ピアノの弾き方、練習法のまとめ

ピアノの弾き方や練習法などについての記事を、こちらにまとめました。

参考になればうれしいです。

ピアノの弾き方の基本

基本的なピアノの弾き方についての記事です。

ピアノを弾くとき指がスムーズに動かない?手の形と基本の動かし方を解説
ピアノを弾くときの手の形と基本的な指の動かし方についてまとめました。脱力ばかりを意識せず、最低限の力を使って形を保つ必要があります。指くぐりなどさらに複雑に動かすときはまた別に注意する部分がありますが、やはり基本は大事ですね。
【ピアノの弾き方】音がきれいに揃う和音の弾き方
ピアノで複数の音を同時に弾く和音。出ない音があったりバラバラに鳴ったり・・結構難しいものです。音がきれいに揃うための基本の弾き方をまとめてみました。手の形、腕の使いかたなども書いています。動画つきです。
ピアノを弾くと親指の付け根が痛い!痛くならない親指の使い方
ピアノを弾くときの親指の使い方をまとめました。骨や筋肉の構造から考えてみました。結局は「指だけを使わない」ということに尽きるように思います。
ピアノでスラー 正しい意味から弾き方を見直そう!スラーは最も大切な記号です!
すご~くよく出てくる音楽記号スラー。その意味と弾き方についてまとめました。フレーズの区切りを意味するものなので最も重要な記号だと思います。スラーを大事に弾くことで音楽の表現が変わってきます。まずは正しい意味を理解することが大切ですね。
ピアノのフォルテ(f)乱暴な音にならない弾き方をピアノの構造から考える
ピアノをフォルテ(f)で弾くと乱暴な音になる。そうならないためにはどう弾けばいいのかをピアノの構造から考えてみました。鍵盤を上から叩くような弾き方をしがちですが、叩かなくても大きな音を出すことはできます。
ピアノのスタッカート基本の弾き方 ホントの意味は「跳ねる」じゃないよ! 
ピアノでよ~く出てくるスタッカート。ぴょんと跳ねることに意識を向けすぎて不安定な音になってしまうことが多いように思います。結構難しいその弾き方を『シャンドールピアノ教本』を参考にしてまとめました。
ピアノで和音スタッカートを弾くのは大変!まずはきちんと音を出すことから
スタッカートは、単音でも和音でも、本当によく出てくる記号ですが、和音スタッカートを弾く場合、まずは和音をしっかり弾けることから始めなければいけません。しっかり音を出して、短くする。この順序での練習が大切だと思います。
ピアノの弾くときの「手首を柔らかく」ってどういうこと?脱力とは違うの?
ピアノを弾くとき手首は柔らかくとよく言われます。それはなぜか、何がいいのかを考えました。脱力することとはちょっと違い力を緩めることだと感じています。次々に音を出していくためには手首を柔らかくしておく必要があります。
ピアノを弾くときに小指が立つ!立たないようにする練習法
ピアノを弾くときに小指が立ってしまう場合があります。その原因と対策をまとめてみました。結局余分な力を使っていること。ピアノを弾くときの手の形や指の動かし方を再チェックする必要があります。練習にはハノンなどの単純練習がおすすめ。参考になれば。
【ピアノの弾き方】指を速く動かすために「手の形」を見直そう!
指を速くスムーズに動かすために大事なことをピアノを弾くときの手の形から考えてみました。基本の手の形を整えつつ指だけを自由に動かせるように腕で手をしっかり支えることが大切です。指はあくまでも自由にさせておくことが重要です。
ピアノでオクターブが弾けない!手の形、開き方、動かし方を解説
ピアノでのオクターブの弾き方をまとめました。まずは手の開き方を解説。そして1音ずつの移動やオクターブ2音の和音の弾き方も動画付きで書いています。最も重要なのは「開き方」ですね。詳しくまとめてみましたので参考になればと思います。
ピアノの指くぐりはくぐらせてはダメ⁉楽~に弾くために大事なこと
広い音域を弾くために必要な「指くぐり」についてまとめました。手に負担をかけない弾き方は「くぐらせない」こと。親指に意識が向きがちだけれど大事なのは小指側です。文献からの引用や動画もまじえて書いています。参考になれば・・
ピアノを弾くとき薬指が動かない!音が出ない!その理由と2つの練習法
薬指が弱くて動かないというのはピアノを弾く時の大きな悩みですね。その理由と練習法を2つまとめてみました。手の形等を見直し薬指を意識的に動かすということが大切だと思います。そして曲を弾くことにきちんと反映させること。これは忘れないようにしたいですね。

