ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

保護者の方とコミュニケーションは連絡帳で

レッスン風景
スポンサーリンク

「音楽室ゆう」では、保護者の方に何かお伝えしたい、お聞きしたい、というときに「連絡帳」を使っています。

基本は、直接お話しすること。でも、それがふさわしくないと感じることもあります。

 

連絡帳を使うのはどんな時?

「音楽室ゆう」では、お家の方との間で連絡帳を使っています。

事務的な連絡もありますが、レッスンでの様子で知っておいていただきたいことや、お子さんのことで改めて確認したいことなどがあるときに使用します。

でも、全員に使っているわけではありません。

使うのは次のような場合です。

  • 自分一人で通っている子
  • 本人に聞かせたくない話のある時

まずは、お家の方とお会いする機会のない、ひとりで通っている子。

そして、送り迎えのある場合でも、本人に聞かれないよう直接お伝えしたい場合、です。

 

お家の方とお会いできない場合の手段として

まずは、送り迎えなしで自分だけで来ている子です。あまり数は多くないですが。

全くお家の方にお会いすることがないので、私としてもお家の方がどのように思われているのか不安になってしまいます。

連絡帳を使えば、何らかのお返事を頂けます。

「見ました」サインだけの場合もありますが、それでもこちらの思いをお伝えすることはできます。

そして、「何かあれば連絡帳を使えばいい」と思っていただけ、コミュニケーションを取る手段を提示することにもなると考えています。

 

本人に聞かせたくないこともある・・

どうも最近レッスンでの様子がおかしい・・何かあったのか?

などと、子どもたちの様子が気になってしまうことがあります。

お家ではどうなのか、様子を知りたいと思います。また、ご意見を伺いたい、とも思います。

でも、こういうことってとってもデリケート。本人には聞かれたくない聞かせたくない、ということも起こります。

本人と話をして、解決できそうだと判断すればそのようにします。

ちょっと根が深いかな?などと感じる時には、そっとお家の方にお伝えした方がいいだろうと考えます。

そのようなときには、送り迎えがあって直接お会いできる状況でも、連絡帳を使います。

また、障碍を持つ子の場合も同様です。

障碍に関連してくる内容は、やはりとてもデリケートな問題を含みます。

聞こえてしまうことで、自分を卑下したりすることに結びつきかねません。

細心の注意を払う必要があると思っています。

 

子どもって、大人の話を聞いていないようで聞いていたりしますよね。

具体的には聞こえていなくても、雰囲気から「どうも自分のことを話しているみたい。しかもあんまりいい話じゃなさそう」と感じてしまうものです。

余計なプレッシャーを与えないために、必要だと考えています。

 

送り迎えのあるお家は直接お話を

「音楽室ゆう」に通ってくださっているご家庭は、ほとんどが送り迎えをされています。

レッスンに付き添われている方もいます。

そうした場合には、直接お話をします。当たり前ですが。

レッスンに付き添われるある障碍を持つ子は、レッスンが終わるとさーっと外へ行ってしまい、そのため、本人のいない中しっかりお話ができています。

そういうパターンもあります。

送り迎えをされるご家庭でも、車の中で待っている場合も多くあります。

結局お会いしないということですが、それでも、何かあるときには声をおかけして直接お話しするようにしています。

そのための「レッスン+15分」です。

それについてはこちらの記事を

レッスン時間+15分でゆったりと
「音楽室ゆう」では、レッスンとレッスンの間に15分の時間を取っています。 そのようにしたのには、いくつか理由があります。

 基本は、直接お話をすること。それが最も正確に伝えることのできる手段ですよね。

それが難しい、ふさわしくない、と思う場合は連絡帳、ということです。

 
 

お家の方とのコミュニケーションは、取りづらいこともありますがとっても大切ですね。

毎月出すおたより、レッスン報告書、連絡帳、直接の会話・・

様々な方法を取って、大事に考えておかなければいけないことだと思っています。

 

おたより、レッスン報告書に関する記事はこちら↓

大事にしている教室だより こんな考えで書いています
音楽室ゆうでは、開室当初から毎月おたよりを発行しています。 ちゃんと読んでいただいているのか分からないけれど(レッスンバッグの中からクチャクチャと出てきたことも・・・)開室して丸6年、一度も欠かさず続けてきました。
1年に1回「レッスン報告書」をお渡ししています
「音楽室ゆう」では、レッスンが1年経過するごとに「1年間のまとめ」と題したレッスン報告書をお家の方へお渡ししています。 お家の方へ、レッスン内容をお知らせすることが目的ですが、指導の振り返りをする大事な作業でもあります。
 
 

コメント