ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

アレンジ曲のレッスンでは原曲を聴いてもらいます

レッスン風景
スポンサーリンク

テキストには、有名な曲を弾きやすくアレンジしたものを載せていることが多くあります。

そうした曲をレッスンするときには、できるだけ原曲を聴いてもらうようにしています。

 

原曲がピアノ曲とは限らない

「ワシントン ポスト マーチ」を弾くことになった子がいます。バスティンのテキストに載っているものです。

かの有名な!という認識の私。運動会でもよく流れるよね。

ワンフレーズくらいまで進んだところで、「知ってるよね、この曲」と聞いてみました。

当然知っていると思ったら、「知らない」。えー、そうなんだぁ。

ザ・行進曲!という感じのこの曲。いい曲ですよね。これは、聴かせなきゃ!と思いました。

それに、原曲はピアノ曲ではありません。なぜこの曲をピアノで??とも、ちょっと思っている私。

雰囲気があまりにも違う。

そういうことからも、原曲を聴いてもらう必要を強く感じました。。

楽譜全部を弾いて、曲の雰囲気が何となくでも感じられた頃、聴いてもらう予定です。

作曲者はなぜこの楽器で作曲したのかを感じてほしい

以前にも、「スケーターズワルツ」のピアノアレンジを弾いた子がいますが、やはり原曲を聴いてもらいました。

これも、もとはピアノ曲ではなくオーケストラで演奏される曲です。

先日の発表会で私が弾いた「シシリエンヌ」は、もともとチェロとピアノのために作られた曲です。

作曲者のフォーレ自身がピアノにアレンジしていて、それを弾いたわけですが、私はやっぱりチェロとピアノ版が「ステキだなぁ」と思ってしまいます。

 

作曲者は「この楽器」というのをイメージして曲を作っていますよね。そこに作曲者の思いがあります。

なので、その楽器で演奏されているものをちゃんと聴いてそのことを知ってほしい、と思います。

 

それから、子どもたちが弾く場合、弾きやすく簡単になっています。

原曲はもっと音が多くて複雑で、だからこそ醸し出される雰囲気があって・・・・。そこを感じてほしい。

原曲とは似て非なるものだということ。

特にテキストに載せられているものは、「〇〇を学ぶために」といった目的があってのことなので、アレンジがう~ん・・・というものが多いように思います。

そうしたことからも、ちゃんと元の曲に触れてほしいと思います。

 

「ワシントン ポスト マーチ」の原曲を聴いて、この子はどんな感想を持つかな。

 

 

コメント