ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

ピアノの「向き不向き」ってどういうこと?必ずしも上手下手が基準じゃない

私の考え
スポンサーリンク

「ピアノに向いているのかな、それとも向いていないのかな?」

ピアノを習っているお子さんの様子を見て、あるいは、ピアノを弾くご自身を顧みて、こんなことを考えることがあるでしょう。

そもそも、「ピアノに向いている、向いていない」ってどういうことでしょう?

 

どういう状態なら「向いている」と言えるのか

「向いているのか、向いていないのか」を考える時って、どんな時でしょう。

レッスンに行くのが嫌な時?

練習したくないと思う時?

思うように弾けなくてイライラした時?

おそらく、3番目の時が多いのではないでしょうか。

どうもうまく弾けない。なかなか上達しない。

こんなことを感じたとき、「ピアノ、向いていないのかも」と思うかもしれません。

逆に、「向いている」と感じるときは、どんな時でしょう。

こちらはもっと単純で、「ピアノって楽しい」と感じられるときではないでしょうか。

それは、うまく弾けた!と思えたときや、上達を実感できたようなときに感じるかもしれません。

でも、それだけではないように思います。

うまく弾けなくても、上達してないなぁと感じても、それでも「ピアノ好き!楽しい!!」と感じる場合は多いのではないかと思います。

うまく弾けなくてイライラする。全然上手にならない。

でも、弾けるようになりたい。がんばって練習する。

練習は好きじゃない。つい、さぼっちゃう。

でも、ピアノのない生活は嫌だと思う。

こういう状態なら、それは「向いている」と言えるのではないかな。

たとえ、なかなか上手にならなくても。

 

結局はピアノが好きかどうか

好きなことは上達しやすいですね。「好きこそものの上手なれ」と言いますし。

なので、「上達する=ピアノが好き=ピアノに向いている」という構図は成り立つでしょう。

でも、なかなか上達しないけれどピアノが好き、ということも大いにあり得ます。

失礼な言い方かもしれませんが・・「下手の横好き」なんていう言葉もありますし。

ピアノは好きだけど、上達しないからやめる。

こういうことはありますが、それは悲しいなと思います。

また、「上達する=ピアノが好き」とも限りませんよね。

あまりにも厳しいレッスンで、ピアノを弾くのが苦しい。でも、上手くはなる。とか。

でもこれは、厳しいレッスンが苦しいのであって、ピアノが嫌い、ということではないのでは、とも思いますが。

こう色々考えていると、だんだん訳が分からなくなってきます。

結局は、「ピアノが好きかどうか」。このことひとつではないでしょうか。

 

迷った時には好きかどうかを考えて

向いていないことをいつまでも続けるのは、時間の無駄だしお金の無駄。

それはその通りだと思います。

でも、本当に辞めてしまってもいいのか?ピアノのない生活でいいのか?

ピアノを好きなのかどうか。

迷った時には、そのことをじっくり考えてみるといいのではないかと思います。

物事に迷っているときは、いろいろな考えが頭をもたげてきます。人の目やしがらみや・・

そうなったときには、シンプルに考える。一番大事なことは何か、を思い出す。

この場合、「ピアノ好き?」ということではないでしょうか。

そして、「ピアノ、やっぱり好きだな」と思うのなら、続けましょう!

そう思えるということは、「向いている」ということです。

逆に、「ピアノ、もういいや」と思うのなら、すっぱりやめた方がいいですよね。

 

ピアノを弾くのは上手になるだけが目的ではない

上手に弾けるようになりたいから、ピアノを学ぶ、練習する。

確かにそうです。

でも、それだけが目的ではないですよね。

それは、日々のレッスンで子どもたちを見ていても大いに感じることです。

音楽を聴く、ではなく、自ら演奏するというかかわり方は、音楽の奥深さを身を持って体験することにつながります。

たとえよく知っている曲であっても、弾いてみることで違ったものが見えてきたり感じられたり。

心に響いたメロディーを、心を込めて演奏することは、それだけでさらなる感動を覚えることでもあります。

そうした体験そのものが、ピアノを弾く価値であると考えています。

指がよく動くようになったとか、難しい曲を弾けるようになったとか、それも、ピアノを弾く楽しみの一つではあるかもしれませんが、それだけでは決してありません。

指がうまく動かなくても、すご~く簡単な曲に終始していても、弾く、音楽を自ら演奏する、という行為そのものがとても楽しいことなんです。

弾きたいと思うかどうか、結局はそこなんだと思います。

弾きたい、と感じられないのなら、そこで初めて「向いていない」ということになるのではないでしょうか。

 

 

コメント