ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

子どものピアノの練習、親の役割とは

ピアノの練習について
スポンサーリンク

ピアノ指導者の永遠のテーマ「練習」

ピアノの上達にはお家での練習は欠かせません。
毎日するのが理想。必要な時間は、それぞれの段階によって違ってくるとは思いますが。
これができるかできないかによって、上達の具合は大きく違ってきます。断言できます。
でも、それってピアノに限ったことではないですよね。スポーツだってなんだってうまくなるためには練習が必要!です。
 
でもなかなか練習しない。まぁ、楽しいものではありませんから。
うまくなった自分を想像して、それをモチベーションに地道に努力する。地味~~なものです。
でも、練習ってそういうもの。練習が楽しかったら練習そのものが目的になってしまう。
練習はあくまでも弾けるようになるためにすること。
弾けるようになってうれしい!それに向かって努力したことも含めて楽しかった。
それが、本来の形だと思います。
 
そうはいっても、なかなか・・・練習自体を楽しいものにしないと練習してくれない・・・
 
生徒に練習させる。これって、ピアノ指導者の永遠のテーマではないでしょうか。
 

私の子どものころ・・・親がつきっきりだった

私は4歳からピアノを始めました。いきなりバイエル開いて「弾く」というレッスンだったと思います。
私が子どものころ実際どんな風に練習していたかというと・・・
母がつきっきりでした!
母はそのころ仕事をしていなかったので、私は幼稚園に通っていましたが、行く前と帰って来てから母が横について練習していました。
幼稚園って朝は遅いし帰りは早いんですよね。時間いっぱいあって・・・
 
すんごく厳しかったのを覚えています。
泣きながら練習、なんてことはなかったと思いますが、口調は厳しく手を叩かれたりしたような気が・・・(違ってたらごめんなさい、お母さん)
一度(だったと思う)トイレに行ってそのまま友達の家に遊びに行ってしまったことがあります。
でも、叱られなかったなぁ。
 
でも、というか、だからかなぁやっぱり、弾けたんです!同じころ始めた子より頭一つ進みが早かった。
年長のころに「人形の夢と目覚め」を弾いていた。
これは、この曲をレッスンしていたのではなくて、幼稚園の合奏でこの曲をやり、先生が弾いていたのを覚えてしまった、という状態でしたが。
後から分かったことですが、先生はほぼ原曲通り弾いていたようです。
 
実際弾けるようになった。だからなのか、母が厳しく練習を見ていたことは、ぜんぜん悪い思い出にはなっていません。
 

「親がついて練習」を求めているわけではありません

私の子どもの時は、少なくとも幼稚園時代は母がついて練習していたと思います。
下の兄弟が生まれたり、母が仕事を始めたりして、小学校へ上がるころにはひとりで練習していたと思います。
できるようにもなっていたと思うし。
 
私にとっては、母がついて練習をしていたことが弾けるようになった大きな要因ではないかな、と思います。
でもそれはあくまで「私の場合」です。ひと昔(さん昔ぐらい?)前の話です。
実際、今の時代、親がつきっきりで練習を見る、なんてことができるお家がどれだけあるか。
 
それに、これは私が小学校へ上がる前の話です。
小学校入学前くらいの歳の子に、私が受けたような厳しい練習は必要か?とも思っています。
たとえ、自分は悪い思い出になっていないとしても。
やり方によっては、音楽嫌いになってしまいかねない。
 
なので、今レッスンに来ているご家庭に、それを求める、ということではありません。
 

練習に耳を傾けて

じゃぁ、練習は子ども任せでいいのか、というとそうではありません。
時間を見つけてさせる、ということは最低限必要だと思います。
練習の習慣づけ、ですよね。
そして、何をやっているのか、耳を傾けていてほしいと思います。
子どもの様子に疑問を感じたら先生に相談する、ということもしてほしいですね。
 
私も悩んでいます。どうしたらもっと練習するのか。
練習しよう!と思えるレッスン、ってどういうものか。
練習するかしないかは、先生の働きかけも大きく影響することだと思います。
 
でも、1週間に1度会うだけの関係では、どうにも限界があります。
一緒に考える、一緒に育てる、という視点が、ピアノ教育にも必要だと思います。
わが子に「ピアノを弾けるようになってほしい」という思いがあるのなら、ですが、お家での練習の様子を把握する、ということは最低限必要なことではないかな、と思います。
 
 

コメント