ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

発表会まであと数日 最後のレッスン何をやる?

発表会
スポンサーリンク

次の日曜日が発表会。当日まであと数日になりました。

さぁ、発表会前最後のレッスン。私が伝えるべきことは・・

 

今週は仕上げのレッスン 良いところをしっかり伝える

今週が発表会前最後のレッスンです。総仕上げの時期ですね。

当日と同じように1曲通して弾いてもらい、それを録音して自分で聴いてみて、思ったことを言ってもらっています。

子どもたちは、ここがちょっと、あそこがちょっと・・とよくないと思うことを言うことが多いですね。

私も感想を言いますが、あまり悪いことは言わないよう心掛けています。

気になる部分はありますが、それを今の時点で指摘しても仕方がない。そういうことは今後の課題。

それよりも、全体を見てどう感じたかを伝えるようにしています。

そうすると、必ず「こういうところが良かったよ」という話になります。

みんなここまで練習を重ねてきて、聴ける演奏になっているので。

そういうことをきちんと伝えることで、自信をもって演奏できるのではないかと思います。

 

止まらないで弾き通す練習を

当日までの残り数日は、本番と同じような心持ちで1曲通して弾くことを宿題としています。

その時、止まらないこと。「間違えてしまっても知らんぷりして続けるんだよ」と話しています。

止まってしまうと、そこで音楽自体が途切れてしまう。聴いている人の気分も止めてしまう。

そうしないようにね、と。

止まることが癖になっているような子もいます。間違えてないのに止まっちゃう、みたいなことも。

これはまた、今後引き続きの課題ですね。

1曲通すときは、間違えないことより止まらないことの方が大事だよ、伝えます。

 

「この曲が好きなの!」を伝える演奏を

人前での演奏となると、間違えないように弾くことばかりに気が行きがちです。私もそう。

でも、それだと演奏を聴いてもらう上ではあまりにもったいない。

やっぱり、この曲にした理由、「この曲が好きなんだぁ」ということを知ってもらう演奏をしたいものです。

せっかく「相手」がいるんだから。

プログラムに載せる曲に対するコメントを読んでいると、みんな、ここが気に入っている、ここを聴いてほしい、といったことを書いています。

それを相手に伝えるような演奏をしようね、と話しています。

間違えないで弾くことより、演奏に曲への思いをちゃんと乗せられたかの方が大事だよ、と。

そう考えることで、緊張も少しほぐれるのではないかな、と思っています。

 

泣いても笑ってもあとちょっと。悔いの残らないように練習しようね。

 

コメント