ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

【ピアノ楽譜紹介】バイエルの次はこれ!『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』

おすすめ楽譜
スポンサーリンク

先日、バイエル終了程度の難易度の併用曲集についての記事を書きました。

改めてまとめてみて思ったのは・・

「バイエル終了程度から使える曲集といえば、やっぱこれだよな!」

”これ”とは何か?『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』です。

曲数が多く、「ブルグミュラー終了程度」の難易度の曲まで入っています。

選択肢が多く、また、長く使えるということ。

以前、4期が網羅されている6冊の曲集の中の1冊としてご紹介しましたが、改めてこれ1冊だけを取り上げることにしました。

楽譜選びの参考になればと思います。

『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』とは?

まずは、楽譜そのものの紹介から。

『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』は、2014年11月にドレミ楽譜出版社から初版が出版されています(おそらく改訂版)。

編著書は橋本晃一さん。ピアノ導入教材『ピアノひけるよ!』シリーズの著者ですね。

対象は小・中学生

副題に「小・中学生のための」とあり、「はじめに」や目次、曲目解説など、すべてふり仮名がつけられています。

自分で読み、自分で調べられるように、ということですね。

「このくらいの曲を弾くまでになったら、主体的にピアノへ取り組みましょう」というメッセージのように感じます。

子どもが使うことを想定して作られてはいますが、もちろん、大人が使ったっていいですよね!

”4期”が意識されている全57曲

収録曲数は57曲。多いですね。

この『ブルグミュラー併用ピアノ曲集』は、以前こちら⇩の記事の中で紹介した楽譜です。

【ピアノ楽譜紹介】4期のピアノ曲を1冊にまとめた曲集6冊のご紹介
ピアノレッスンでは「4期」それぞれの時代の曲を弾くことが主流になってきているように感じます。そこで「4期」を意識した曲集6冊を紹介します。難易度を明確にしてシリーズ化したものとそうでないものに分けています。

つまり、バロック、古典派、ロマン派、近現代の4期の曲が含まれているわけです。

曲の偏りも少ないということですね。

ちょっと気になるのは、近現代(楽譜では「近代」となっています)が3曲しかないということ。

これは、少ないな、とは思います。

ブルグミュラーの中の難易度順に分けられている

全57曲は、難易度順に5段階に分けられています。

分け方は以下の通りです。

  • GRADE A ブルグミュラー1~5番程度・・12曲
  • GRADE B ブルグミュラー6~11番程度・・11曲
  • GRADE C ブルグミュラー12~18番程度・・11曲
  • GRADE D ブルグミュラー19~25番程度・・11曲
  • GRADE E ブルグミュラー終了程度・・12曲

それぞれの中に4期の曲が入っています。

・・と言いたいところですが、先にも書いた通り「近代」は3曲しか入っておらず、3曲とも「GRADE E ブルグミュラー終了程度」になっています。

スポンサーリンク

収録曲紹介

それでは、収録曲を紹介します。そこが肝心なところですね。

曲数が多いですが、がんばって表にまとめます!

