ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」

長野県北安曇郡池田町にある、小さな小さな街の個人音楽教室です。
ピアノのレッスンと音楽療法の2本を柱に、レッスンを受けられる方の状況にとことん沿った内容で行うことを大切にしています。
障碍や病気をお持ちの方の出張レッスンも、可能な限り対応しています。

どうぞよろしくお願いいたします。

詳しいご案内はこちらからどうぞ

1年に1回「レッスン報告書」をお渡ししています

教室の約束事
スポンサーリンク

「音楽室ゆう」では、レッスンが1年経過するごとに「1年間のまとめ」と題したレッスン報告書をお家の方へお渡ししています。

お家の方へ、レッスン内容をお知らせすることが目的ですが、指導の振り返りをする大事な作業でもあります。

 

お家の方へのレッスン報告「1年間のまとめ」

「1年間のまとめ」の内容は、次のようなものです。
  • この1年で取り組んだ曲
  • テキストの進み具合
  • レッスンの内容と様子
  • 次の1年の目標
そして、最後に「なんでも記してください」という欄を作っています。
 

1年の区切りは、その子がレッスンを始めた月にしています。

なので、ひとりひとりバラバラ。

作成を忘れないようにするのがちょっと大変。事実忘れて遅くなってしまったことも・・

年度の変わり目の4月から始めた子ばかりではないので、やっぱり、区切りはレッスンを始めた月がいいのではと思っています。

教室としての区切りは4月です。

お家の方とのコミュニケーションの一つとして

この「1年間のまとめ」は、お家の方との大切なコミュニケーションの一つだと考えています。

実際にどんなことをしているのかを知っていただくことで、いろいろと思うことも出てくるのではないかと思います。

そして、その様々な思いを受け止めます、という姿勢を示すようにしています。

実際に、「なんでも記してください」の欄を通じてお返事をいただくこともあります。

1年間を振り返っての感想をいただいたり、具体的なお悩みを書いていただいたり。

必要なときには、お返事を書いたり、実際にお会いしてお話をしたりしたこともありました。

まだまだ、お家の方の思いを引きだせてないかなぁ、と思うこともありますが、一つの方法として、続けています。

 

私自身の指導内容の振り返りのために

「1年間のまとめ」は、私自身のためでもあります。

1年間何をしてきたのかをしっかり振り返り、次につなげるという意味で、とても大事なことだと思っています。

レッスン毎に記録を取るようにしていますが、それだけでは細かなところばかりに目が行ってしまい、それに振り回されてしまうということに陥りがち。

1年という大きな流れでとらえることで、最終的に何を目指しているのかがはっきり見えてきます。

それが分かると、今すべきことが見えてきます。

こうしたことから、してきたことの振り返り作業は指導するというような立場にある場合、当たり前のことですね。

私自身も、この「1年間のまとめ」は常にすぐに見られる場所に保管して、迷いがあると見返して考えるようにしています。

 

もうすぐまた一人作成の時期になります。

お家の方に知らせるべきことは何なのかを吟味して、しっかり作っていかなければと思います。

 
 

コメント