ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

発表会後の予定 大きな取り組みはあと二つ

発表会以外の教室行事
スポンサーリンク

大きな行事である発表会が終わって1か月。

そして、2学期が始まり子どもたちの日々の生活も通常に戻りました。

今年度の残り、あと7か月。どのような流れで進めるのかをまとめました。

大きな取り組みは2つ

「音楽室ゆう」は、年間行事として3つ挙げています。

  • 発表会
  • クリスマス曲への取り組み
  • グループレッスン

発表会は先日行いましたので、あと2つ残っています。

「クリスマス曲への取り組み」とは・・・

季節に合った曲を弾こう、ということで、クリスマスの時期に合わせてクリスマス曲に取り組みます。

この時期は、テレビからもラジオからもクリスマスソングが流れ、街はクリスマス一色になりますね。

誰でも知っているような有名な曲が何曲もあります。この時期に、これを弾かずしてどうする!

音楽をやっているのなら、避けて通るべきじゃない。そんな風に思います。

ひとりひとりに選んでもらって1曲を決め、10月ごろからクリスマスにかけてレッスンしていきます。

そして、1枚のCDにまとめてひとりひとりに渡します。

昨年は、各家庭で演奏を披露してもらいました。

お家でのクリスマスパーティーで演奏し、「いつもはCDをかけますが、今回は生演奏!とても良かったです」という感想もいただきました。

今年もその方向で考えています。これも、人前で演奏する機会の一つです。

「グループレッスン」とは・・

3月末に、今年度の集大成といった意味合いで行う予定です。

一人一人に「今年度弾いた曲の中での一番のお気に入り」を演奏してもらいます。

昨年は、「この中でもう一度聴きたい曲は?」というアンケートを取り、票の多く集まった子に、その場で再度演奏してもらいました。

「自分以外の人の演奏に、じっくり耳を傾けてほしい」ということで行いましたが、みんなとてもしっかり聴き、また、演奏もとても丁寧でした。

もう一つ、学習的な内容も行いたいと思っています。

これについて昨年は、楽譜上の様々な記号にもっと目を向けてほしい、ということで、誰もが知っている「カエルの歌」に自由に記号を書き込んで演奏をしてもらいました。

強弱記号やスラーなどを入れるのですが、ひとりひとりみな違っていてとても面白かったです。

今年度の内容はこれから検討。みんなの状況に合ったものを行いたいと思っています。

そろそろ準備に

「クリスマス曲への取り組み」に向けて、そろそろ本腰を入れて準備に取り掛からなくてはいけません。

10月ごろには練習を始めるので、それまでには曲を決めなければいけません。

そのためには、私が候補を数曲挙げる必要があります。

発表会の曲を決めたときのように、CDに録音して実際に曲を聴いてもらって決める、という流れで行きたいと思っています。

なので、私は事前に練習も必要。のんびりしていられないです。

去年よりも、みんなそれぞれ技術が上がっているので、去年よりも難しい曲を弾けるでしょう。

私もきちんとみんなに合ったものを選ばなければ!

もちろん、私が選んだもの中から決めなければいけないわけではありません。弾きたい曲があれば、それを優先します。

でも、発表会の時同様、いろんな曲があることを知ってもらいたいので、やっぱりCDは聴いてもらいますが。

選曲は大変な作業ではありますが、楽しいものです。今からちょっとワクワク。

子どもたちの顔を思い浮かべながら、決めていきます。

 

 

コメント