 題名作曲者4期の区分
ブルグミュラー1~5番程度
メヌエットクリーガーバロック
ジーグテーレマンバロック
メヌエット ト長調ペツォルトバロック
メヌエット ト短調ペツォルトバロック
アンダンテ・コン・ジュストハスリンガー古典派
6ドイツ舞曲W.A.モーツァルト古典派
7ドイツ舞曲ベートーヴェン古典派
8メヌエットドゥシェク古典派
9そりに乗ってケーラーロマン派
10高貴なワルツグルリットロマン派
11すみれストリーボッグロマン派
12舞踏の時間にリヒナーロマン派
ブルグミュラー6~11番程度
13アングレーズL.モーツァルトバロック
14アリオーソスカルラッティバロック
15調子のよい鍛冶屋ヘンデルバロック
16メヌエット作曲者不明バロック
17メヌエットハイドン古典派
18トルコ行進曲ベートーヴェン古典派
19ソナチネ 第5番ベートーヴェン古典派
20イタリアの歌チャイコフスキーロマン派
21フランスの古い歌チャイコフスキーロマン派
22紡ぎ歌エルメンライヒロマン派
23あやつり人形ローデロマン派
ブルグミュラー12~18番程度
24インパーティネンスヘンデルバロック
25サラバンドコレッリバロック
26マーチC.Ph.E.バッハバロック
27ブレーキルンベルガーバロック
28アンダンティーノ・カンタービレディアベリ古典派
29アレグロハイドン古典派
30ソナチネ 作品20の1ドゥシュク古典派
31楽しい農夫シューマンロマン派
32最初の悲しみシューマンロマン派
33魔女の踊りクラックロマン派
34蝶々ゲールロマン派
ブルグミュラー19~25番程度
35W.F.バッハバロック
36ブレーJ.S.バッハバロック
37小プレリュード ハ長調J.S.バッハバロック
38小プレリュード ハ短調J.S.バッハバロック
39ウィンナ・マーチツェルニー古典派
40ロンドクーラウ古典派
41ソナチネ 第6番ベートーヴェン古典派
42人形のお葬式チャイコフスキーロマン派
43ワルツチャイコフスキーロマン派
44プレリュード 作品28の7ショパンロマン派
45ジプシーの踊りリヒナーロマン派
ブルグミュラー終了程度
46プレリュードJ.S.バッハバロック
47サラバンドヘンデルバロック
48よろこびラモーバロック
49アンダンテ・グラツィオーソW.A.モーツァルト古典派
50エリーゼのためにベートーヴェン古典派
51メヌエットベートーヴェン古典派
52見知らぬ国と人々シューマンロマン派
53カンタービレショパンロマン派
54ワルツショパンロマン派
55ワルツ・バレエサティ近代
56ジムノペディ 第1番サティ近代
57小さな黒人ドビュッシー近代

発表会の定番曲というような、有名曲も多く収録されているのではないでしょうか。

楽譜の状況

楽譜の状況についても紹介します。

⇩はじめの方。

⇩終わりの方

基本的には1ページ5段ですが、6段になっているページも多いです。

曲の長さや音符の状況による、ということですね。

音符の大きさはちょっと大きめ?紙の色味が真っ白なので、音符の黒がはっきりして見やすいということかもしれません。

しばらくこれ1冊で大丈夫

  • 57曲という曲数
  • ブルグミュラーに入りたてから終了程度まで、という難易度の広さ
  • 様々な時代の曲が収録されている(近現代は3曲だけだけど)

ということから、比較的長く使える曲集ではないかと思います。

全曲はやらないまでも、前の方からまんべんなく進めていけば、いろいろな曲を経験しつつ弾く力がついていくのではないかと思います。

実はレッスンでは、ブルグミュラーを使っている生徒もいますが、ブルグミュラーを使わずにこちらだけを使っている生徒もいます。

いろいろな時代の曲に触れられる、ということを重視して、こちらをメインに進めることにしました。

また、様々な曲が入っているということで、発表会の曲の選曲にも使える、ということもあります。

レッスンも発表会もこれ1冊。しばらくこれのみで進め、これを終えたら1ランク上がることができる。

そんな曲集ではないかと思います。

楽天市場からもどうぞ。

楽譜ネットでもどうぞ。

出版社の楽譜紹介ページはこちら。

よろしければこちら⇩もどうぞ。

【ピアノ楽譜紹介】4期のピアノ曲を1冊にまとめた曲集6冊のご紹介
ピアノレッスンでは「4期」それぞれの時代の曲を弾くことが主流になってきているように感じます。そこで「4期」を意識した曲集6冊を紹介します。難易度を明確にしてシリーズ化したものとそうでないものに分けています。

 

コメント