自己有用感が高いと自己肯定感も高い⁉でも自己による自己肯定感も大事!

私の考え

日本の若者は、自己肯定感が低いといわれます。

でも、その自己肯定感、感じ方にお国柄があるようです。

日本の場合は、「自己有用感」との関連が強いんだとか。

自己有用感って何?それって大事⁇

やっぱり大事なのは「自己」による自己肯定感でしょ!と思った話をまとめます。

スポンサーリンク

日本人は「自己肯定感」が低いらしい・・

日本人は自己肯定感が低い。

私も、そんなことをどこかで聞いた覚えがあり、「そうなんだ~」と思っていました。

それって、何から分かったことなんでしょう。

内閣府による若者の意識調査

若者に対する意識調査として、平成25年(2013年)と平成30年(2018年)に内閣府が「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」というものをしています。

参考平成25年版 平成30年版

その中で、「自分自身に満足している」という項目が、他の国と比べて最も低い、という結果になっています。

参考内閣府「今を生きる若者の意識∼国際比較から見えてくるもの~」

それ以前や以降にも、民間の団体等で似たような調査がされていて、そこからも、日本人の自己肯定感の低さがうかがえるようです。

「自分自身に満足している」という感覚。

内閣府の調査では、この「自己肯定感」が何に基づいて得られているものなのか、が分析されています。

それによると、日本の若者の自己肯定感は「自己有用感」と深い関係がある、ということが分かりました。

つまり、自己有用感の高い人は自己肯定感も高い傾向にある、ということですね。

これは、他の国々には見られない、日本独特のものだということです。

日本も含め、どの国でも最も関連が大きかったのは、「長所(自分には長所がある)」でした。

けれど、日本以外の国では、日本では2番目にあがる「自己有用感」よりも、

  • 「挑戦心(うまくいくかわからないことも意欲的に取り組める)」
  • 「主張性(自分の考えを相手にはっきりと伝えられる)」

といった「自分が自分をどう見ているか」といった項目の方が、関連が強かったということです。

外国の若者は、「自己肯定感」を感じるのに「自己有用感」は関係ない、という結果になっているということですね。

参考文部科学省 教育再生実行会議第十次提言「自己肯定感を高め、自らの手で未来を切り拓く子供を育む教育の実現に向けた、学校、家庭、地域の教育力の向上」資料

 

スポンサーリンク

 

自己有用感って?

「自己有用感」

私はこの言葉、正直、今回初めて知りました。

自己有用感は、他人の役に立った、他人に喜んでもらえた、・・等、相手の存在なしには生まれてこない点で、「自尊感情」や「自己肯定感」等の語とは異なります。

引用:文部科学省 国立教育政策研究所 生徒指導リーフ「『自尊感情』?それとも『自己有用感』?」より

日本の若者は、これを強く感じているほど「自己肯定感」もより強く感じられている、ということですね。

他者の評価で自己の評価を決めている

自分が他人の役に立っているかどうかで自分の価値を測る、って・・なんとも日本的だなあ、と思いました。

「人に迷惑をかけない」ということが、とても大事にされる社会ですし、こういう結果になるのも分かる気がします。

「自己有用感」そのものは、とっても大切なものですよね。

人から感謝され、必要とされる、という感覚は、生きていく力になります。周りの人のために動こう、という原動力にもなりますし。

「自己有用感」が高いに越したことはないですね。

でも結局は、他人に自分の評価をゆだねている、ということで・・。

「自分自身で自分を高く評価する」ということも、やっぱり必要では、と感じます。

「自己有用感」そのものは、諸外国と比較して低いということはないようです。

でも、相対的に見て「自己肯定感」が低い日本人。

ということは、「自己有用感」とは違う視点で自分を見る目を養う、ということもとても重要になるのではないかな。

と思いました。

参考内閣府「平成30年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」有識者の分析

 

スポンサーリンク

 

音楽は「自己肯定感」を高める

音楽をやっている身としては、やっぱりここへ行きつくんですよねえ。

音楽を自ら演奏することは、自分の内面をじっくり見つめ、納得して表現していくこと。

それは、自己による「自己肯定感」を高めることになるのではないかな。

芸術全般が、こういうものではないかと思います。

誰が何と言おうと、自分はこれがいいと思ったから、演奏した、創った、描いた・・

こうした経験を積むことは、自分自身の価値基準で、自己肯定感を高めていくことにつながるのではないか。

そんな風に思います。

今回、「自己肯定感」というものの考え方をもう少し深めたい、と思っていろいろと調べる中いきついた、内閣府の調査やその分析、そして、「自己有用感」。

”感覚”というのは、奥が深くて難しく、調査結果についても、自分の中ではうまく理解し切れていない感じもあります。

そんな状態で、感想をまとめてみました。あくまでも「感想」。

「自己有用感」も大事だけど、自己による自己肯定感も大事。

結局は、バランスかなあ。

最終的な自分の結論は、こんな感じです。

 

このカテゴリーの人気記事

音楽の授業ってなぜあるの?必要?将来役に立つ⁇
家にピアノがない 買えない それでも習う意味はある!
ピアノが無いから練習できない?家にピアノが無い場合の練習はここで!
ピアノを辞める・・その理由は?習い事を辞める決断をする前に考えてほしいこと
子どものピアノの練習、親の役割とは・・ピアノの先生としてお願いしたいこと

 

コメント

関連コンテンツ

タイトルとURLをコピーしました