ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

【初心者向け】おすすめのピアノ楽譜『初歩のピアノ練習曲集①』

おすすめ楽譜
スポンサーリンク

初心者の方向けのピアノテクニック教本のご紹介です。

この分野は『バーナム ピアノ テクニック』が有名だと思いますが、こちらもお勧めします。

バーナムとはまた違った良さがいろいろあり、「バーナムでは物足りない!」という方は、ぜひ検討してもらえればと思います。

『初歩のピアノ練習曲集』とは?

「ヤマハ ピアノ ライブラリー」と銘打たれた、ヤマハミュージックメディアから出版されているシリーズの中の1冊です。

『初歩のピアノ練習曲集』は①~③まであり、今回は①を詳しく紹介します。

③の次に位置付けられている『ピアノ練習曲集』①と②もありますね。

詳しくはこちら(ヤマハミュージックメディアのサイト)へどうぞ。

これらの練習曲集の大きな特徴は

様々な作曲家による練習曲が集められている

ということだと思います。

練習曲集で有名な「ツェルニー〇番」のツェルニーさんはもちろん、その他いろんな人です。

それが、私がお勧めしたい大きなポイントです。

『初歩のピアノ練習曲集』①について

今回は①を詳しくご紹介します。

  • 掲載されている作曲家
  • 曲数と内容
  • 難易度

の3つに分けてまとめてみます。

掲載されている作曲家

上に、様々な作曲家による練習曲が1冊になっている、とご紹介しました。

①に載せられている作曲家と年代を詳しく書いてみます。

  • ツェルニー(1791-1857)・・11曲
  • ケーラー(1820-1886)・・5曲
  • ベレンス(1826-1880)・・3曲
  • シュピントラー(1817-1905)・・2曲
  • ホルネマン(1840-1906)・・2曲
  • グルリット(1820-1901)・・7曲
  • シュンゲラー(1884-1949)・・2曲
  • テュルク(1750-1813)・・2曲
  • フンメル(1778-1837)・・1曲
  • シッテ(1848-1909)・・1曲
  • ブレスラウアー(1836-1899)・・1曲
  • ブルグミュラー(1806-1874)・・1曲
  • ディアベッリ(1781-1858)・・2曲
  • ライネッケ(1824-1910)・・2曲
  • ヴォールファールト(1797-1883)・・3曲
  • ミュラー(1767-1817)・・1曲
  • ベルティーニ(1798-1876)・・2曲
  • リュリ(1632-1687)・・1曲
  • ル クーペ(1811-1887)・・1曲

全19人。

1番古い時代の人が、リュリ(1632-1687)。

1番新しい時代の人が、シュンゲラー(1884-1949)。

1800年代に生きた人が圧倒的に多いですね。1900年代に入って亡くなった人が6人。

1800年代半ばにほぼ今と同じピアノになったということで(宮地楽器ホームページ「ピアノの歴史」参照)、現代と同じピアノを弾いていた人の作曲が多いということですね

曲数と内容

曲数は、全50曲です。上に載せた作曲家の横の数字は、その作曲家による掲載曲の数です。

50曲それぞれ、習得したいテクニックの目的をもって書かれています(題名ではありません)。

以下に並べてみます(長いです…)。右側のカッコは作曲した人です。

  1. ハ長調のレガート奏(ツェルニー)
  2. 両手の平行奏(ケーラー)
  3. 左手の重音(ベレンス)
  4. カノン(シュピントラー)
  5. 右手全指の動きと移調奏(ホルネマン)
  6. 左手全指の動きと移調奏(ホルネマン)
  7. 6/8のレガート奏法(ベレンス)
  8. 重音伴奏と8分音符を含む動き(グルリット)
  9. 模倣による左右の動き(シュンゲラー)
  10. カノン(グルリット)
  11. アルベルティ・バスの伴奏(ツェルニー)
  12. 左手の和音奏(ツェルニー)
  13. メロディーとバスの動き(テュルク)
  14. 分散和音とアーティキュレーションのつけ方(ツェルニー)
  15. スタッカートとレガート(テーマとバリエーション)(フンメル)
  16. 左手指広げの分散和音(ケーラー)
  17. 8分音符のスケールと重音伴奏(ツェルニー)
  18. 3連符(シッテ)
  19. 左手の指の広がり(ツェルニー)
  20. カノンの動きと短調への移調(ブレスラウアー)
  21. スケールのレガート奏と移調奏(ブルグミュラー)
  22. 左手の分散和音と3/8の動き(ディアベッリ)
  23. 2声(♯と♮)(シュンゲラー)
  24. 指よせや指広げのある不規則な動き(ライネッケ)
  25. 全打音とスタッカート奏(ベレンス)
  26. タイによるバス保持(グルリット)
  27. 重音のスタッカートとレガート奏(ツェルニー)
  28. 付点のリズムのレガート奏(ヴォールファールト)
  29. 分散和音の交互奏(グルリット)
  30. アウフタクトのある2声(テュルク)
  31. 重音伴奏と平行奏(ミュラー)
  32. スケールと重音(ツェルニー)
  33. アウフタクトと左手の分散和音(ヴォールファールト)
  34. 休符のあるスケールのレガート奏(グルリット)
  35. 短調の響き(ベルティーニ)
  36. 左右のなめらかなスケール(グルリット)
  37. 右手の1指の柔軟と転調(ベルティーニ)
  38. レガート奏(ケーラー)
  39. 重音奏と同音連打(ディアベッリ)
  40. 短調のカノン(リュリ)
  41. ニ長調の分散和音奏とアーティキュレーション(ツェルニー)
  42. 左手のメロディー奏と右手の和音伴奏(グルリット)
  43. 左手の跳躍と左右別々の動き(ヴォールファールト)
  44. バスとメロディーの動きを合わせたレガート奏(ツェルニー)
  45. アウフタクト、全打音と重音(ツェルニー)
  46. アーティキュレーションと小さな転調(ケーラー)
  47. スケール、トリル、重音(ケーラー)
  48. 3連符の分散和音伴奏(シュピントラー)
  49. イ長調の分散和音とアクセント、スラー(ル クーペ)
  50. 半音程を含んだスケール(ライネッケ)

