ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

調の勉強におすすめ!『WAKUWAKU 調の勉強ドリル』

おすすめワーク
スポンサーリンク

読譜の力をつけること、曲をより深く理解することのために、調性についての知識を持っておくことはとても大事だと考えています。

そこで、実際にレッスンで使っている『WAKU WAKU調の勉強ドリル』をご紹介します。

基本がきっちり抑えられていて、一から順序だてて進めていける、とても良いものだと思っています。

この”ドリル”で学べることは?

この”ドリル”、基本の”き”から始まります。つまり、♯や♭を書くことから。

調号を自分で書けるようにするためです。

最終的には、近親調の理解まで進みます。

流れは以下の通り。

  1. ♯を書く(並び順も)
  2. ♯の調の見つけ方(調号から調の名前を導き出す)
  3. ♭を書く(並び順も)
  4. ♭の調の見つけ方(調号から調の名前を導き出す)
  5. 長調の調号の付け方(調の名前から調号を導き出す)
  6. 音階
  7. 並行調、属調、下属調、同主調について
  8. 長調の音階と主和音
  9. 短調の音階の種類
  10. 短調の音階と主和音

基本的なことについては抑えられているのではないかな、と思います。

付け加えてほしかったことも・・

基本的なことは学べるので満足しているのですが、「このことについては触れていないんだ‥」ということも。

それは、以下の2点。

  • 音程の数え方
  • 主要三和音

この二つ、結構重要だと思うんです。

「音程の数え方」については、近親調の説明のときに少し出てきます。

「属調は完全5度上の調」とか「並行調は短3度下の調」とかということです。

でもそこまで。音程の数え方、という形では出てきません。どうせならそこまで踏み込んでくれれば・・

また、「音階」の部分では、主音、下属音、属音、導音について書かれているのみ。

音階の並び方の法則(長音階の”全全半全全全半”など)といったものには触れられていません。

そして、和音については主和音しか書かれていません。どうせならあと二つ・・と思うんですが。

「1日1枚ハギトリ式」で使いやすい

使いやすさは、選ぶ時の重要な要素ですね。

このドリルは、「1日1枚ハギトリ式」と表紙に書かれていて、そこがウリになっています。

1ページに1つのテーマに絞られているので、「今日は○○をやる」とはっきりさせることができ、与えられる生徒の側からしてもやりやすいですよね。

例えば、

「シャープの書き方」ということで、シャープを書くことだけをやる。

「調の見つけ方」ということで、調号を見て調を答える問題だけが並んでいる。

といった具合です。

ドリル形式の良さかな、と思います。

大きくて見やすい

もう一つ、このドリル、印刷がとても大きくて見やすいです。

A4の大きさで横長に開く形になっています。

こんな感じです⇩

見やすさは使いやすさにつながります。

この大きさだと、小さな子にも使えますね。

 

調の勉強だけの教材はあまりない・・

調の勉強は大事!と考えて、良い教材はないかといろいろと探しましたが、それに特化した内容のものはほとんど無いという印象です。

探し方が足りないかな~

そんな中見つけたのが、この『WAKU WAKU調の勉強ドリル』です。

上に書いたとおり、♯♭の書き方から始まって、調号からの調の導き方、音階、近親調まで、とても分かりやすく説明されていると思います。

ページ構成が混みこみしていなくて見やすく、書き入れやすいというのも気に入っているところです。

他の問題集も使いながら

上にも書きましたが、この『WAKUWAKU調の勉強ドリル』では不足していると思う部分もあります。

そこについては、手作り教材や別の問題集などで補っています。

レッスンの中では、調の勉強を含めた楽典の集大成の問題集として『ジュニアクラスの楽典問題集』に取り組んでもらっています。

こちらなら、音程の数え方や主要3和音についても含まれています。

また、バスティンをメインテキストとしている場合は『バスティン・セオリー』を使いますが、こちらもこの2つについて学ぶ内容になっています。

他の教材を使うとしても、調についての基礎を学ぶために、この『WAKUWAKU調の勉強ドリル』の必要なとこのみを使うなどしています。

とても使い勝手のよい教材だと思います。

 

調については、こんな記事も書いています。よろしければお読みください。

ピアノの演奏に調性の学習は必須
ピアノ(に限らないですが)は楽譜が読めれば弾くことができます。 でも、調性についてきちんと知識を持っておくことは、演奏の上でとても大切なことだと思います。 音楽は「調」によって整えられている 「調」とは、「ハ長調」とか「イ短調」とか、...
調の勉強どうやってする?私がしてきたこととピアノレッスンでしていること
大人になってから調性の勉強をした私が使った教材や今レッスンで行っている事をまとめました。調の知識がなくてもピアノは弾けますが、身につけるメリットは大きいと考えています。
ピアノでの調の勉強はじめの一歩には「五度圏」表が便利!
ピアノの練習でこの曲が何調かを知るには「五度圏」表が便利です。その調の音階を弾いてから曲を弾くことで曲を少し深く知ることができます。理屈はさておきまずは手元に表を持つことをお勧めします。

 

 

 

コメント