ピアノ教室生徒の「ピアノ辞めます」ピアノの先生としての送り出し方、伝えたいこと

先生の仕事

年度替わりが近づくと増えてくる、生徒からの「ピアノ辞めます」という申し出。

ここ「音楽室ゆう」でも、これまで何度もありました。

そんなお話があった時の、私の送り出し方と思いについて書いてみます。

スポンサーリンク

「ピアノ辞めちゃうんだ‥」失恋でもしたような気分・・・

教室の生徒からの「ピアノ辞めます」。

この言葉は、指導者にとってはやっぱりとっても悲しいことです。

理由はいろいろあるでしょう。どんな理由であれ、悲しい、さみしいことです。

収入が減る。

現実問題としてはそういう重大事項があるんですが、ホントに不思議なくらいそんなことは忘れてる。

毎週のように決まった時間に顔を合わせていたこの子、もう来ないんだ・・

そう思うと、胸にぽっかり穴が開いたような・・・

これまでの日々が走馬灯のように流れ・・・

って、失恋か!!

と突っ込まれそうですが、冗談抜きで、失恋でもしたような気分になるんです。

でもね、これはそれだけ真剣に指導をしてきたってこと。いい加減なことはしてこなかったってこと。

もしかしたら、その子や親御さんにはそう思われていないのかもしれません。

自己満足だったのかもしれません。

でも、自分の気持ちとしてはそうなんです!そこには自信を持とう。

この胸のもやもやをどう処理しよう・・と思ってしまいますが、私の気持ちの整理の仕方はこんな感じです。

 

スポンサーリンク

 

生徒からの「辞めます」という申し出、引き止めはしません

退会したい旨のお話があった時、基本的にはお引き止めしません。

それぞれの、様々なお考えあってのことなので。

金銭的な部分にも大きく関与している教室運営者の側が、あれこれ口を出すことではない

と考えています。

理由も、お話しいただけないのなら、あえてこちらからはお聞きしません。

「本人の気持ちがピアノへ向かなくなった」

そういうことであれば、それこそ、こちらからお話をする理由がありません。

ピアノを含め、習い事は本人の「やりたい」という気持ちが一番大事。

それがなくなってしまったのに続ける必要は、そもそも無い、と思っています。

そういう気持ちになってしまった原因は、もしかしたら私の側にあるかもしれません。

それは、私自身の問題です。

これまでの指導内容等を振り返って、反省する部分は反省し、謙虚に受け止め、今後のレッスンに活かしていくことです。

関連記事ピアノを辞める理由についてこちらの記事にまとめています。

もし「ホントは辞めたくないんだけど・・」なら

退会の理由が、ピアノではないところにあるのだとしたら。

例えば、ありがちなのが「中学(高校)入学で忙しくなるので」ということでしょうか。

両立は難しい、と考えてしまう、ということですね。

そうしたときには、まだ考える余地があるのではないか、と思っています。

もちろん、「ピアノは続けたいのだけど」が前提にあってのことです。

そうであれば、ピアノを完全に辞めるのではなく、学校生活と両立させたレッスン方法を提案します。

実際「音楽室ゆう」では、中学入学を機に大きくレッスン内容や形態を変えて続けているという子がいます。

親御さんは、「ピアノはそろそろ辞めてもいいのではないか」と思っている。

でも、本人は「ピアノは辞めたくない」というはっきりした意思を持っていた、というケースです。

関連記事学校生活とピアノとの両立について、こちらの記事にもまとめています。

 

スポンサーリンク

 

生徒が辞める、最後のレッスンで伝えたいこと

ここ「音楽室ゆう」でも、これまで辞めていった子は何人もいます。

最後のレッスンの時には、きちんとご挨拶をしなければいけませんね。

「音楽室ゆう」を選び、通ってくださったことへのお礼。

指導者としての経験はまだまだ未熟な私。至らなかったことも多々あったかと思います。

そうしたことのお詫びもしなければいけません。

そして、さらに伝えたいことが・・

レッスンで身に付けたことは何か

何年かレッスンを続けてこられているなら、きちんと身に付いた具体的な事柄があります。

無ければ、それは指導者側の怠慢以外の何物でもないですよね。

例えば、今回辞めるお話をいただいている子の場合は、楽典の基本的な知識はしっかりと身に付けられたのではないか、と考えています。

楽典を含めたソルフェージュ指導は、大きな柱の一つと考えているので、私としてもとてもうれしいことです。

「音楽室ゆう」では、入会時期を起点にして、1年に一度レッスン内容の報告書をお渡ししています。

この子の場合は、最後数か月分の報告書を作成し、そのことをきちんとお伝えしなければ、と思っています。

関連記事「レッスン報告書」についてこちらの記事にまとめています。

これからも音楽に親しむ人生を

そして、もう一つ、というか最も伝えたいこと。それは・・

音楽がそばにある人生はきっと豊かです。どんな形であれ、ここでの経験を糧に、これからもどうぞ音楽に親しむ人生を歩んでほしい。

一番伝えたいのはこの事です。こうなってくれることが、私の最大の望みであり、喜びです。

私は、音楽が好きで、「ピアノを弾く」という形で音楽に親しむことができることをとても幸せだと思っています。

聴くだけではなく、能動的な方法で音楽を楽しむ人が増えれば・・

そんな気持ちで、教室をやっています。

なので、そういう思いをきちんと伝えてお別れしたい。

そして、またいつの日か、ピアノ再開、という形で会えたら、最高にうれしいですよね!

 

関連記事ピアノを辞める理由についてこちらの記事にまとめています。

ピアノを辞める・・その理由は?習い事を辞める決断をする前に考えてほしいこと
ピアノなどの習い事を辞めるときの理由は様々です。実際の辞めた理由を紹介しながら「辞める」ということを考えてみました。ピアノ(習い事)に興味がなくなったということ以外に理由があるのなら続けられる方法を相談してみてほしいと思っています。

→学校生活ピアノとの両立について⇩こちらの記事もどうぞ。

ピアノ教室やめたくない!忙しい中学生活でも両立のために大切にしていること
中学校は生活リズムなどが小学校時代と大きく変わります。レッスン内容を大幅に見直して「練習しなくてよい」とした例を紹介しつつピアノを辞めるのではなく両立をさせるために行っていることをまとめました。でも結局は本人の「ピアノを続けたい」という強い意志が1番大切です。
中学生になったらピアノのレッスンどうしたい?ピアノの先生に要望をしよう!
ピアノを辞める時期で1番多いのは、中学入学だといわれます。もし、レッスンを受けている本人がピアノを続けたいと言っているのなら、指導者にレッスン内容の要望を出し、続けられる方法を模索してほしいと思っています。

「レッスン報告書」についてこちらの記事にまとめています。

ピアノレッスンの「レッスン報告書」を年に1回作成 その内容と目的は?
日々のレッスンの記録を元に「レッスン報告書」を作成して保護者の方へお渡ししています。コミュニケーションの一つとして、またレッスン内容の振り返りとして大切に考えています。その具体的な内容についてまとめました。

このカテゴリーの人気記事

ピアノ教室の生徒への年賀状 どんな内容?そもそも出す?出さない⁇
ピアノ教室生徒の「ピアノ辞めます」ピアノの先生としての送り出し方、伝えたいこと
ピアノの先生は忙しい!?~ピアノ講師のある日の一日~
ピアノ講師自身のためのレッスンノート「レッスン記録」 その内容と書く理由
ピアノの発表会で講師演奏をしました 先生が弾く目的は?
トグルボックス内容

 

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました