ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

ピアノ講師自身のためのレッスンノート「レッスン記録」をつけています

先生の仕事
スポンサーリンク

「レッスンノート」というと、一般的には、レッスンに来ている生徒のためにその日のレッスン内容や自宅練習の方法などを記すものですね。

それとは別に、先生自身が自分のために記録しているノートのことについてまとめてみようと思います。

普通何と呼ぶの・・?という状態だったので、「レッスン記録」としました。

私も付けているのですが、何をどんなふうに記録しているのか書いてみます。

 レッスン記録に書く内容

↑ある日の実際の記録です。

私は、レッスン記録を生徒一人一人について毎回書いています。

A5のルーズリーフ1枚(2~3枚になることもありますが)に一人。バインダーに綴じて一人分ずつ管理しています。

書いている内容は次のようなもの

  • 日付け
  • レッスンの回数
  • テキストごとのレッスン内容
  • 自宅練習の内容(つまり宿題)
  • その他

日付は、レッスンをしたその日の日にちですね。

レッスンの回数は、年度の始め4月からの回数とその生徒がレッスンを始めてからの通算、そして、レッスンを始めた月をその生徒の1年の区切りと考えて何回目か、ということも。
例えば、今は11月ですが、9月からレッスンを始めた生徒の場合、9月をその生徒の切り替え月として、9月~11月までの回数ということです。

つまり、3つの数字が並んでいるということです。

そして、テキストごとのレッスン内容。これがメインですね。

テキストを3冊使っているのなら、それぞれのページや曲名とやったことを記録します。

宿題はそれぞれについて出すことになるので、その部分に一緒に書いています。

その他というのは、保護者の方からお話があったこと、次回までに準備すること、伝えなければいけないこと、などなど・・。何かあった時に随時書いておきます。

かなり細かく付ける派です

レッスン記録は先生自身のためのものなので、ご本人がわかりやすいようにつければよいですね。

ピアノ指導者としての経験値も関係してくるかもしれませんし、それにどれだけ時間をかけられるか、ということもあると思いますし。

なので、備忘録としてやったことをササっとメモしておく程度、という先生もいれば、とても細かく付ける先生もいれば・・いろいろだと思います。

私は、わりと細かく付ける方ではないかと思います。

「こういうアプローチをしたら最初どんな感じで、でもこんな風になって、こうなった」

ということまで書いています。

自分がどんな言葉で伝えたか、生徒からはどんな返事が返ってきたか、セリフまで書いたりします。

言葉の使い方ひとつで伝わり方が変わったり、微妙な言い回しの違いで気持ちを感じたりするものだと思うので、「こういう言葉を使ってこういう雰囲気で話した」という記録は、あと後役に立ったりするんですよね。

特に障碍を持つ子のレッスンでは、その子の行動や表情から感情を読み取り理解を深めるということが多分に必要になる場合があります。

なので、一人の1回分の記録が2枚3枚にわたることも間々あります。

読み返さなければ意味がない

レッスン記録は読み返さなければ意味はありません。細かく付けている場合は特にだと思います。

何のために細かく付けているのか。それは、以前との違いを把握するためです。

同じことの説明でも「以前はこれだけ詳しく伝えなければわからなかったのに、今回は一言言っただけで分かった」というような変化を知っておくためです。

それは、この生徒の理解度が上がった、成長した、ということの発見になります。

そうなると、今後のアプローチの仕方も変わってくることになりますし、レッスン方針の変換にもつながりますね。

読み返すということに関しては、実はなかなかできていないなと感じていることです。つい前回と今回といった短い間隔での読み返しになりがちです。

悩んでいたりすると、大きな目で捉えようと遡ってず~~っと読み返したりするんですが。

「1年間のまとめ」を書いています

ここ「音楽室ゆう」では、レッスンが1年経過するごとに「1年間のまとめ」としてこの1年の経過と次年の方針をまとめて一人一人にお渡ししています。

この作成にレッスン記録が大いに役立っています。

書類を作るのに役に立つということだけではなく、私自身の指導の振り返りにもなっているわけです。

レッスン1回分ずつをじっくり読み返し、これは良かったけどこれはまずかった・・など、いろいろ考え、反省させられます。

なかなか大変ではありますが、大事な作業だなと感じています。

1年に1回「レッスン報告書」をお渡ししています
「音楽室ゆう」では、レッスンが1年経過するごとに「1年間のまとめ」と題したレッスン報告書をお家の方へお渡ししています。 お家の方へ、レッスン内容をお知らせすることが目的ですが、指導の振り返りをする大事な作業でもあります。

レッスン記録をつけるきっかけ

レッスン記録をきちんとつけなければ、と考えるのには、一つの大きな原点となっていることがあります。

それは、私が生徒だったころ、先生が毎回のレッスンで同じことを何度も話されたり、または、前回と全く正反対のことを言われたり、という経験があったからです。

「同じことを何度も」というのは、指導内容についてというよりはレッスンや教室に関わるお知らせのようなことなので、話したかどうか忘れちゃうということはあるのかな、とさほど気にしていませんでした。

生徒数の多い教室でしたので。

でも、「前回と反対のこと」というのは指導内容です。曲の捉え方ということに関して、正反対のことを言われてしまいました。

これは、前回話したかどうか忘れちゃった、というような問題とは意味が違います。

先生はこの曲のことをきちんと理解していない、考えていない。ひいては、私のレッスンは重きを置かれていない、ということか。

不信感の塊になってしまいましたね・・

この経験が、「記録をつけなければいけない」という思いになっています。

生徒に何を話したのか。それには責任を持たなければいけない。

でも、忘れてしまうということはあるかもしれない。だから、きちんと記録をとっておかなければ。

ということで、今に至ります。

今、私と同じような経験をしてしまっている子はいないだろうか・・いないと思うんだけど・・。

自分に厳しくあるために、記録をきちんと取り続けていこうと思います。

 

コメント