ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

【初心者向け】子どもたちに大人気!『ビーニー動物園』

おすすめ楽譜
スポンサーリンク

 

今回ご紹介する『ビーニー動物園』、レッスンに来ている子どもたちにとても人気があります。

初心者向けではありますが、いかにも「簡単」という感じではなく、楽しく聴きごたえのある曲が並んでいます。

レッスンだけでなく発表会でも大活躍。これまで何人も弾いています。

私も気に入っているこの曲集。曲の難易度が分かるよう、できるだけ詳しくご紹介します。

動物がモチーフになっている子ども向けのたのしい曲集

この『ビーニー動物園』、「ピアノが弾けたワン!」という副題がついていて、表紙は、かわいらしいワンコ(ミニチュアダックス?違う?)が鍵盤に手をかけている写真です。

そして、タイトルに”動物園”とある通り、すべての曲がいろいろな動物をイメージして作られています。

それだけでもなんだかワクワク。子どもって動物好きですもんねぇ。

クマやライオン、ゴリラから、カエルや魚、ヘビに蝶々まで。

爬虫類や虫まで入っているわけです。

”ビーニー”とは中に豆の入った小さなぬいぐるみのこと。

手の上にコロンと乗る、やわらかい小さな動物のぬいぐるみ。

思わずフフフ・・と微笑んでしまう。

曲のイメージもそんな感じです。楽しくて可愛らしい曲がいっぱいです。

曲の難易度は?

重要なのは、掲載されている曲の難易度ですね。

全部で24曲。表にまとめてみます。

  拍子 音符の種類 音域 調性 小節数 ペダル 反復記号 5指固定
お笑いチンパンジー 4分の4 4分、2分、付点2分、全 1オクターブ+5度 ハ長調 28小節(弱起)    
夜のふくろう 4分の4 4分、2分、全 1オクターブ+5度 ハ短調(臨時記号で) 28小節    
わたしのカエル 4分の4 4分、2分、全 2オクターブ+5度 ハ長調 28小節     △最後のみオクターブ下
レインボー・フィッシュ 4分の6 4分、付点2分、付点全 3オクターブ+3度 ハ調の全音音階 26小節    
ロックン・ラクーン[あらいぐま] 4分の4 4分、2分、全 2オクターブ ハ長調 36小節    
ひよこのワルツ 4分の3 4分、付点2分 1オクターブ+5度 ハ長調 56小節   △♯あり、Coda以降オクターブ上
ビーニー動物園のプレミアム[千年祭] 4分の4 4分、2分、付点2分、全、8分 3オクターブ(最後のみオクターブ下) ハ長調 28小節(弱起)      
ビーニー雄うし 4分の4 4分、2分、付点2分、全、8分 2オクターブ+5度 イ短調 28小節    
よちよちペンギン 4分の4 4分、2分、付点2分、全、8分 2オクターブ ハ長調 24小節      
ぼくはゴリラだ 4分の4 4分、2分、付点2分と8部(最後のみ) 4オクターブ+5度 イ短調 34小節      
ふしぎなユニコーン 4分の4 4分、2分、付点2分、全、8分 3オクターブ+4度(最後のみオクターブ上) ミクソリディア旋法 26小節    
ヘビつかい

4分の4

4分、2分、全、8分 4オクターブ イ短調 24小節    
ジャングル・フィーバー 4分の4 4分、2分、全、8分 2オクターブ+5度(最後のみオクターブ下) イ短調 28小節    
なかよしパピー 8分の6 4分、付点2分、8分、付点4分 3オクターブ(Coda以降オクターブ上) ハ長調(イ短調) 52小節(弱起)    
こわそうなワニ(連弾) 4分の3 4分、2分、付点2分 1オクターブ+5度 ハ短調(臨時記号で) 32小節     △♯あり
わたしのビーニーくまちゃん 4分の3 4分、2分、付点2分 2オクターブ ハ長調 28小節(弱起)     △♯あり、最後のみクロスハンド
空とぶカンガルー 4分の4 4分、付点2分、8分 4オクターブ+3度(最後のみオクターブ上下) ハ長調 16小節(弱起)      
ロッカドゥードル コッカドゥードル! 4分の4 4分、2分、全、8分、付点4分 2オクターブ+3度 ハ長調 28小節      
子ねこのミャオ 4分の4 4分、2分、付点2分、全 2オクターブ ト長調 28小節(弱起)     △♯あり、最後のみ+5度
サメ! 4分の4 4分、2分、全 3オクターブ フリギア旋法 35小節      
ビーニー蝶々さん 4分の4

4分、2分、8分

3オクターブ+3度 ニ長調 22小節     △最後のみクロスハンド
のっぽのキリン 4分の3 4分、2分、付点2分 3オクターブ へ長調 52小節(弱起)   △♮あり、最後のみクロスハンド
おしゃべりなアヒル! 4分の3 4分、2分、付点2分 2オクターブ へ長調 52小節   △最後のみクロスハンド
王さまライオン 4分の4 4分、2分、全、付点2分(最後のみ) 2オクターブ+5度 ニ短調 26小節 ○(最後のみ)   △♯あり、最後のみクロスハンド

出てくる拍子、音符は?

出てくる拍子は、

  • 4分の4拍子・・・17曲
  • 4分の3拍子・・・5曲
  • 4分の6拍子・・・1曲
  • 8分の6拍子・・・1曲

出てくる音符の種類は、

  • 4分の4拍子・・・4分音符、2分音符、付点2分音符、全音符、8分音符
  • 4分の3拍子・・・4分音符、2分音符、付点2分音符
  • 4分の6拍子・・・4分音符、付点2分音符、付点全音符
  • 8分の6拍子・・・4分音符、付点2分音符、8分音符、付点4分音符

圧倒的に4分の4拍子の曲が多いですが、リズムを取るのが少々難しい8分の6拍子が1っ曲あります。

出てくる音符は、8分音符まで。16分音符はありません。

でも、8分音符だらけ!という曲は結構あり、見た目「難しそう・・」と感じるかもしれません。

アウフタクトの曲が7曲、タンゴのリズムあり、シンコペーションあり、そして、8分の6拍子があります。

なので、リズムは極めて単純、とはちょっといい難いかなと思います。

音域は?

オクターブ記号はちょくちょく出てきて、音域は広めかなと思います。

完全に5指固定で弾ける曲は2曲。

ほとんど5指固定で弾けるけれど、最後だけオクターブ下に、とか、クロスハンドで上の音域に、とかという曲が多いですね。

音域の広い曲は、基本的に片手ずつ弾き継いでいく形です。

楽譜の示し方として、曲の途中でト音記号がヘ音記号に変わる(または逆)といった曲がいくつかあり、注意が必要です。

調性は?

調性は気になるところだと思います。

10曲がハ長調。そのほか、並行調であるイ短調が4曲。♭一つのへ長調2曲とニ短調1曲、♯二つのニ長調が1曲。

ハ短調の曲が2曲ありますが、臨時記号で対応されています(始めの5音のみなので)。

全音音階や教会旋法を使った曲が合わせて3曲ありますね。独特な雰囲気のある曲になっています。

ハ長調、イ短調、そして全音音階、教会旋法の曲には調号はついていません(臨時記号で対応)。調号がついているのは、最後の方の5曲のみです。

転調している曲は1曲のみ。並行調での転調なので、調号は変わりません。

難易度順は?

この曲集、難易度順には並んでいません。

最も易しいのは、5指固定で弾くことのできる始めの2曲かと思いますが、最後の方に「ほとんど5指固定で弾ける」という曲がまとまって出てきます。

最も難しいかなと思われるのは、以下の2曲でしょうか。

  • 「ロッカドゥードル コッカドゥードル」・・・左が8分音符で動き、8分休符が特徴のリズムも少々難しい
  • 「なかよしパピー」・・・8分の6拍子でアウフタクトで転調もしていて52小節ある

真ん中より少し後ろに載っています。

なので、弾く順番はいろいろ考えながら選んでいく必要がありそうです。

楽譜の見やすさは?

初心者にとって、楽譜の見やすさは大事な要素。でも、こちらの楽譜、すごく見やすい!という感じではないですね。

基本的に1ページ5段の表示になっているため、間が詰まっています。

曲の始まりのページには、題名と曲の雰囲気に合わせたイラストと歌詞の日本語訳が載っていて、半ページそれに使われています。

小さな子にはイラストは重要だと思いますが、その分楽譜が詰まってしまっているのかな。

上がイラストのページ。下が楽譜部分の画像です。

1曲分の表示は、ほとんどが見開き2ページに納められています。中には、3ページにわたる曲もあります。

全体を通して

「子どもたちの大好きな動物や生き物がテーマになっていて、楽しく可愛らしい曲がいっぱい」

というのが、私のこの曲集の印象です。つまり、子ども向けかな、と思います。

大人の方は、ちょっと子どもっぽいかなと感じられるのではないかと。

もちろん、使ってみていもいいと思いますが!

  • 完全に5指固定で弾ける曲は少なく(2曲のみ)
  • ほとんどが見開き2ページで少々長め(最短16小節。ほとんどが20小節以上)。
  • 16分音符は出てきませんが、8分音符はかなり多いという印象。

まあまあ指が思うように動かせるようになってきたかな、という感じの人向けかな、と思います。

全く初心者という状況では、難しいですね。

曲はいいですよ!この中の数曲は発表会で弾きました。

つまり、聴き映えのする曲が多いということです。

とにかく子どもたちに人気です。

発表会で弾いたのは、子どもたち自身がこの曲集の中から選んだものです。

他の曲もいくつか紹介したのに、それではなく。

この曲集、これからも子どもたちのレッスンでは何度も登場することになりそうです。

作曲者「キャサリン・ロリン」について

この曲集は、すべてキャサリン・ロリンという女性の作曲です。

この『ビーニー動物園』以外にもたくさんの曲集が日本でも出版されていますが、実は私の手元にはあまりありません。

『ギロック ベスト』という、ギロックさん自身と関係の深い作曲家の作品をまとめた曲集がありますが、その中にキャサリン・ロリンさんも含まれています。

この曲集の作曲者紹介ページにあるキャサリン・ロリンさんの部分を以下に載せます。

作曲家として多くの名声を得ており、数々の音楽雑誌に取り上げられている。

作品は何度もフェスティバルの課題曲に選出され、また、数々の作曲コンクールの名高い審査員でもある。

教師としても、多数の生徒がコンクールにおいて入賞しており”最優秀教師”に選ばれるなど、デトロイト音楽家連盟から賞賛されている。

ワークショップの教師としても活躍し、アメリカ、カナダの50以上の都市で講習会を開催し、日本各地でも「ロリン・ピアノ・コース」の公開講座を行った。

引用元:『ギロック ベスト』より

ちなみに「ロリン・ピアノ・コース」というのは、キャサリン・ロリンさんの書かれたピアノテキスト『ピアノ・コース・テクニック』の解説講習会ということですね。

キャサリン・ロリンさんはお母さんでもあるようです。

最後に、『ビーニー動物園』に載せられているキャサリン・ロリンさん自身による文章を以下に書きます。

ようこそ、ビーニー動物園へ!

私の娘がビーニーの動物ぬいぐるみを収集し始めたとき「ビーニー動物園」を書くことを思いつきました。彼女がビーニーの動物ぬいぐるみで遊んでいるのを見ていると、どんどん不思議なイメージの世界が広がっていくのが目に見えるようでした。ビーニーの動物が冒険するイメージや物語を生徒たちが音楽の目標を達成するのに使うのはとてもいいと思いました。

~中略~

生徒の皆さんが私がこれを書きながら楽しんだのと同じように演奏を楽しんでいただけたらと思います。

引用元:『ビーニー動物園』前書きより

 

『ビーニー動物園』の中から8曲を選んで弾いてみました。⇩

【初心者向けピアノ楽譜】『ビーニー動物園』より好きな曲を弾いてみました
以前紹介した『ビーニー動物園』の中から8曲を選んで弾いてみました。自分の好みで決めましたがどれもいいなと思い選曲に悩みました。参考にどうぞ。

 

 

コメント