ピアノ教室・音楽療法「音楽室ゆう」のご案内

【ピアノ導入教材紹介】知ってる曲を弾ける!『ピアノひけるよ!ジュニア』

おすすめ楽譜
スポンサーリンク

「しってるきょくでどんどんひける」という副題がついている、この『ピアノひけるよ!ジュニア』。

ここ「音楽室ゆう」でも人気のあるテキストで、「知っている曲を弾ける」という喜びは大きいんだなあ、と感じます。

今回は、ピアノ導入教材であるこのテキストの”ジュニア”となっている①~③について、詳しく紹介します。

テキスト選びの参考に、ぜひどうぞ。

『ピアノひけるよ!』シリーズについて

まずは、基本情報から。

ピアノの導入教材である『ピアノひけるよ!』ですが、シリーズで様々な教材が出版されています。

メイン教材は、

  • 『ピアノひけるよ!ジュニア』①~③
  • 『ピアノひけるよ!シニア』①~③

「ジュニア」終了後「シニア」へ進むということですね。

『シニア』③終了で、ブルグミュラー程度の力がついている、と説明されています。

その他、

  • テクニック教本
  • レパートリー(つまり曲集)
  • 楽典のワークブック
  • 変奏曲集

があります。

著者は橋本晃一さん。日本を代表するピアノ教育家、編・作曲家ですね。教本や曲集はたくさん出版されています。

こちら⇩で経歴やお人柄などがわかります。

PTNA「ホームページ 「さどはら知子のわくわくポピュラーガイド」橋本晃一さん

『ピアノひけるよ!ジュニア』①について

それでは、①から順に中身を見ていきたいと思います。

収録曲は?

「知っている曲を弾ける」というのが最大のポイント。

まずは、どんな曲が入っているのか紹介します。

  • チューリップ(井上武士)
  • いちばんぼし(わらべうた)
  • つきのひかりに(フランス民謡)
  • げんこつやまのたぬきさん(わらべうた)
  • あるぷすいちまんじゃく(アメリカ民謡)
  • きらきらぼし(フランス民謡)
  • ゆかいなまきば(アメリカ民謡)
  • ビッグ・ベンのかね(外国曲)
  • ばけつのあな(アメリカ民謡)
  • ふしぎなポケット(渡辺茂)
  • こぎつね(ドイツ民謡)
  • とんぼのめがね(平井康三郎)
  • あかいかわのたにま(アメリカ民謡)

全13曲

よ~く知られた曲ばかりですね。私は全部知っています。

でも、子どもたちは知らない曲もちらほら・・。「ばけつのあな」とか「あかいかわのたにま」とか。「ゆかいなまきば」も知らない子が多いですね。

あと「とんぼのめがね」を知らない子も。何人かいましたよ。もうビックリです!

1曲目の前に・・

1曲目に入る前に、説明のページが5ページあります。

  • ゆびのばんごうをおぼえよう
  • けんばんをみてみよう
  • くろいけんばんをひこう(見開き2ページ)
  • たかいおととひくいおと

まず指番号を学んだら、黒鍵に注目していきます。

そして、2つの黒鍵を2と3の指で弾くことからはじめ、次に3つの黒鍵を2,3,4の指で弾きます。

2つの鍵盤は4分音符で交互に。3つの鍵盤では4分音符2つ+2分音符のリズムで弾くようになっています。

リズム譜も載っていて、ここで初めて「音符」に触れることになりますね。

ちなみに1曲目の「チューリップ」は、2,3,4の指で3つの黒鍵部分を弾くようになっています。

「♪さいた~さいた~♪」と「♪ならんだ~ならんだ~♪」そして最後の「♪きれいだな~♪」のみを、先生の伴奏とともに弾く、ということです。

本格的にレッスンに入っていくのは、2曲目からということになります。ここから5線の楽譜が登場します。

音域は中央ドから上下へ

音域は、中央ドから上下へ広がる形です。

①で、上下5音まで広がります。右ドレミファソ、左ドシラソファですね。

上下1音ずつ、左右同時に広がっていきます。

中央ドだけの曲は無く、ドレ、ドシ、の2音から始まります。

1音広がるごとに8小節の「練習曲」があり、右4小節左4小節と、片手ずつ弾いて行きます。

(2音はまず右で4小節、そして左で4小節、片手ずつ8小節の順)

