、鍵盤のどこを鳴らしていいのかわからないですもんね。

「音を読んでいける」ということは、ただ音符の羅列を1個1個読んでいくのではなく、音の流れで読んでいくということです。

これ、とっても重要だと思います。

次の音は上がっているのか下がっているのか、はたまたおんなじ音なのか。1個飛んでいるのか、すぐ隣りなのか・・

⇩矢印のような音の流れ、ということです。引用:『オルガン・ピアノの本1』より

そのことも同時に認識する必要があります。

レッスンを始めてまもない子が、楽譜を見ながら弾けちゃう、というのは、これができているかどうかが大きいように思います。

ぶっちゃけ、音を読めなくても弾けちゃうんです!始めの音だけわかれば、それを基準に上がるのか、下がるのか、で弾いていけるんですね。

なので、弾けていても音を1個1個読んでもらいます。弾けるからといって読めるとは限らないんですよね。

こんな感じで、音を読めなくても弾けちゃったりもするわけですが、音は読めた方がやっぱりいいです!当たり前ですが。

レッスンが進んでもっと難しい曲を弾くようになると、音の動きが大きくなってくるので、流れを見るだけでは正確な音を把握できなってしまいます。

上がるのは分かるけど、何の音?になってしまうということですね。

関連記事楽譜を読めるようになる方法をこちらの記事にまとめています。

楽譜が読めるようになるための基本と3つの実践法「読む・歌う・書く」
音符をスムーズに読めるようになるための練習法を3つにまとめました。ワークなどを使わず音域の狭い楽譜(導入期教材など)をいろいろな方法(読んだり歌ったり書いたり)で繰り返し読むことだと思います。少しずつ地道な練習が必要ですね。

楽譜と鍵盤の位置関係が分かっている

もう一つ重要なこと。それは、楽譜の音と対応する鍵盤の位置が分かっている、ことです。

上に、「音符の横の流れを把握することが大事」ということを書きましたが、それが鍵盤のどこの音になるのかが分かっていないと、やっぱり弾けません。

先ほどのこの画像。始めの3つの音(レミファ)は右上へあがっています。鍵盤も右側の方の音を弾きますね。

次の3つの音(ソミド)は右下へ下がっています。鍵盤の位置は、左の方の音を弾くことになりますよね。

そういう位置関係です。

時々レッスンで遭遇するのは、

「次の音はソだ!」と音の認識はできた。でも、楽譜とは全く違うソの音を弾いてしまう。

ということ。

楽譜の音は上へがっているのに、下の方の音を弾いてしまったり。

「え~~?!」って思うんですが、これ、楽譜の音の流れと鍵盤の位置を結びつけて考えていないんですね。「音の場所」としては間違っていなんだけど。

とにかく音を必死で読み、”流れ”として見ていない。そして、音だけで鍵盤をとらえてしまう。

音の流れと鍵盤の位置とを、常にセットで考えるようにしていかなくてはいけませんね。

 

スポンサーリンク

 

認識した音にふさわしい指が対応できる

「楽譜を見ながら弾く」ためには、指の動きも重要です。

音は分かったし鍵盤の位置も分かった。指はなんでもいいんだよね。

では、結局弾けません。

そもそも、とにかく音を出す、ということだけで弾いていると、スムーズに次々弾いていくことは出来ないですよね。

楽譜を見ながら同時に弾いていくためには、「この音の流れにはこの指の順番で弾く」ということが、サッと判断できなければいけません。

ピアニストの様々な演奏能力を脳の働きから解説した『ピアニストの脳を科学する~超絶技巧のメカニズム~』に、以下のような記述があります。

トレーニングを受けて、音のピッチ(高さ)と対応したピアノの鍵盤を正しく押さえられるようになると、上頭頂小葉という脳部位の活動が強くなることが分かりました。これは頭の頂点にやや後ろ側にある脳部位で、目から入った情報の中でも特に、空間に関する情報を動きに変換するときに働く部位として知られています。

