ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

【ピアノ教室レッスン内容】クリスマスの時期にはクリスマス曲を

レッスンのこだわり
スポンサーリンク

ここ「音楽室ゆう」では、数年前から10月~12月にかけて、生徒のみなさんにクリスマス曲に取り組んでもらっています。

クリスマスはこの時期にしか聴くことんできない曲がたくさんあります。しかも、とっても良い曲がいっぱい!

音楽をやる身としては、やっぱりこの時期特有の曲に触れたい、触れさせたい。

ということで、今、秋に入りかけたこの時期(2016年9月です)、曲を決めるにあたり参考にしてもらうための、私からのおすすめ曲をCDに録音している所です。

3種類のCDを作成

「音楽室ゆう」での曲決めは、「自分の弾きたい曲」でOK。でも、すべて子どもたちに任せてしまうと、曲に偏りが出てしまうので、私からおすすめの曲を数曲選んで、CDに入れて渡しています。

こちらの記事にも曲決めについて書いています。

「自分の弾きたい曲を弾く」も大賛成!でもいろんな曲があることを知ってほしい
「音楽室ゆう」では、10月~12月にかけて、みなさんにクリスマスの曲に取り組んでもらいます。 そろそろ、みなさんに提案する曲の選定に入らなければいけません。 どうやって曲を決める? 「音楽室ゆう」での曲の決め方は・・ 私から...
【ピアノ教室レッスン内容】「この曲弾きたい!」の選択肢を増やすために
生徒からの「この曲弾きたい」という気持ちを大事にし、積極的にレッスンに取り入れています。でも気になるのは曲に偏りが出ること。そうならないように、いろいろな曲を知ってもらえるような工夫をしています。具体的にどのようなことかをまとめました。

今「音楽室ゆう」に通ってくれている子で一番多いのは、「初級」といわれる時期の子。そして、「導入」をそろそろ抜けるかな、という子と、始めて数か月の子が続きます。

ということで、今回は3種類の「おすすめ曲CD」を用意します。

選曲で大事にしていること

おすすめ曲を選ぶときは、次のようなことを考えています。

  • 難易度
  • 曲が重ならないように
  • 「この曲知ってる?」というものを入れる

まずは難易度ですね。3枚作るということでも難易度で分けていますが、どの子がどの曲を選んでも大丈夫なように、1枚のCDの中の難しさをそろえています。

本人たちは、聴いてみて難しそうとか簡単そうとかを考えて、それも考慮に入れて「この曲!」と決めるでしょうが、こちらとしては、どの子もどの曲も弾けるよ、というものを選んでいるつもりです。

純粋に好きな曲を弾いてほしいと思うので。

もう一つ注意しているのが、曲が重ならないように、ということです。

1枚に5曲を入れますが、3枚で15曲、みんな違う曲にしました。

去年と同じ曲はあります。でも、アレンジの違うものにしました。

そして、子どもたちはあんまり知らないんじゃないかな、という曲をそれぞれに入れました。

私自身も、あぁそういえばこんな曲あったね、という曲。日本では「超有名」というわけではない、という感じの曲です。

たまたま購入した、アメリカで販売されている初級者向けのクリスマス曲集にそういった曲がいくつか入っていて、とても参考になりました。

その曲集には「私は知らないなぁ」というものもあり、やっぱりクリスマスは”あちら”の文化なんだなぁ、なんて思ったりしました。

録音は少々大変・・でも楽しんで

導入期やそれ以前の子向けの曲は初見で弾けるので、それほど苦労はしません。選曲には時間がかかりますが。

でも、初級くらいになると、初見で一発OK、とはいかず、少々練習が必要になってきます。

録音も、テイク2テイク3・・なんていうことになったりして・・

一応見本演奏なので、一音でも間違っているものを渡すわけにはいきません。

結構時間がかかります。

それでも楽しい作業ですね。

この曲、この子が好きそうかな。このアレンジいいよね、みんなこの曲がいいって言うかも。

色々と考えながら録音します。

今だからできることかも

レッスンに来ている子の人数が10人弱で、初級くらいの子まで。

こういう状態なので、できることかもしれません。

中級以上の子がいたら・・・もうそれは、自分自身で曲を探して決めてもらうということになるかな。

知っている曲も増えるだろうし、自分で探すすべも身に付けているだろうし。

「音楽室ゆう」の現状を考えると、そういう子は中学生以上になります。

こんなのどう?あんなのどう?といろいろ言う方が失礼かも。

今いる子たちも、いずれそう域に達していくんだなぁ。いくといいなぁ。

そんなことも夢見ながら・・さぁ!クリスマスの曲のレッスンに入っていきます。

主に使っているクリスマス曲集はこちら⇩

【ピアノ楽譜紹介】クリスマス曲のおすすめ曲集6冊
教室で主に使っているクリスマス曲の曲集を6冊ご紹介します。導入~初級クラスです。クリスマスはこの時期特有の音楽が多くあります。いろいろなアレンジのものを楽しめたらと思います。

 

コメント