読譜について

音符の読み方についての記事です。

楽譜を読めるようになるためにピアノレッスンで行っていること
「楽譜を読む」とは「音符を読む」こと。音符をスムーズに読めるようになるためにレッスンで実際にしていることを中心にまとめました。すぐに読める音を増やすこと、そして読む、書く、歌うを組み合わせていろいろなアプローチをすることが大事と考えています。
文章を読むように楽譜を読もう! 音の”まとまり”を意識して読むことの大切さ
楽譜をスムーズに読むためには、文章を読むときに単語をとらえるように、音の連なりを”まとまり”でとらえることが大切です。「文章を読むように楽譜を読む」が理想の読み方。初めから音楽的な演奏をすることにつながる大切なことだと考えています。
楽譜の音符を声に出して読むことって大事!「音読」することの効果を調べてみた
日々のレッスンで楽譜の音符を声に出して読んでもらうことを大事にしていますが、声に出すことの良さは何でしょう?文章を声に出して読む「音読」からその効果について調べてみました。音楽なので「歌う」ことも大事にしたいですね。
楽譜が読めるようになるための基本と3つの実践法「読む・歌う・書く」
音符をスムーズに読めるようになるための練習法を3つにまとめました。ワークなどを使わず音域の狭い楽譜(導入期教材など)をいろいろな方法(読んだり歌ったり書いたり)で繰り返し読むことだと思います。少しずつ地道な練習が必要ですね。
ピアノ初心者のうちから取り組むべき2つの重要な練習法 上達してから差が出ます! 
ピアノ初心者の内から、音符やリズムを読んで弾くことに加えて「歌うこと」と「ブラインドタッチで弾くこと」の2つを普段の練習に意識して取り入れることで、少し弾けるようになったころ、楽譜を正確に早く読み取ることに効果が表れると考えています。

練習法

具体的な練習の仕方についての記事です。

ブラインドタッチ(鍵盤を見ないで弾く)

ピアノの”ブラインドタッチ”できた方が絶対いい!練習法をまとめました
鍵盤を見ないでピアノを弾く、つまり「ピアノのブラインドタッチ」の練習法とできると何がいいのかをまとめました。ピアノを始めたてのころから取り組みたい大事なことですね。いろんな曲を弾いていきたいと考えているのならぜひ身につけたい!。
初見演奏には楽譜の先読み!その方法を楽譜の読み方からまとめてみました
楽器の演奏に楽譜の先読みは大事といわれます。初見演奏にも重要なそのコツをまとめてみました。楽譜を文章を読むようにかたまりでとらえられるといいと思います。
読譜を速くするために「目の動き」を考える 初見力アップにも効果あり!
楽譜をスラスラと読むためには目の動きも重要なポイントです。実際どのようなっているのかをまとめてみました。眼の機能を向上させるトレーニングもあるようです。読譜のスピードアップだけではなく、初見演奏にも大いに役立ちます。
ピアノで楽譜を見ながら弾けない・・弾ける人と弾けない人の違いって?
楽譜を見ると同時にピアノを弾いていくことのできる人とできない人がいます。弾ける人はどんな風に弾いているのか、その違いは何なのかを考えてみました。ピアノはやはり楽譜を見ながら弾けた方がいいと思います。曲の仕上がりが早くなり、演奏そのものを楽しめます。

部分練習の仕方

ピアノでの部分練習の方法 間違える原因を認識して考えながら弾く
苦手を克服するための「部分練習」。大切なのは、なぜ間違えてしまうのかを具体的にはっきりさせて、その部分だけを何度も弾くこと。弾けるようになってきたら弾く範囲をひろげます。始めから弾きなおすのは、手癖で弾くことにつながってしまいます。
ピアノで跳躍をスムーズに弾くために必要な3つのポイント
ピアノを弾くときに難しいことの一つ「跳躍」。それをスムーズに弾くためにはポイントが3つあると考えています。基本的なことだけれど忘れがちな3つのことをまとめました。
ピアノの左手メロディー右手伴奏が難しい 指の動きを意識し考えながら弾く
ピアノ曲のほとんどは、右手でメロディー左手で伴奏を担当しますが、時には逆のこともあります。ただでさえつられやすくできている手の機能。どうすれば別々の動きをスムーズにできるのか、まとめてみました。
ピアノで分散オクターブを楽に弾く方法 モーツァルトの「トルコ行進曲」を例に
モーツァルトの「トルコ行進曲」の最後の方に出てくる「分散オクターブ」。私も含めて苦労している人、多いのではないでしょうか。どうすれば楽に弾けるかを考え、まとめてみました。手や指だけではなく、腕全体に視野を広げて動かしてみることが大切だと思います。
「左右別々」が必要なピアノ 手がつられないように弾く練習法
ピアノを始めたばかりの頃は手がつられるということがよくあります。その対策としてレッスンで行っている方法を紹介します。右手左手それぞれの手をスムーズに動かせるようになるには地道な練習しかないようです。
ピアノで弾きたい指が動かない人へ!なんで違う指が動くの!!イライラ・・
ピアノを弾くとき思った指と違う指を動かしてしまう。始めたてにはよくあることです。どうすればいいのか。レッスンで行っている方法を紹介します。指をしっかり意識して動かすことを地道に続けていくことが大切だと思います。
ピアノで左右の手が違う動き(弾き方)をするときの練習法~右はスラー左は切る場合を例に
ピアノを弾くときは、例えば右手はスラー左手は切って弾くなど左右で違う弾き方をする必要があります。左右の指がスムーズに動くようになってきた次の段階のカベですね。その練習法をまとめました。動きの違いをしっかりと意識しながら大げさに弾くとよいと思います。

