ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

ピアノで跳躍をスムーズに弾くために必要な3つのポイント

ピアノの練習について
スポンサーリンク

ピアノを弾くときに難しいことの一つに、離れた音を弾く「跳躍」があります。

音域が広がり聴かせどころだったりする反面、いざ弾く場面では音を外してしまわないかドキドキしてしまう、演奏者泣かせだったりしますよね。

そんな「跳躍」をスムーズに弾くためには、注意すべき3つのポイントがあると考えています。

弾くべき鍵盤を「見て」いるか

離れた音を正確に弾くためには、その音が何かをきちんと分かっていることが必要です。

まず一つ目のポイントは「視線」です。弾くべき鍵盤をきちんと視線にとらえているか、ということです。

手を持っていく場所が分かっていなければ、そもそも弾けない。

まず「見て」、あそこだ!と認識して、初めて正確にその場所に指が行く。

指を動かす運動が成立する経路は、その順番のはず。

  1. 「見」て認識
  2. 動かす

うまくいかないのは、なんとなくこっちの方、くらいにしか鍵盤の位置をとらえられていないからではないかと思います。

「いつ見るか」が問題

「見る→弾く」を繰り返しやってみる、というのは、一つの練習方法だと思います。

でも、曲の流れに乗ってスムーズに弾いていくためには、その音だけを意識して「見る→弾く」をその都度していては間に合いません。

事前に見ておく必要があります。少なくとも、跳躍する音の直前の音を弾いているその時には、見ていなければいけません。

そして、跳躍した音そのものを弾いているときには、視線はすでに次に弾くべき鍵盤に移っているべきです。

「楽譜の先を先を読んで弾く」とよく言われますが、これは、常に今弾いている音の先の音を意識する、ということです。

実際に曲を弾くときは、頭の中では、今鳴っている音よりも先の音をイメージします。

「こんな音を出したい」というものが事前になければ、音は出せないからです。

そのことを、跳躍している音を弾く場合は「見て」行います。

見なくても指を移動させられるのであれば、見る必要はありません。

跳躍部分も見なくても弾けるようになれば、見る必要はないですね。

でも、音への意識は先へ先へ進めます。

手をどう動かすのかを「感じる」

 

2つ目のポイント。それは、その音を弾くときの手の感覚を感じることです。

どの程度開いたらその音の鍵盤に届くのか、どの程度腕を移動させる必要があるのか。

そうしたことをきちんと感じながら弾く、ということです。

上に、「見なくても弾けるのであれば見る必要はない」と書きましたが、これは、「手の感覚だけで弾けるようになる」ということです。

しっかりと見て確実に鍵盤をとらえる部分練習を、手がどのように動いているのかきちんと感じて弾くようにすれば、それほど見なくても弾けるようになります。

目線の端にとらえる程度、とか、事前に見ておいて実際に弾くときには全く別のところを見ているような状態でも弾けるようになります。

⇩こちらの記事もどうぞ。

【ピアノの弾き方】ミスタッチを減らすには?鍵盤感覚が大事!
ピアノを弾く際のミスタッチ対策について鍵盤感覚を視点に考えました。鍵盤感覚のあいまいさで起きるミスタッチは多いのではないでしょうか。どのように手や指を動かせばこの音を弾けるのか。感覚を研ぎ澄ませて常に意識的に弾くことが大切だと思います。
スポンサーリンク

自分がしていることを「意識」しているか

もう一つのポイントは、跳躍している音を弾くための一連の動作を「意識」して行っているか、ということです。

「見る→弾く」をやみくもに繰り返すだけでは、あまり意味がない。

「見ている→弾いている」といった具合に、一つ一つを確実に行うことで、定着していくものだと思います。

「手の感覚」についても同じ。いちいちこれでもか!というくらいに「感じて」弾くことを繰り返すことが大事です。

小学生のころになると、自分の考えていることを意識することができます。

意識することで、より自分の考えを深めたり、応用させたりし、論理的な思考へ発展させることができる。

発達段階としては、そのような時期だとされています。

そうした意味から、自分のしていることを一つ一つしっかり意識しながら行うことは、その行為を定着させる大きな助けになるのではないかと思います。

大人の方も同じです。やみくもに弾いても弾けるようにはならない・・。まー、弾けるようになるとは思いますが、効率が悪いです。

考えながら、感じながら弾く。これが弾けるようになる早道だと思います。

跳躍は難しい~今取り組んでいる二人の生徒~

日々のレッスンで、今まさに跳躍に苦労している子がいます。跳躍の多い曲に取り組み始めたら、止まってばかりで先に進めなくなってしまいました。

臨時記号がたくさんついているわけではなく、リズムも単純で、決して難しい曲ではありません。

スムーズに弾いていけないのは、音の飛んでいる部分がうまくいかない、ただただそれだけのように思います。

楽譜のどの部分なのかをはっきりさせ、その部分だけを取り出して何度も弾いてもらうようにしていますが、なかなか・・

私としても、これにこんなに苦労してしまうとは・・選曲を間違えたかも・・と少々申し訳ない気持ちも。

跳躍部分を弾くのは確かに難しいことです。

ひとつだけ離れたところにある音を正確につかめるかどうかは、演奏中もちょっとドキドキしてしまうことですね。

跳躍を難なくこなしてしまった生徒も

似たような雰囲気で、似たような難易度で、似たような跳躍部分のある曲を、難なくこなしてしまった子もいます。

その子たちは、年齢も一つしか違いません(上に登場した子の方が年上)。

やっぱり一人一人違うなぁ。同じくらいの子が同じ課題に直面するとは限らない。

そんな当たり前のことも、改めて感じさせてくれた出来事です。

この二人の違いは何なのか・・

そんなことから、この記事を書いてみました。

今回困難に直面しているこの子。乗り越えていけるといいな。

じっくりとかかわっていくつもりです。

 

⇩こちらの記事もどうぞ。

【ピアノの弾き方】ミスタッチを減らすには?鍵盤感覚が大事!
ピアノを弾く際のミスタッチ対策について鍵盤感覚を視点に考えました。鍵盤感覚のあいまいさで起きるミスタッチは多いのではないでしょうか。どのように手や指を動かせばこの音を弾けるのか。感覚を研ぎ澄ませて常に意識的に弾くことが大切だと思います。
ピアノの弾き方、練習法のまとめ
ピアノの弾き方や練習に関する記事の一覧です。大まかではありますが内容別に分けました。お好きな記事を選んでお読みください。

 

コメント