色々ありますよね~~。

はじめから練習曲として作られたものもあれば、一つの作品としてつくられたものが「○○の練習になる」として掲載されているものもありそうです。

この本の1番最後に出典が載っています。

難易度

この教本「初心者向け」とは書きましたが、実は少々難しいかなと感じています

①②③の難易度は、出版社によれば次の様になっています。

  • ①・・・こどものバイエル上巻後半程度
  • ②・・・こどものバイエル下巻程度
  • ③・・・バイエル修了程度

全くの初心者から使えるというものではないですね

今回は①を紹介していますが、①の1番最初の曲は以下のような感じです。

  • 両手奏で、それぞれ別々の動きをする
  • 右手4分音符、左手2分音符
  • 左右とも5指固定で5指とも使う
  • リピートせずに24小節(リピート2か所)

曲は難易度順に並んでいるので、1番はじめの曲が最も簡単だということになりますが、こんな↑感じです。

少なくとも、「左右別々の動きをする両手奏」ができるくらいになっていないと弾けないということですね

上に書いたそれぞれの曲の内容を見ても、スラーやスタッカートや和音や3連符や装飾音符や・・・様々なテクニックが出てきます。

1曲の長さも長いです。短くて8小節。長いと1ページ半(7段)の曲も複数あります。

ただ、音符は8分音符までしか出てきません

練習意図を理解して余裕をもって弾くには、バイエルの中ごろは確実に過ぎていないと難しいのではないかなと思います。

また、弾く力はあっても短い曲に慣れてしまっていると、曲の長さで疲れてしまうかもしれません。

楽譜はこんな感じ

実際の楽譜はこんな感じです。⇩

最初のページ。

 

最後の曲(途中)。

基本的には1ページに4段。曲によっては5段のものもあります。

音符は大きい方ではないでしょうか。初心者向けですし。

『バーナム ピアノ テクニック 導入書』と同じくらいだと思います。

題名はなく、イラストもない。その分楽譜を大きくできているのではないかと思います。

練習曲でも曲らしく弾きたいなら

この『練習曲集』、「1曲が長い」と上に書きましたが、それはデメリットでありメリットであると感じています。

テクニック教本として有名な『バーナム ピアノ テクニック』シリーズは1曲が短く、例えば3連符なら3連符のみが並んでいるという感じで、目的がわかりやすいというのがとても良いところだと思っています。

こちらの『練習曲集』は、アーティキュレーションがテーマではなくてもそれらがきっちり書かれていたり、短いながらも3部形式になっていたりと音楽的な”曲”になっています。

なので、一つの楽曲を通して様々なテクニックを学ぶという形になります。

そのためにはある程度長さが必要で、1曲が長め。

これをどう考えるか。

実際のレッスンでは、まあまあ弾けるようになってから③くらいから始めるという感じになっていますが、ずっとバーナムを続けてきてこちらに代えるのは、子どもたちにとっては抵抗があるように感じます。

もっと早いうちから取り入れるか、③を弾ける力があっても①の途中や②から始めるとかした方がいいかも。

バーナムは1曲が短いのはデメリットでもある。

技術が上がってくるとレッスンする曲はどんどん長くなります。でも、それを弾きとおす力(気力?)がついていっていないようにも思えて‥。

私のレッスンの仕方の問題もあるかもしれませんが、日ごろから長い曲にも慣れていかないと、と思います。

なので、「バーナムは短すぎて物足りない!」という思いのある方は、こちらのシリーズを使ってみるのはいいのではないかなと思います。

⇩いくつか選んで演奏してみました。参考になればと思います。

【初心者向け】おすすめのピアノ楽譜『初歩のピアノ練習曲集①』を弾いてみました
以前紹介した『初歩のピアノ練習曲集1』の中から12曲選んで弾いています。練習のテーマがはっきりと書かれているのでそれが偏らないよう選んでみました。練習曲集選びの参考になれば・・。

 

 

『バーナム ピアノ テクニック』の『ミニブック』『導入書』についての記事も書いています。⇩

【超初心者向け】おすすめのピアノテクニック教本『バーナム ピアノ テクニック ミニブック』
初心者の方向けのピアノテクニック教本をご紹介します。有名なテキストですが内容を少し詳しくまとめてみました。
【初心者向け】おすすめのピアノテクニック教本『バーナム ピアノ テクニック 導入書』
初心者向けのピアノテクニック教本をご紹介します。『ミニブック』より少し難しい。両手がスムーズになってきたかなという人向けです。

コメント