引用:『ピアニストの脳を科学する~超絶技巧のメカニズム~』p.91~92

そして、上頭頂小葉の大きさは、「音楽家ではない一般の人<アマチュアの音楽家<プロの音楽家」ということも分かっているそうです。

また、ピアニストは、指番号を示されただけでその指で弾くべき音がイメージされてしまう、ということも実験の結果わかっているそうです。(引用:同書p.94)

楽譜の音に全く対応していない指番号が書かれていると、少々混乱してしまうということです。

楽譜を読む能力のある人は、楽譜を見ているだけで体を動かす脳の回路が働く、ということも分かっているそうです。(引用:同書p.95)

関連記事引用した『ピアニストの脳を科学する』をこちらで紹介しています。

つまり、音の流れに合った指使いで弾くことは、楽譜を見るだけで自動的に指が動くようになる、ということに結びつく、ということですね。

ピアノは、「この音形にはこの指使い」ということがある程度決まっています。指の長さなど手の形から判断される”自然な指使い”ということです。

それを考えながら弾くことは、とても大事だということですね。

関連記事指使いについてこちらの記事にまとめています。

 

スポンサーリンク

 

ピアノを楽譜を見ながら弾けるようになるためには・・

楽譜を見ながら弾ける人はどのように弾いているのか・・自分のこと、レッスンでの様子、書籍から考えてみました。

では、楽譜を見ながら弾けるようになるにはどうすればいいでしょう。

まずは・・

指1本に音1つ担当制で弾ける曲(ドレミファソの5つの音しか出てこないような曲など)、あるいは曲の一部を用意し、

以下の2つのことを常に意識して

練習してみてはいかがでしょう。

音の流れを意識し歌ってみる

まずは、楽譜に書かれている音の流れ、つまり、音の高低をしっかりと意識することが必要だと思います。

楽譜に音名を書き入れ、手元を見ながらでいいので、弾いて音を確認し、音が分かったら、音符をなぞりながら歌ってみる。

歌うと、自分の喉で音程を調整することになるので、音がどの程度上下するのか、つかみやすいのではないかと思います。

歌ったら、また弾いてみます。

弾いたり、歌ったり、弾きながら歌ったり、音符をなぞりながら歌ったり・・

いろいろなパターンでやってみるといいのではないでしょうか。

指使いに注意して

上に、用意する楽譜は「1本1音担当性」と書きましたが、そのような曲を使うと、指使いがおのずと決まってきます。

その指をきちんと守って弾く、ということを徹底してやることが大事だと思います。

子ども用のピアノ導入テキストは、そうした形から始まるのがほとんどです。その際、始めに弾くべき鍵盤の場所に5本の指をきちんと置いてから弾き始めるようにします。

弾いているうちに場所がずれてしまうことはよくありますが、そうなると、「指はなんでもいい、とにかく音を出す」になりがちです。

そうすると、”自然な指使い”が身につかないんですよね。

指の場所がずれたら、その都度直す、をきちんと行います。

関連記事指使いについてこちらの記事にまとめています。

 

スポンサーリンク

 

