ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

レッスンでの様子がいつもと違う 理由よりも対処法を

ある日の出来事
スポンサーリンク

レッスンでの様子がいつもと違うと感じることが時々あります。

理由は・・?とまず考えがちですが、それよりその場ですぐに対処しなくちゃ!

先日のレッスンでの反省です。

原因は運動会?

「音楽室ゆう」に来るこの多くが通う小学校で、運動会がありました。

夏休み明けから約3週間で運動会。毎年のことですが、結構短いなぁなんて思ってしまいます。

それに加えて、今年は天気が落ち着かず、グラウンドでの練習、あんまりできていないんじゃないかなぁ・・と思っていました。

レッスンに来た時に「運動会の練習どう?」なんて聞いてみると「う~ん、ぐちゃぐちゃ・・」なんて返事だったり。

先日レッスンに来た子。レッスン時間の間際まで学校から運動会の練習の音が聴こえていて、「え~来られるのかぁ」なんてちょっと心配していました。

少し遅れてではありましたが、ほぼ時間通りやってきたので、他の学年の練習だったかもしれません。

それでも、この日のこの子はちょっといつもと違った様子・・入室の時から、少しいつもより元気がない?

そして、レッスン中に涙してしまいました。

泣いてしまうのは初めてではないけれど・・でも、ちょっと泣くまでが早すぎ・・泣きすぎ・・のような

思ったようにうまくいかないと、悔しくて泣けてきてしまうことのよくある子です。

でも、気持ちを切り替えることができるようになってきて、それも落ち着いてきたなと感じていたのに。

大事なのは原因じゃない

こうなってしまった原因で、まず私が思ったのは「運動会」でした。

連日練習だったろうし、レッスンの直前まで練習していたみたいだし(違うかもしれないけれど)。

疲れちゃってるのかな、と。そうであってもおかしくないな、と。

本当のところは分かりません。子どもたちの生活は、日々いろいろなことが起きているので。

気持ちが沈んでいた原因は、もっと他にあるかもしれません。

でも、原因を探ることは大事だけれど、それが分かっただけでは意味はありません。

じゃぁ、それに対してどうするのか。そこがなければ、ただの責任転嫁です。

何も対処できなかった・・・

問題は、私が何も対処できなかったということです。いつもとおんなじレッスンをしてしまった。

泣けてきてしまうと、余計にかたくなになってしまいます。そして、体も緊張し、さらに弾けなくなってしまう。

悪循環なんですよね。

それが分かっているなら、なおさら何かしなくちゃいけなかったのに。

何が原因であれ、いつもと違う様子を感じたらやり方を変えなければいけない。

こうすれば落ち着いてレッスンに向かえたかもしれない・・

後になっていろいろと出てきます。

まだまだ融通が利かない。まだまだ未熟だなぁ・・と思い知らされた出来事でした。

 

コメント