ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

発表会に出演した生徒や保護者の方から感想をいただきました

発表会
スポンサーリンク

発表会が終わって2週間。

この間、出演した子どもたち自身や保護者の方から感想をいただいています。

 

緊張した、でもうまくいった!

子どもたちには、発表会後最初のレッスンで発表会での演奏を録音したものを聴いてもらいました。

「どう?」と訊くと・・・

「緊張した」「頭が真っ白になった」という声とともに、

「まあまあかな」「うん、いいと思う」という感想がほとんど。

自分の演奏に満足している様子がうかがえます。

 

うん、そうだよね。だって、今までで一番いい演奏だったもん!

 

お家の方からのうれしいご感想「自分も弾いてみたくなった」

お家の方からのはっきりしたご感想は、実はあまりいただけていません。

発表会直後におたよりの臨時号を発行し、「ご意見ご感想がありましたらお聞かせください」と用紙を付けてお渡ししました。

中には、そちらにご記入いただいた方もいますが。

でも、当日終了直後にお話ししたときのご様子や表情から、満足していただけているのかな・・と感じています。

 

具体的に頂いたのは・・

「よく弾いたと思います」「今までで一番良かった」「楽しそうに弾いていた」

などの、我が子に対する感想が多いですよね。

あと、とてもうれしかったのは、「自分も弾いてみたいと思った」というもの。

子どもたちが緊張しながら一生懸命弾いているのを見て感動した、とのこと。

純粋に音楽っていいなぁ・・と思い、自分も・・と思うんですよね。

特に、ご自分もピアノの経験があるようなので、余計にそう思われたのかもしれません。

まさに「心動かされた」ということですよね。

そして、子どもたちは「心を動かすような演奏をした!」ということです。

 

次回もまた出たい!と思ったかな?

発表会は、とってもとっても緊張するものだけれど、人に聴かせるという、音楽にとって最も重要なことをする場です。

そこで満足感が得られているのなら、「また弾きたい」と思ってくれているかな。

音楽に気持ちを乗せて、それを相手に届くように弾く、楽しさ、うれしさ、喜び。

そんな感情を、たくさんたくさん経験してほしいと思っています。

 

 

コメント