番外編:とにかく弾いてみる

あんまり難しいことを考えず、「とにかく弾いてみる」というのも、荒っぽいやり方かもしれませんが、いい練習ではないかと思います。

上に書いた「1本1音担当制」で弾ける短い曲を用意し、いきなり「楽譜を読みながら弾く」をしてみるということです。

実はレッスンでは時々やっています。

新しい曲に入ったら、音を読んでみたりせず、弾くべき鍵盤の場所に手を置くことだけをして、「ちょっと弾いてみて」と言って弾いてもらいます。

そうすると、楽譜を見ながらとにかく弾いていこうとするんですよね。そして、わりと弾けてしまう。

もちろん、全く始めからはしません。同じような曲を数曲弾いてきたうえで新しい曲に入った時に、ということです。

なので、音を読んで、歌って・・ということを何度かしたら、「楽譜を見ながら弾く」ということをどんどんするといいのではないかと思います。

「楽譜を見ながら弾く」を癖にしてしまう、という感じですね。

「楽譜を見ながら弾けない」というのは、手元を見ることが癖になってしまっている、ということもあるように思います。

「楽譜を見ながら弾く」は演奏することの楽しさを得られる

「楽譜を見ながら弾く」というのは、新しい曲も初見である程度弾ける、ということです。

関連記事初見演奏についてこちらの記事にまとめています。

初見で弾ける、ということは、この新しい曲がどんな曲なのか、ある程度はすぐに分かる、ということです。

それは、曲が仕上がるまでにかかる時間を、大幅に減らせることにつながります。

どんな曲なのかが始めからある程度分かるので、どんなふうに弾こうか、つまりどのように表現しようか、ということに取りかかりやすくなります。

「ある程度」「ある程度」としつこいですが、あくまでも「ある程度」です。

音楽を演奏する楽しみは、どんな風に表現しようかと作っていくことではないかと思います。そのことにじっくりと時間をかけられるようになります。

楽譜を見ながら弾けるようになるには、上に書いたようなことに注意しながら、「楽譜を見ながら弾く」を地道に続けるしかないです。

でもその先に、演奏することの本当の楽しさが待っています。

 

関連記事楽譜を読めるようになる方法をこちらの記事にまとめています。

楽譜が読めるようになるための基本と3つの実践法「読む・歌う・書く」
音符をスムーズに読めるようになるための練習法を3つにまとめました。ワークなどを使わず音域の狭い楽譜(導入期教材など)をいろいろな方法(読んだり歌ったり書いたり)で繰り返し読むことだと思います。少しずつ地道な練習が必要ですね。

指使いについてこちらの記事にまとめています。

ピアノを弾くときの指使いは超重要!指使いを身につける練習法は?
指づかいの重要性は分かっているけど、結構大変という方に。まずは書かれている通りに弾き、なぜそうなっているのかを理解し、徐々に自分流に応用させていくという流れがよさそうです。具体的なポイントをまとめてみました。

「楽譜を見ながら弾く」ことは初見演奏に大いに役立ちます

初見演奏には楽譜の先読み!その方法を楽譜の読み方からまとめてみました
楽器の演奏に楽譜の先読みは大事といわれます。初見演奏にも重要なそのコツをまとめてみました。楽譜を文章を読むようにかたまりでとらえられるといいと思います。

「楽譜を見ながら弾く」に大いに関係がある”ブラインドタッチ”についてまとめています。

ピアノの”ブラインドタッチ”できた方が絶対いい!練習法をまとめました
鍵盤を見ないでピアノを弾く、つまり「ピアノのブラインドタッチ」の練習法とできると何がいいのかをまとめました。ピアノを始めたてのころから取り組みたい大事なことですね。いろんな曲を弾いていきたいと考えているのならぜひ身につけたい!。

記事内で引用した『ピアニストの脳を科学する』をこちらで紹介しています。

おすすめ音楽本『ピアニストの脳を科学する~超絶技巧のメカニズム~』ピアノ練習のヒント満載!
なぜピアニストは?ということを脳科学から説明した本です。面白いだけではなく日ごろの練習に生かせるヒントもいっぱい。具体的な研究結果を交えつつ易しい文章で書かれているので読みやすい。ピアノ弾きはもちろんピアノの先生、音楽の先生にぜひ読んでもらいたい1冊です。

⇩記事内で引用した書籍です。

 

このカテゴリーの人気記事

「左右別々」が必要なピアノ 手がつられないように弾く練習法
ピアノ教材『ハノン』の練習法 いつからやる?その効果は?そもそも必要?
ピアノの練習キーボードでもできる?できる事とできない事まとめ
ピアノを弾くときに小指が立つ!立たないようにする練習法
ピアノを弾くときには爪を短くしなければいけない3つの理由

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました