ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

発表会の終わった週もレッスン さっそく新曲に取り組んでいます

生徒の様子
スポンサーリンク

3か月も前から”この日”に向けて取り組んできた。だから終わったらホッとしたい・・・

でも、今回は即レッスンです。

発表会の終わった週もレッスン お盆休みに入る前に

これまでは、発表会の終わった週はレッスンをお休みにしていました。

その週もレッスンにしていると、発表会当日から2日後にレッスン、なんてこともあります。

そうすると、お家で次の曲を見る間もなく、なんだかあわただしく新曲へ入るという感じになってしまいます。

それに、やっぱりちょっとホッとしたいのでは。

なので、1週お休みにして気持ちを落ち着けて、新しい曲を少し見てきてもらって、次のレッスンとしていました。

 

でもね、今年はそうはいってられない。お盆休みが迫っているから。

これで、発表会後1週お休みにしてしまうと、2回、中には1回のレッスンでまたお休み週間になってしまいます。

これではそれこそ気が抜けちゃう。ただでさえ気が抜けやすい「夏休み」なのに!

ということで、今回は発表会後も即レッスンとしました。

発表会の余韻に浸りつつ次の曲へ

まだまだ発表会の余韻を引きずってのレッスンです。子どもたちだけではなく、私も。

レッスンのはじめに、まず発表会での演奏を聴いてもらっています。

発表会での演奏は、毎回CDに入れて記念にお渡ししています。なので、録音してあるんです。

感想を話してもらいますが、どの子もみんな満足げ。これまでで一番いい演奏だったもんね!

それから通常のレッスンスタイルに戻ります。3か月間休止していたワークなどを再開させます。

そして、発表会前最後のレッスンで確認した新しい曲に入ります。

今回は、お家で予習するような余裕はなかったハズなので、一緒に一つ一つ進めていっています。

”ヤル気”が違う!

発表会が終わったのはほんの数日前。なので、まだまだ気分を引きずっている子どもたち。

大きな失敗なく「うまくいったな」という達成感をみんな持っています。

なので、”ヤル気”なんですよね。

教室へ入ってくるなり新しい曲の楽譜を開いて弾こうとして、ちょっと待ってと止めたり。

曲が決まっていなかった子も「これをやりたい」とすぐに決めたり。

これ弾けるかな・・難しいかな・・といったマイナスな気持ちの迷いがないようでした。

この”ヤル気”がいつまで続くか・・気になるところではありますが、ヤル気になっている事実は大事にしたいですよね。

「発表会、緊張したけど出てよかった」こんな風に思ってくれている証拠かな、とうれしく思います。

 

 

コメント