リズム感、拍子感

リズム感の前に拍子感!拍子感を身につけるための3つの練習法
音楽の演奏にリズム感は大切ですが拍子感も重要です。拍子感を身につけるための練習法を3つ挙げました。レッスンでは童謡や手合わせ遊びを使っています。その他リトミックでよくやられている歩きながら行う方法も参考書籍を紹介をしながらまとめました。

ミスタッチ

ピアノを弾くときのミスタッチ、なぜ起こる?どうすればいい??
音は分かっているのに起きてしまう「ミスタッチ」。その原因と、対策についてまとめてみました。ミスタッチの原因を頭できちんと認識すること。そして意識的な練習をすることが大切ですね。ピアノを弾く動作も、脳からの指令で行うことなので。
ピアノでミスタッチを減らすには「鍵盤感覚」が大事!その練習法とは
ピアノを弾く際のミスタッチ対策として鍵盤感覚を身につける練習法をまとめました。手や指をどのくらい動かせばこの音を弾けるのか。感覚を研ぎ澄ませて常に意識的に練習することが大切だと思います。まずは隣の音をきちんと弾くことから取り組んでいくとよいと思います。

ハノン

ピアノ教材『ハノン』の練習法 いつからやる?その効果は?そもそも必要?
『ハノン』の効果と練習法についてまとめました。導入はあまり急ぐ必要はないと思いますが、ピアノ初心者が『ハノン』を練習する場合、第1部をていねいに取り組むと良いと思います。しっかりとした目的を持って使うことが大切だと考えています。
ピアノ教材『ハノン』の練習で大事なのはこれ!ただ弾くだけではダメなんです
『ハノン』の練習で大事にすべきポイントをまとめました。弾いているときの手の形、音の状態などチェックすべきことを書いています。自分の出している音をしっかりと聴きながら弾くことがとても大切です。ただただ惰性で弾いていては意味はありません。

メトロノーム

ピアノの練習にメトロノームは必需品!でも使い方に注意
ピアノの練習にメトロノームは必要です。でも使いすぎてはいけない。必要ではないこともあります。使うべき時と使わない時。それはどんな時かをまとめました。

指づかい

ピアノを弾くときの指使いは超重要!指使いを身につける練習法は?
指づかいの重要性は分かっているけど、結構大変という方に。まずは書かれている通りに弾き、なぜそうなっているのかを理解し、徐々に自分流に応用させていくという流れがよさそうです。具体的なポイントをまとめてみました。

暗譜

ピアノの暗譜の方法と暗譜をする意味 曲の理解ができていないから暗譜できない
暗譜が難しくなってきたと感じる今日この頃。老化現象に負けない具体的な暗譜の方法を探してみました。そうした中、暗譜をする事はその曲をしっかりと理解することだという、暗譜をする意味に行きつきました。暗譜の方法と、なぜ暗譜をするのかという意味についてまとめました。

調性

調性についての記事です。

調の勉強どうやってする?私がしてきたこととピアノレッスンでしていること
大人になってから調性の勉強をした私が使ってきた教材や、今ピアノのレッスンで行っている事をまとめました。調の知識がなくてもピアノは弾けますが、譜読みが早くなるなど、身につけるメリットはとても大きいと考えています。
ピアノでの調の勉強はじめの一歩には「五度圏」表が便利!
調についてよく分からないけれど、とにかくこの曲が何調かを知りたい、というときには「五度圏」表が便利です。その曲の調を知って、音階を弾いてから曲を弾くことで曲を少し深く知ることができます。理屈はさておきまずは手元に表を持つことをお勧めします。

その他

ピアノを弾くときには爪を短くしなければいけない3つの理由
ピアノを弾くときは爪を短くするべき理由を3つまとめました。どのくらい切ればよいのかも書きました。爪の長い状態では危険なこともあります。ピアノを始めたばかりのころから爪を短くする癖をつけていきたいものですね。参考になればと思います。
ピアノで新しい曲の練習 まずすることは?楽譜を「見る」そして両手で弾く
新しい曲の練習に取りかかるときにまずすることは何か。実際のレッスンでしていることをまとめました。弾くより先に楽譜をよく見ることが大事。そうすると弾く前にその曲の雰囲気がある程度分かります。仕上げる期間を短くするためにも必要だと考えています。
ピアノの練習 新しい曲でもまず最初に両手で弾こう! その理由は?
ピアノで新しい曲の練習に入り、さあ弾こうとなった時、まずは両手で弾いてみることから始めます。片手練習はそのあとです。なぜそうしているのかを、新しい曲の練習順序と共にまとめました。つっかえつっかえで大変ですが、その曲のサウンドを感じることができます。
ピアノ独学者必見!もっと良い演奏になる4つの練習ポイント
ほんの些細なことだけれどピアノ演奏が変わる大事なポイントを4つまとめてみました。どれも基本中の基本だけれど独学で練習をしている人は気づきにくいことかもしれません。自分の演奏を録音して聴いてみることからはじめ、ぜひ実践してみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました