表現

ピアノの弾き方・練習法

ピアノ独学者必見!もっと良い演奏になる4つの練習ポイント

ほんの些細なことだけれどピアノ演奏が変わる大事なポイントを4つまとめてみました。どれも基本中の基本だけれど独学で練習をしている人は気づきにくいことかもしれません。自分の演奏を録音して聴いてみることからはじめ、ぜひ実践してみてください。
2019.09.09
ピアノの弾き方・練習法

テクニックだけじゃダメ!ピアノを表現力豊かに弾くための楽譜の見方と弾き方

音楽を演奏することは「表現」すること。でもピアノで表現力豊かな演奏をするにはどうすればいいのか。テクニック的なことは置いておいて楽譜の捉え方から考えてみました。また具体的な弾き方も書いています。自分の考えやレッスンでしていることなどを中心にまとめました。
2019.07.04
ピアノの弾き方・練習法

リズム感の前に拍子感!拍子感を身につけるための3つの練習法

音楽の演奏にリズム感は大切ですが拍子感も重要です。拍子感を身につけるための練習法を3つ挙げました。レッスンでは童謡や手合わせ遊びを使っています。その他リトミックでよくやられている歩きながら行う方法も参考書籍を紹介をしながらまとめました。
2019.07.18
ピアノの弾き方・練習法

ピアノでスラー 正しい意味から弾き方を見直そう!スラーは最も大切な記号です!

すご~くよく出てくる音楽記号スラー。その意味と弾き方についてまとめました。フレーズの区切りを意味するものなので最も重要な記号だと思います。スラーを大事に弾くことで音楽の表現が変わってきます。まずは正しい意味を理解することが大切ですね。
2019.08.30
ピアノの弾き方・練習法

ピアノのスタッカート基本の弾き方 ホントの意味は「跳ねる」じゃないよ! 

ピアノでよ~く出てくるスタッカート。ぴょんと跳ねることに意識を向けすぎて不安定な音になってしまうことが多いように思います。結構難しいその弾き方を『シャンドールピアノ教本』を参考にしてまとめました。
2019.08.30
ピアノの弾き方・練習法

ピアノのフォルテ(f)乱暴な音にならない弾き方をピアノの構造から考える

ピアノをフォルテ(f)で弾くと乱暴な音になる。そうならないためにはどう弾けばいいのかをピアノの構造から考えてみました。鍵盤を上から叩くような弾き方をしがちですが、叩かなくても大きな音を出すことはできます。
2019.08.30
レッスンのこだわり

ピアノで新しい曲の練習 まずすることは?楽譜を「見る」そして両手で弾く

新しい曲の練習に取りかかるときにまずすることは何か。実際のレッスンでしていることをまとめました。弾くより先に楽譜をよく見ることが大事。そうすると弾く前にその曲の雰囲気がある程度分かります。仕上げる期間を短くするためにも必要だと考えています。
2019.09.10
その他

ピアノ演奏「楽譜通り弾ければ終わり」じゃない!でも「表現」をするのは難しい?

小学生くらいの子は物事を「できた」「できない」で判断しがち。ピアノ演奏も間違えないように「弾けた」「弾けない」で判断しがち。その辺りを発達心理学の視点も入れて考えてみました。そうじゃないんだよということをどう伝えるか、悩みながらレッスンをしています。
2019.09.12
ピアノの弾き方・練習法

ピアノで和音スタッカートを弾くのは大変!まずはきちんと音を出すことから

スタッカートは、単音でも和音でも、本当によく出てくる記号ですが、和音スタッカートを弾く場合、まずは和音をしっかり弾けることから始めなければいけません。しっかり音を出して、短くする。この順序での練習が大切だと思います。
2019.09.04
私の考え

感動する演奏ってどんなもの?必ずしも”上手”な演奏ではない

感動する演奏は、いわゆる「上手下手」ということではない!自分の2つの経験から、そのように強く思っています。この曲への思い。演奏できることの喜び。そんなことが伝わってくると、心の底から感動しますよね。
2019.09.18
レッスンのこだわり

ピアノの練習 新しい曲でもまず最初に両手で弾こう! その理由は?

ピアノで新しい曲の練習に入り、さあ弾こうとなった時、まずは両手で弾いてみることから始めます。片手練習はそのあとです。なぜそうしているのかを、新しい曲の練習順序と共にまとめました。つっかえつっかえで大変ですが、その曲のサウンドを感じることができます。
2019.09.10
発表会

発表会って何のため?ピアノを人前で弾く意味とは

多くのピアノ教室で行われる発表会。そもそも発表会を行う意味は何なのでしょう。私なりの考えをまとめてみました。
2019.08.29
タイトルとURLをコピーしました