そして、それぞれ数曲ずつ、上に載せた曲を弾くようになっています。

それぞれ、鍵盤と楽譜を対応させた図が載っています。楽譜は大譜表。両手で弾くので。

拍子やリズムの進み方 音楽記号について

拍子はほとんどが4/4拍子。「ビッグ・ベンのかね」と「ばけつのあな」の2曲のみ3/4拍子です。

使われている音符は、全、4分、2分、付点2分

1番はじめに4分音符と2分音符が同時に出てきます。

全音符は3曲目「つきのひかり」で、付点2分音符は7曲目「ゆかいなまきば」で登場です。

リズムは単純。4分音符が主ですね。

例えば「げんこつやまのたぬきさん」は、ふつう付点のリズムで歌うかもしれませんが、楽譜は4分音符になっています。

音楽記号で出てくるのはタイとリピート記号です。

タイの初登場は、最後から2曲目「とんぼのめがね」です。

リピートは「始めに戻る」の形のみで、7曲目「ゆかいなまきば」で出てきます。

スラーやスタッカートなどは出てきません。

また、最後の「あかいかわのたにま」はアウフタクトの曲です。アウフタクトについての説明は、特にありません。

音飛びの状況など

①は、すべてメロディーを左右で受け渡していく形になっています。

『ピアノひけるよ!』は、「このテキストのために作られた曲」ではなく実際の曲を弾いていくのが大きな特徴。なので、メロディーの動きはまあまあ大きいのではないかと思います。

上下3音まで広がった時点で3度の音飛びが出てきます(「つきのひかりに」)。

上下4音(ドレミファ、ドシラソ)まで広がった際の「アルプスいちまんじゃく」では、左でシソという指2,4を使う3度の移動が出てきます。

また、「ばけつのあな」では、左でドソの4度の動きが出てきます。

上下5度(ドレミファソ、ドシラソファ)まで広がった際の「こぎつね」で、右でミドソミという3度5度の連続が出てきます。

他の導入期教材と比べて、ちょっと複雑かなと思います。

楽譜はこんな感じ

実際の楽譜も見てみましょう。

こんな感じです。⇩

始めの方

終わりの方

イラストはすべてカラー。かわいらしくて、私はけっこう好きです。

楽譜は多くて3段。玉は大きく、見やすいですね。

スポンサーリンク

『ピアノひけるよ!ジュニア』②

次は②についてです。

まずは収録曲を見てみましょう。

収録曲は?

②に入っている曲は以下の通りです。

  • 10にんのインディアン(アメリカ民謡)
  • 1しゅうかん(ロシア民謡)
  • ロンドンばし(イギリス民謡)
  • かたつむり(文部省唱歌)
  • おしょうがつ(滝廉太郎)
  • まめまき(絵本唱歌)
  • こいのぼり(無名著作物)
  • たなばたさま(下総皖一)
  • かっこう(ドイツ民謡)
  • ぶんぶんぶん(ボヘミア民謡)
  • ちょうちょう(スペイン民謡)
  • あわてんぼうのうた(外国曲)
  • さよなら(外国曲)
  • こいぬのマーチ(外国曲)
  • よろこびのうた(ベートーベン)
  • ジングル・ベル(ピアポント)
  • せいじゃのこうしん(アメリカ民謡)

全17曲

こちらもよく知られているものばかり。

でもやっぱりいくつか子どもには馴染みのないものがありますね。

「あわてんぼうのうた」とか「せいじゃのこうしん」とか。「10人のインディアン」を知らないという子もいました。

音域はどうなる?

①で中央ドから上下に5度(右ドレミファソ、左ドシラソファ)まで広がっていた音域ですが、下は、中央ドの1オクターブ下のドまで広がります。

左の手の位置が変わるわけですね。1の指(親指)をソに持ってきて5の指(小指)がドになるわけです。

両手奏が始まる

①では、メロディーを左右で弾き継ぐ形でしたが、②から両手奏が始まります。

上に書いたように音域が広がった以降ですね。曲でいえば、9曲目の「かっこう」からです。

「かっこう」は左だけで弾きます。そして次の曲が「かっこう(2)」となっていて両手ユニゾンで弾くことになっています。

次の「ぶんぶん」、「ちょうちょう」までユニゾン。

そして「わてんぼうのうた」から、いよいよ右メロディー左伴奏の形が始まります。

左の伴奏は、

  1. すべて全音符 すべてソ(最後だけド)
  2. 同じ音で4分音符を刻む すべてソ(最後だけド)
  3. すべて全音符 ドとソ
  4. 全、4分、2分 ドとソ
  5. 1小節内で2分音符で音が変わる ドとソ
  6. 1小節内で4分音符で音が変わる ド、ソ、ファ
  7. 4分休符が加わる(1ヵ所2分休) ド、ソ、ファ

という順で進んでいきます。

なお、右のメロディーはすべて5指固定で弾くことができます。

拍子やリズムの進み方 音楽記号について

拍子はほとんど4/4拍子ですが、3/4拍子が3曲、2/4拍子が2曲あります。

  • 3/4拍子・・・「こいのぼり」「かっこう」「さよなら」
  • 2/4拍子・・・「まめまき」「1しゅうかん」

リズムに関しては、音符は8分音符、付点4分音符が加わります。

8分音符は1曲目。付点4分音符は2曲目で説明があります。

付点4分を学んだ2曲目「ロンドンばし」で、タ~ンカ(付点4分+8分)のリズムが出てきます。

また、②から休符が登場します。全(5曲目)→4分(6曲目)→2分(8曲目)の順です。

なぜか、2分休符については説明がありません。

こうして見ると、新しい音符、休符やリズムは前半で学び、後半は両手奏に集中する、という感じですね。

音楽記号は、スラーが11曲目「ちょうちょう」で、「リピート記号まで戻るリピート」が16曲目「よろこびのうた」で出てきます。

新しく加わるのはこの2つ。2つとも両手奏に入ってからですね。

なお、アウフタクトの曲は2曲。2曲目「1しゅうかん」と最後の「せいじゃのこうしん」です。

やはり、説明はありません。

楽譜はこんな感じ

楽譜はこんな感じです。⇩

始めの方

終わりの方

②のイラストは、フルカラーは始めの方だけで途中から2色刷りになります。

楽譜の大きさも少し小さくなります。1ページの段数は最大3段で、これは変わりません。

スポンサーリンク

『ピアノひけるよ!ジュニア』③

最後に③を見ていきます。

収録曲は?

まずは、やはり曲の確認。

  • こいぬのマーチ(外国曲)
  • あわてんぼうのうた(外国曲)
  • メリーさんのひつじ(アメリカ民謡)
  • よろこびのうた(ベートーベン)
  • むすんでひらいて(ルソー)
  • かえるのがっしょう(ドイツ民謡)
  • チューリップ(井上武士)
  • おもいで(ベイリー)
  • こぎつね(外国曲)
  • とんぼのめがね(平井康三郎)
  • アマリリス(フランス民謡)
  • てをたたきましょう(作曲者不明)
  • むしのこえ(文部省唱歌)
  • かねがなる(フランス民謡)
  • すいかのめいさんち(アメリカ民謡)
  • つきのひかりに(フランス民謡)
  • おおきなふるどけい(ワーク)
  • アビニョンのはしのうえで(フランス民謡)
  • やまのおんがくか(ドイツ民謡)
  • ばけつのあな(アメリカ民謡)
  • ゆかいなまきば(アメリカ民謡)
  • ぶんぶんぶん(ボヘミア民謡)
  • 10にんのインディアン(アメリカ民謡)
  • シューベルトのこもりうた(シューベルト)
  • あかいかわのたにま

全25曲

曲数が増えてきました。

①や②に入っていた曲もありますね。①や②よりも当然難しいアレンジになっています。

音域は?5指固定では弾けなくなる

音域は、②で、左が中央ドから1オクターブ下のドまで広がりました。

③では右の音域が広がります。中央ドから1オクターブ上のドレミファソです。

右手をそのまま1オクターブ上へもっていく形ですね。

出てくるのは最後の方。最後の4曲でこの音域がでてきます。

  • 「ぶんぶんぶん」・・・新しく出てきた音域で5指固定
  • 「10にんのインディアン」・・・新しい音域+ソラシドレの5指(1曲内での5指の移動を指変えで)
  • 「シューベルトのこもりうた」・・・指くぐり
  • 「あかいかわのたにま」・・・ソ~ソの1オクターブ 指変え、指ちぢめ

なお、5曲目の「むすんでひらいて」からは5指固定では弾けなくなります。

順次、指変えや指くぐりなどが出てきたうえで、音域がさらに広がるという形になっています。

伴奏はさらに難しく

②で両手奏が始まり、右メロディー左伴奏の形になりました。

③では、さらに伴奏形が様々になっていきます。

  1. 常に4分音符で動く
  2. 4分+2分
  3. 4分+2分+8分
  4. 4分+2分+8分+付点2分
  5. スタッカート、スラー
  6. 休符が加わる
  7. 和音が加わる
  8. 和音スタッカート
  9. すべて和音
  10. すべて8分

以上のような順に進んできます。

伴奏の音の動きもだんだん複雑になります。

はじめは「ドソドソ」や「ドソシソ」といったものから、「ソファミ」など横へ動いたり、「ミソド」などと飛んだり、変化に富んでいきます。

また、和音になったり、スタッカートやスラーがついていたり、休符が混じってきたりします。

最後の「あかいかわのたにま」の伴奏は、8分音符のアルベルティバスです。

拍子やリズムの進み方 音楽記号について

拍子は新しいものは出てきません。4/4拍子、3/4拍子、2/4拍子の3種類です。

2/4拍子が増えて10曲あります。3/4拍子は1曲のみ。

2/4拍子が増えたのは、8分音符が加わり書かれる音符が増えたからかな。

①や②で4/4拍子だったものが2/4拍子で書かれていたりし、分かりやすくしているためかと思います。

使われている音符も②と同じで8分音符まで。16分音符はまだ登場しません。

休符は、16曲目「つきのひかりに」から8分休符が使われます

音楽記号に関しては、スタッカート、f、p、mf、mpが新しく出てきます。

  • スタッカート・・11曲目「アマリリス」から
  • f、p・・18曲目「アビニョンのはしのうえで」から
  • mf・・20曲目「バケツのあな」から
  • mp・・22曲目「ぶんぶんぶん」から

また、19曲目「やまのおんがくか」以降は、すべて速度用語がつきます。Allegretto、Allegro、Andannteの3種類ですね。

なお、アウフタクトの曲は4曲あります。「アマリリス」「おおきなふるどけい」「やまのおんがくか」「あかいかわのたにま」です。

楽譜はこんな感じ

最後に楽譜も見てみましょう。

始めの方

終わりの方

③は、はじめからブルー基調の2色刷りで、途中からモノクロになってしまいます。

楽譜の大きさは②と変わりません。段数も最大3段です。曲が長くなってきた分、ほとんどが3段ですね。

表にまとめてみた

ズラ~~っと文章で書いても分かりにくいと思うので、ここで表にまとめてみます。

 
音域 中央ドから上下5音

中央ドから1オクターブ下まで

上は5音

中央ドから上1オクターブ+5音

下1オクターブ

拍子・リズム

4/4、3/4

全、4分、2分、付点2分

休符なし

4/4、3/4、2/4

①+8分、付点4分

休符は全、4分、2分

②に同じ

休符は②+8分

記号 タイ、はじめに戻るリピート ①+スラー、リピート間の繰り返し ②+スタッカート、f、p、mf、mp、アレグレット、アレグロ、アンダンテ
その他   両手奏の始まり 指変え、指くぐりなど

知っている曲が多い!でも・・・

子どもたち自身にテキストを選んでもらう場合、この『ピアノひけるよ!』が選ばれることが多いです。

理由はやっぱり「知っている曲が入っているから」。

でも、知っている曲だということは、楽譜を見なかったり、リズムの理解が遅れたりすることにもつながります。

弾けてるから読めてるし分かっている、というわけではない、ということですね。

そこは注意しておかなければいけないな、と思います。

案外曲を知らなかったりすることもあるので、そこを狙ってじっくり教えたりすることも多いですね。

音域の広がりは比較的早い(1音ずつではなくて5指を移動させて一気に広げる)印象ですが、拍子やリズムの進み方はゆっくりですね。

③まできても、6/8拍子や16分音符は出てきません。

調についても③まで一切触れられません(黒鍵は使わない)。(④以降のことは分かりません)

これをどう考えるかは悩みどころのように思います。

知ってる曲で練習できるのは、子どもたちにとってうれしいこと。

ここは大事にしつつ、もう少し加えたいなと思う部分もある。というのが率直なところです。

 

 

コメント