ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

子どものピアノの体験レッスンはこんな内容です

体験レッスンについて
スポンサーリンク

体験レッスンでは、お互いに初対面。お互いに緊張しています。

基本的な内容は決めていますが、あまり型にはめず、柔軟に行うようにしています。

「私ってこんな人です」と知ってもらうことを第一に。

そして、私の側は、「こんな子かなぁ」とちょっと知るために行います。

体験レッスンって何のため?

体験レッスンをする目的は、次のようなことと考えています。

  • 私自身を知ってもらうこと
  • 実際にレッスンに入る前に「どんな子かな」をある程度知っておくこと

第一は、指導者である私のことを知ってもらうことです。

どんな雰囲気の人か、どんな話し方、かかわり方をするのか、など、今後長く付き合っていけるのかを見定める、ということだと思います。

そして、どんな教え方をするのか。

教材の提示の仕方、説明の仕方、などについて確かめたいところだと思います。

私にとっては、就職の面接試験のようなものだと考えています。

一方で、私の側にも目的があります。

それは、今後長くレッスンをしていくことを前提に、「どんな子かな」を知ることです。

ピアノや音楽に対する興味、今の時点でできること、などを事前に知っておきたいと思っています。

そうすることで、実際にレッスンを行うことになった場合、スムーズに進めていくことができます。

限られた時間の中では、すべてを知ることはできません。

それでもある程度知っておくことで、その後が違ってくるのではないかと考えています。

体験レッスンはどんなことをするの?

ピアノのレッスンは、まず「ピアノが弾けるようになる」ことが目的となるので、「体験レッスン」の内容もある程度は決められます。
それでも、年齢が低かったり、障碍を持っていてピアノのレッスンを望まれる場合など、決めた内容通りにいかないことは多くあります。

可能な限りやることとは?

ある程度決められる、その内容とは何かというと・・・
まずは、何か弾ける曲があれば弾いてもらう、ということです。
何でも構いません。童謡を片手でメロディーだけ、などでよいです。
小学生の子たちは、今でも友達同士で「猫ふんじゃった」を弾きあったり教えあったりするようですね。
私が子どもの頃もそうでした。
そうした曲でもいいです。
指使いなどは気にせず、とにかく、何か弾けるものを弾けるように弾いてもらえればよいです。
そうすると、弾くときの指の形、リズム感、どんな曲が好きか、などがある程度分かります。
そして、教室で普段使っているテキストの中から好きな曲を選んでもらい、弾いてみます。
実際のレッスンに近い形で、行うことになります。
楽譜を使うことで、どの程度読めるのかを知ることができます。
比較的小さな子には、歌をうたってもらうこともよくします。
歌の絵本を拡大コピーしたものがあるので、そこから選んでもらったりして、好きなうたを一緒に歌います。
歌をうたってもらうことで、音感やリズム感などを知ることができます。
  • 弾ける曲を弾いてもらう
  • 歌をうたってもらう
この二つは、可能な限りやってもらうようにしています。

他にはこんなこと、かなりバラバラ・・・

その他は、ひとりひとりによって内容が違ってきます。
具体的に弾けるような曲がなくても、鍵盤に強く興味を持っているようなら、できるだけ触ってもらいます。
遊び弾きでもなんでもよいです。
5本の指を使って弾くような様子があったり「ドってここ?」などと訊かれるようなことがあれば、教えることもします。
他には、リズム遊び。
タンバリンや手作りの太鼓などを使って、リズム模倣などをします。
比較的よくやるのは、色とりどりの1オクターブのベルを使って、色音符の楽譜を見ながら演奏すること。
これは人気で、楽しそうな様子がよく見られます。
こういうもの↓
DCIM0595.jpg

この楽器のこと、こちら⇩に詳しく書いています。

「ミュージックベル」ピアノレッスンでよく使うピアノ以外の楽器
「ミュージックベル」をピアノのレッスンでよく使っています。どんな楽器かどんな時に使うかをまとめました。ピアノからちょっと離れることで気分転換になりますね。
内容は本当にいろいろです。その時の様子を見ながら、興味を持ってもらえそうなことをいろいろと提示していきます。
できるだけ鍵盤に絡めていきたいとは思っています。
子どもたち自身には、楽しんでもらうこと。
そして、私の側は、今後のレッスンにつなげていくことを念頭に置いて、この子のことを知っていくために行います。
体験レッスンの時は、お互いに初対面。なにかと難しいことがでてくるのも事実です。
気持ちよく過ごせる空間をつくることが、何より大切と感じます。
 

コメント