ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

【初心者向け】おすすめのピアノ楽譜『初歩のピアノ練習曲集①』を弾いてみました

おすすめ楽譜
スポンサーリンク

以前ご紹介した『初歩のピアノ練習曲集①』の中から、12曲を選んで弾いてみました。

この曲集、練習の目的がはっきりと記されているので、それを元にいろいろな内容のものになるよう選んでみました。

初心者向けの練習曲集ってあまりないように思います。バーナムに席巻されているというか・・

参考にしていただければ嬉しいです。

№1~№16の中から4曲

この曲集は難易度順に並んでいます。

なので、全50曲を3つに分けてそれぞれの中から数曲ずつ紹介していきます。

まずは、№1~№16から4曲です。

№1

いちばん簡単な№1と一番難しい№50は紹介することにしました。

なので、まずは№1から。

作曲者はツェルニー(1791~1857)。出典は『100のレクリエーション』。

「ハ長調のレガート奏」がテーマになっています。

Moderato、2/4拍子です。リピート記号が2か所ありますが、弾いていません。

5指固定で弾けますが、リピートなしで24小節。1曲目から長めです。

№7

次は№7です。

作曲者はベレンス(1826~1880)。出典は『初歩者のための50の小品集』op.70。

「6/8のレガート奏法」がテーマです。

4小節の短い曲です。

「原曲は3/4拍子」という註釈があります。もともと練習曲としてつくられたものではないようですね。

出典も「~~小品集」となっていますし。

№10

次は№10です。

作曲者はグルリット(1820~1901)。出典は『小さなピアニストへの第一歩』op.82。

テーマは「カノン」です。

4/4拍子、moderatoです。8小節ずつでリピートがありますが、していません。

5指固定で弾けますね。全部で16小節です(リピートなし)。

№15

最後は№15です。

作曲者はフンメル(1778~1837)。出典は記載がありません。

テーマは「スタッカートとレガート(テーマとバリエーション)」となっています。

すべて全音符の8小節のテーマと3つの変奏、という構成になっています。

それぞれリピートすることになっていますが、していません。

5指固定で弾けますが、左が結構動きますね。

№17~№33

中間部分に入ります。

3曲選びました。

№20

まずは、№20です。

作曲者はブレスラウアー(1836~1899)。出典の記載はありません。

テーマは「カノンの動きと短調への移調」です。

ハ長調からハ短調へ移調していますね。

ハ長調の方は強弱記号pのみですが、ハ短調ではmf→pとなっていて、違う弾き方をするよう指示されています。

№26

次は№26です。

作曲者はグルリット(1820~1901)。2曲目です。出典は「旋律的な小練習曲集」op.187です。

テーマは「タイによるバス保持」です。

左右どちらも5指固定では弾けなくなりました。

右のスラーは長め、左はバス保持しながらスラー短め。ちょっと難しいかも。

№30

最後は№30です。

作曲者はテュルク(1750~1813)。出典の記載はありません。

テーマは「アウフタクトのある2声」です。

8小節の短い曲です。

ホ短調、Adagio、pp→pとなっています。

バロック音楽だと思って弾かなくてはいけませんね。

№34~№50

最後になりました。

5曲選んでいます。

5指固定では弾かなくなり、難しくなってきました。

№34

まずは、№34です。

作曲者は、またまたグルリット(1820~1901)。3曲目・・。ちょっと偏ってしまったなぁ。すみません。

出典は『はじめてのピアノレッスン』op.117です。

テーマは「休符のあるスケールのレガート奏」です。

16小節で8小節ずつリピートがありますが、していません。

大きくスラーがかかっていて、流れるように弾く練習ですね。

№37

次は№37です。

作曲者はベルティーニ(1798~1876)。出典は『初級練習25曲集』op.166です。

テーマは「右手1指の柔軟と転調」となっています。

曲、長めです。見開き2ページ32小節ありますね。

ハ長調からホ短調への転調ですが、調号はありません。

№42

次は№42です。

作曲者はまたグルリット(1820~1901)。出典は『旋律的な小練習曲集』op.187です。

テーマは「左手のメロディー奏と右手の和音伴奏」。

こちらも32小節。1ページ5段+2ページ目1段で納られています。

ずっと左手メロディーですね。

№46

次は№46です。

作曲者はケーラー(1820~1886)です。出典は『やさしい練習曲』op.190です。

テーマは「アーティキュレーションと小さな転調」です。

イ短調⇒ハ長調⇒ホ短調⇒ハ長調⇒イ短調かな?次々転調しています。

なんだかかわいらしい曲ですね。

№50

最後の曲№50です。

作曲者は、ライネッケ(1824~1910)。出典の記載はありません。

テーマは「半音階を含んだスケール」となっています。

1カッコ2カッコとなっているので、今回はリピートしました。

最後の曲なので、この曲集で1番難しいということになるかと思います。左手もしっかり動きますしね。

練習曲っぽくない

選んだ基準として、いろいろなテーマのものになるようにと考えました。

気が付いたらグルリットが4曲もあった・・。これはちょっと偏っていますね。すみません。

曲集の最終ページに出典が載せられていて、ここに書かれているものは書き入れました。

練習曲としてつくられたものがほとんどだと思いますが、そうではないものもあるようです。

調も様々ですし、強弱記号、アーティキュレーションもどの曲にもつけられていて、一つの曲としてきちんと弾くことが大事かなと思いますし、そうしやすいのではないかな。

練習曲として考えるとちょっと長めかなと思いますし、そのあたりがどうかなと思いますが。

いかがでしょうか。

楽譜の詳しい内容についてはこちら⇩の記事をどうぞ。

【初心者向け】おすすめのピアノ楽譜『初歩のピアノ練習曲集①』
初心者向けのピアノテクニック教本のご紹介です。いろいろな作曲家による練習曲が1冊にまとめられているというのが最大のおすすめポイントです。

 

コメント